« 第7回エコ甲秋田大会(その6) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その7) »

2012年12月26日 (水)

32回中部大会(その3)

 今日の「ワイド!スクランブル」の山本晋也のコーナーに、高校生クイズの東京都の書き問題で出て誰も答えられなかった人が出ていました。まだ生きていたんですね。高齢者には有名な人のようです。先日書いた、私の世代には常識の笹川良一が東大クイズ研の本で「超超難問」として載っているように、クイズ王番組は主力世代の知らない高齢者向け問題が主流になるか。これだとお茶の間の視聴者は置いてけぼりにならないし。

 それでは中部大会です。ペーパークイズのはんにゃの問題は、金田が高校時代にレディースにカツアゲされた駅はどこかという問題で、こんなの出していいのか?
 舞台上には、ベンチと花束、仮面、聴診器、哺乳瓶、ボクシンググローブなどいろいろなものがあります。豚のかぶりもののところでアナウンサーに「かぶって~」という声が起こります。金田が映画監督になって、舞台に上がった高校生と台本に沿って演技をします。女子は川島と、男子はSKEとベンチに座って、途中でトラブルが発生してその行動で胸キュン度を判定というものです。
 男女3人ずつ選びます。外見のかなり悪い男へのインタビューで、彼女がいると言うと、下の高校生たちから「えーっ」という声が上がります。スパイダーマンのマスクの男もいますが、恵那と書いてあります。女子で「わたなべまゆ」という名前の人がいます。
 亜香里のどこが好きと聞かれて何と答えるか、また鼻毛がどっさり出ている須田亜香里を傷つけないように小道具を使ってどうやって指摘するかというものです。男子の中には、去年も舞台に呼ばれたのがいるそうです。女子は、川島の告白に対し何と答えるか。川島が赤ちゃんプレイをします。

 40分ぐらいやってようやく抽選会です。最初がはんにゃグッズですが、いきなり該当者がいません。いないチームが多い。コントをやっているうちにみんな帰ったか。Jリーグセットは名古屋グランパスとFC岐阜のグッズになっています。巻きが入って急いで話し始めた感じがします。だからコントに時間を使いすぎ。
 ヤングエースの抽選で「3枚以上ある場合ということでよろしいですか」と確認しています。ナナマルサンバツが愛知の1番のチームに当たります。これが欲しいチームはどの地区でも1番に応募するようなところです。そして涼宮ハルヒも同じチームに当たります。この後、新呼称。

|

« 第7回エコ甲秋田大会(その6) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56398455

この記事へのトラックバック一覧です: 32回中部大会(その3):

« 第7回エコ甲秋田大会(その6) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その7) »