« 第7回エコ甲秋田大会(その8) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その9) »

2012年12月30日 (日)

32回中部大会(その5)

 先日の「有吉反省会」。念のために録画しておいたら、桝アナがこれまでバラエティ番組でしゃべった恐妻家ネタをすべて放送していました。それに続けて、上重アナが(ZIP!などを)桝アナに取られた話も放送して、桝の集大成といった感じでした。こうやって経費節減しようとしているのでしょうか。

 それでは中部大会です。岐阜の決勝の11問目、「デンジャラスとperfumeに共通する」で岐阜の混成が押しますが答えられません。これはクイズを作る人なら誰でも思いつくネタだろ。12問目、世界史の簡単な問題で岐阜の最多枠が正解します。13問目、「野田改造内閣で、文部科学相と復興相に共通する名字は」。いつ解散するかわからないときによく出せましたね。
 14問目、小学生以来聞いたことのない算数の用語で岐阜のクイ研部長が正解。15問目はオリンピックの問題ですが恵那が不正解。16問目、中村剛也をクイ研部長が中村たけひろと言って2×になります。
 17問目の前にどこかのチームがボタンを押してしまいます。17問目は岐阜の混成が正解。18問目「ウェイトリフティングの競技を」で最多枠がプラットフォームを正解して王手になります。スポーツの問題が変に多い。
 19問目は世界史で高山西が正解。20問目「消えることのない罪を」で最多枠が十字架を正解して決定しました。

 次は三重です。川越の混成チームは2度、決勝で負けているそうです。川越にはもう一つ混成チームがいます。あとは三重の混成と高田と伊勢です。
 1問目、かなり簡単な問題で全チーム正解。伊勢の回転灯に不具合があるようで取り替えています。2問目は計算問題で、全チーム引っかかります。3問目は「雨ニモマケズ」の終わりの一文という問題で、川越の決勝で負けていない方と高田が正解。決勝で負けた方と三重は余計なことを書いて不正解になりました。

 4問目は日本史で高田が正解。ここでまた何か機械トラブルがあったようで収録が止まります。5問目は英語で、川越の決勝で負けた方が不正解。6問目、聞いたことのない文学の問題で伊勢が正解します。7問目、「たちあがれ日本の党首は」で、川越の決勝で負けた方が押して答えられません。「ではみんなの党の党首は」という問題でした。だから、よくこの時期にそんな問題が出せるな。この後、判定がぶれる。

|

« 第7回エコ甲秋田大会(その8) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56429477

この記事へのトラックバック一覧です: 32回中部大会(その5):

« 第7回エコ甲秋田大会(その8) | トップページ | 第7回エコ甲秋田大会(その9) »