« 世界ウルトラクイズ(その4) | トップページ | 世界ウルトラクイズ(その5) »

2012年12月 9日 (日)

32回近畿大会(その11)

 こういう本が出ましたね。

 最終章の「超難問」の最後の方の問題で、萱野茂とか笹川良一が出ています。私にとってはニュースで見る人ですが、今の大学生クイズマニアには、丸暗記すべき記号にすぎないんでしょうね。今の競技クイズで出るわけのわからない問題は、その分野の専門家には重要なことなのか気になります。背景と関係なくその単語だけ知ってもつまらないわけで、その辺が、クイズ王番組ではクイズ自体の楽しさがなんとなく伝わらない原因だと思います。

 それでは近畿大会です。兵庫の決勝の4問目、「塩化マグネシウムや水酸化ナ」で関西学院が押して溶解を正解。5問目は近代史でスルー。6問目、「島はアイランド」で関西学院が押してペニンシュラを正解。これで灘の昨年準優勝に並びます。
 7問目、古代インドの王朝の問題で淳心学院が正解。8問目、科学者の問題で関西学院が間違えます。ここまで灘はボタンを押していません。

 9問目、灘の昨年準優勝がカルボキシル基を正解。10問目「ジーンズの語源となった都市は」で昨年準優勝が押して「しまった」と言いつつニームを正解。11問目、中世の海外文学で灘の1年が正解します。
 12問目、荷電粒子が、その振動数となんとかかんとかという問題でスルー。兵庫も一般人と関係ない問題になっています。13問目「スプートニクが打ち上げられたのは、せ」で淳心学院が押して不正解。打ち上げられた年を聞いてどうするんだ。14問目、「金、銀、銅。元素周期表では」で関西学院が押して11族を正解します。

 15問目、またオペラです。奈良と兵庫だけオペラの問題を出すとはわかりやすい構図です。淳心学院が押して間違えます。16問目は海外文学で関西学院が正解。17問目は近代史でスルー。18問目、フードマイレージを関西学院が正解して、ついに王手です。灘を差し置いて先に王手になるとは。この後、ついに勝利か。

|

« 世界ウルトラクイズ(その4) | トップページ | 世界ウルトラクイズ(その5) »

コメント

>兵庫の決勝の4問目、「塩化マグネシウムや水酸化ナ」で関西学院が押して溶解を正解。

溶解ではなく潮解ですね。

投稿: cocoji | 2012年12月10日 (月) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56287258

この記事へのトラックバック一覧です: 32回近畿大会(その11):

« 世界ウルトラクイズ(その4) | トップページ | 世界ウルトラクイズ(その5) »