« 第7回エコ甲北海道大会(その1) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その2) »

2013年1月 6日 (日)

32回中部大会(その8)

 昨夜の朝日放送の「クイズ!バレベルの塔」。あるジャンルに絶対的に詳しいと自称する芸人に問題を出して、最後まで正解できれば賢者と認定するが間違えると知ったかぶりというものです。関西ローカルで収録も大阪でやる番組の司会に田村淳を起用するというのは、全国ネットの枠でやることも意識しているのか。かつてのカルトQやTVチャンピオンのような、番組側の想定を超えた知識を披露するというのが見られて、意外に成功していました。東京で放送して反応を見てみたい。ラーメンについてはすべて関西の店の話なのでとっつきにくいかもしれませんが、東京の番組はほとんど東京23区周辺だけのような店の情報を全国に流し続けて平気なわけですから。

 それでは中部大会です。愛知の決勝の7問目は生物学で東海が正解。8問目は数学の用語で旭丘が取ります。9問目、「プラグとコンセントの間にたまったほこりが」で滝の男子が押して答えられません。
 10問目「陸上1万メートル。400メートル」で東海が押しますが不正解。問題は「ラスト1周の鐘が鳴るのは何周目」。最後まで聞かないと絶対に答えられません。この地区はこういう問題でクイズ研を引っかけるのか。
 11問目は小学校で習うようなことで滝の男子が正解。12問目「カナダやシベリアで見られる」で旭丘が押して答えられません。永久凍土です。13問目は滝の男子が正解。
 14問目、海外のスポーツで海陽中等教育が間違えます。15問目は滝の男子が取ってトップに並びます。16問目「1689年」で旭丘が条約の名前を答えて王手です。17問目の漢字の問題で旭丘が決定します。

 18時前に終了します。中部は形式は関東・近畿と同じでしたが、クイズマニア専用の難しい問題が出ませんでした。

|

« 第7回エコ甲北海道大会(その1) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56483073

この記事へのトラックバック一覧です: 32回中部大会(その8):

« 第7回エコ甲北海道大会(その1) | トップページ | 第7回エコ甲北海道大会(その2) »