« 世界ウルトラクイズ(その1) | トップページ | 世界ウルトラクイズ(その2) »

2012年12月 3日 (月)

32回近畿大会(その8)

 私のブログに、元フジテレビアナウンサーのブログからトラックバックがついていたのですが、そのブログを読んでいて、こんな文章がありました。

――――(ここから)――――

その日、フジテレビのアナウンサー室で50歳を過ぎた室長が弁当を食べていた。
近くのソファセットで新聞を広げていた入社2年目の女性アナが急に笑い出した。
「キャハハ。小間物屋を広げた、ですって」
とたんに、食事中だった普段は温和な室長が血相を変えて激怒した。
「お前は人が食事中になんてことを言うんだ!」
当時でもそうだったのだから、今、激怒の理由が分かる若い人はごく少ないだろう。

――――(ここまで)――――

 私もわかりません。で、調べたら、今で言うと道にもんじゃ焼きを作るというようなことなんですね。これはいかにもプレッシャーSTUDYとかで出そうですけど出せません。「残念~。ゲロを吐くという意味でした」とは言えませんからね。

 それでは近畿大会です。奈良の決勝。東大寺学園は2チームとも1年生。西大和学園は2チームとも2年生。それと奈良高専です。奈良高専は一昨年のインターネット特別大会代表? 現在は5年生です。ということで、20歳の奈良高専対15歳の東大寺学園なのです。

 1問目、非常に簡単な問題です。奈良でこんなのを出すか。全チーム正解です。2問目は「コペルニクスはどこの国の人」で、西大和の2チームだけ不正解。3問目は計算問題で、西大和の1チームだけ間違えます。
 4問目、オペラの問題です。前にも書いたと思いますが、現在の高校生競技クイズ界ってオペラが大好きですね。この問題が出たということは、奈良県を演出上重視していることがわかります。西大和の最下位のチームが押して間違えます。5問目の正解は西周で、東大寺学園が正解。

 6問目「ウィンドウズがその例である」で、西大和の間違え続けたチームが押して、デファクトスタンダードを正解します。7問目「青銅で作られた打楽器を中心とする」で奈良高専が押して答えられません。正解はガムランです。早押しになると、奈良県は東京都などと同様に位置づけられているのがわかります。この後、問題がエスカレート。

|

« 世界ウルトラクイズ(その1) | トップページ | 世界ウルトラクイズ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56246815

この記事へのトラックバック一覧です: 32回近畿大会(その8):

« 世界ウルトラクイズ(その1) | トップページ | 世界ウルトラクイズ(その2) »