« 32回山形大会(その1) | トップページ | 32回山形大会(その3) »

2013年1月29日 (火)

32回山形大会(その2)

 この前これを書きました。

――――(ここから)――――

 TBSラジオの「Wanted!!」の火曜日を、2月は福澤朗が担当します。毎回2時間もしゃべるので、クイズ話をする可能性が高い。前半の1時間だけほぼ全国ネットです.

――――(ここまで)――――

 この番組の番宣CMが「火曜日だけに、燃えていけ、ファイヤーッ!」。

 それでは山形大会です。敗者復活のゲームは鳥取島根以来の黒ひげ危機一発です。エド・はるみが飛ばしたときにつかむのは、野球部でキャッチャーをやっていた人だそうですが、実は野球は小学校だけで中学時代はバスケットボール部でした。すでに何本か剣が刺さっていて、12本で決着がつくようになっています。6本目をエドが刺して飛ばした黒ひげをつかみます。

 敗者は11チームいることがわかりました。敗者復活戦はこの地区もただの三択です。1問目、地図記号の問題ですが、小学校では習わないことがあります。正解は3チームだけです。2問目、祝日に関する問題で、これは簡単です。しかし正解は3チームしかいません。するとなぜか続行です。全国的に見ても3問やった予選はほとんどありません。3問目、日本文学の問題で、これが一番難しい。正解は2チームで終了です。

 ここで休憩です。隣の山形テルサのトイレを使えると言います。メルサのトイレにもキレイキレイが置いてありました。ペーパークイズの1問目はエド・はるみが高校時代に作った部活はという問題で、選択肢が演劇部、マナー部、下腹部です。パーソナリティ問題で選択肢にボケを入れてきたのは初めてです。しかし正解発表のときに聞いたら、下腹部を選んだチームがいました。この後、なぜここでそれを。

|

« 32回山形大会(その1) | トップページ | 32回山形大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56654031

この記事へのトラックバック一覧です: 32回山形大会(その2):

« 32回山形大会(その1) | トップページ | 32回山形大会(その3) »