« 第7回エコ甲北海道大会(その5) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その6) »

2013年1月14日 (月)

32回福島大会(その4)

 今さらですが、auの4G LTEのCMを見ると、ホールドオンとしか思えませんね。

 それでは福島大会です。ここは高校生用の飲料水がお茶になっていることがわかりました。ペーパークイズの結果発表の3列目はブー。4列目もブー。5列目がファンファーレです。会津学鳳が勝って、ジェイソンの格好をしているチームは負けました。6列目はブーで7列目がファンファーレ。鳥取島根に続いて車いすチームが決勝に残りました。
 8列目はファンファーレで会津学鳳が勝ちます。9列目は全部女子でブー。普通は1列目でやることをこんなところでやってきました。これで10列目に勝者がいるのが確定です。

 決勝です。囲碁将棋が「あれだけ頑張った敗者復活組が1つもいない」と言います。福島の最多枠は混成の3年で、クイズ研だそうです。桜の聖母学院の女子チーム。どんな学校かと聞かれて「おしとやかな学校。放送部で全国大会に出たメンバーがいます。藤田「では将来は」「アナウンサーは関係ないですね」。
 会津学鳳は昨年決勝で負けたチームと昨年代表チームです。藤田アナが、相手チームとはどういう関係かという、昨年と同じ質問をします(昨年は司会が違うが)。昨年は「微妙です」と答えていました。ところでこの2チームは、それぞれリーダー以外の2人が相手チームに移ったそうです。
 福島の車いすチームは混成で、リーダーは女子です。将棋部がいて、囲碁将棋が「ちょっと他人とは思えない」。リーダーは化学グランプリで全国大会に出たそうです。福島はもう1チームいます。ここは2人がクイズ研究部です。この後、先読みしまくり。

|

« 第7回エコ甲北海道大会(その5) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56534944

この記事へのトラックバック一覧です: 32回福島大会(その4):

« 第7回エコ甲北海道大会(その5) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その6) »