« 32回近畿大会(その13) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その1) »

2012年12月14日 (金)

世界ウルトラクイズ(その7)

 当ブログの昨日のアクセス数が3万を超えました。いったい何があったのかと思ったら、Yahoo!映像トピックスというところで取り上げられていたのです。マキシマムパーパーサムが、高校生クイズの1問目で全員不正解という話をする動画で、その事実を紹介する「32回福井大会(その2)」にリンクが張られていて、さらに「長野でも同じことが!!」として、「 32回長野大会(その2) 」と「32回長野大会(その3) 」まで紹介されています。実際は福岡佐賀大会や鹿児島大会でも同じことが起きてるんですけどね。ヤフーのサーファーは、他の地区でも○×で全員不正解がないか探すために当ブログを検証しているのか。それにしても、高校生クイズの本放送当日でもアクセスは3000ぐらいなのに、ヤフーのこういうところで取り上げられるといかに影響力が大きいかがわかりました。

 それでは世界ウルトラクイズです。本当のアメリカ横断で勝ち残った人たちがいることを司会者はわかっていません。決勝のルールは早押しで2ポイント先取です。勝ったチームから、海外旅行の行き先を選ぶことができます。ニューヨークをはじめとして15カ所あります。原則として航空券のみですが、宿泊券つきのWチャンスの都市も隠れています。宿泊券を獲得するには○×クイズに正解しないといけません。

 1問目の正解はカルボナーラ。カルボナーラといえば、かつて「トリビアの泉」の検証VTRにアメリカ横断の準優勝者が出たとき、問題の答えがすべてカルボナーラで、そのたびにカルボナーラを食わされるというのが有名です。この答えをいきなり出すということは、ある程度クイズ界のことを知っている人がかかわっているのか。この問題を、アメリカ横断の準優勝者がいるチームが正解します。得点表示はムーミンのぬいぐるみです。
 2問目、スペインの民族音楽で、同じチームが正解していきなり勝ち抜けです。当然ニューヨークを選びます。

 3問目、1980年代にベンチャー三銃士と呼ばれたのは、H.I.S.の澤田、パソナの南部と誰という問題です。これって、ある経済のクイズ大会で、りそな銀行の会長の前職は何という問題が出るのと同じですね。ベンチャー三銃士なんて聞いたことがありません。最初に押したチームが三木谷と答えて不正解。ボタンは1問につき全チームが1回ずつ押せます。母親と子どものチームが孫正義を正解します。
 4問目はアメリカ横断の優勝者がいるチームが正解。5問目、「世界三大珍味で植物なのは」。大学生が押してフォアグラと答えます。これで他のチームが一斉にボタンを押しまくって、複数のランプが同時について壊れます。そういえばこの早押し機は経済のクイズ大会でもこれがよくあった。この後、また故障。

|

« 32回近畿大会(その13) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その1) »

コメント

奈良の学校のものですが、明日、エコノミクス甲子園奈良大会なるものに出ます。

予選の筆記クイズって何点くらいとればいいんでしょうか?

間違えると-1点なので、戦略の一環としておしえていただけないでしょうか

投稿: カモノハシ | 2012年12月15日 (土) 11時54分

山梨は全チーム正解っていうのはありましたね。

福岡佐賀大会は見てましたけど
無人のエリアのドラム缶からボールが吹き飛ぶ光景は見ものでした。

ちょっと桝アナと話したんですが、ネットで書いちゃってくださいと言ってましたw

翌日の熊本の○×の時にも前日は一方の答えに偏ったという発言をしてましたね。

まあ、多数決に行けば間違いないというシステムですからねw

投稿: cocoji | 2012年12月15日 (土) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56316191

この記事へのトラックバック一覧です: 世界ウルトラクイズ(その7):

« 32回近畿大会(その13) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その1) »