« 第7回エコ甲秋田大会(その5) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その6) »

2012年12月24日 (月)

32回中部大会(その2)

 「まんがタイムスペシャル」の「ピンポン☆ブー」。次号から連載決定と書いてあります。すると今回までの3回はいったい何だったんだ。非正規雇用みたいに、ダメだと切られるということか。「連続ゲスト」ってそういう意味だったのか。ところで「クイズ甲子園」っておそらく3人1組だと思うのですが、キャラを4人作ってこれからどうするのでしょうか。

 それでは中部大会です。○×はいい問題です。○×クイズの意味が事実上なくなった第32回に出すのはもったいない。圧倒的に一方の答えが多い。金田は×、川島は○に行きます。
 最もチーム数が多いのは岐阜です。最多枠を狙ってきているふしがあります。正解発表は紙テープを打ち出す方式です。正解が20チームぐらいしかいないのではないでしょうか。

 敗者復活の要求にSKE48が出てきます。「私、上重さんがこんなひどい人だって思いませんでした」。10人大なわとびをすることになります。準備のために休憩です。ここで会場を歩いてみると、発電機は名古屋では超有名な近藤産興から借りていることがわかりました。
 なわとびのルールは、90秒で30回跳べれば敗者復活というものです。途中で引っかかっても構いません。しかし10人いません。足りない人数は高校生から集めます。タモリが27時間テレビでやっていたとかいう話題が出ます。最初、2回連続で引っかかりますが、残り3秒で30回跳びます。

 敗者復活戦の1問目、植物に関する問題で結構難しい。どの答えも同じくらいの人数になります。百数十チームは正解しているでしょう。続行です。2問目、キティちゃんの問題です。1問目に学問を出してクイズ研を抜けさせて、2問目でクイズ研大会であることを隠す問題を出すというのは近畿と同じです。圧倒的に多い答えが正解でした。これで終了です。50チームぐらい負けたようです。この後、こんな男に彼女が。

|

« 第7回エコ甲秋田大会(その5) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56384805

この記事へのトラックバック一覧です: 32回中部大会(その2):

« 第7回エコ甲秋田大会(その5) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その6) »