« 世界ウルトラクイズ(その10) | トップページ | 32回中部大会(その1) »

2012年12月21日 (金)

第7回エコ甲秋田大会(その4)

 東スポWebで、落選して仕事がなくなった横粂勝仁についてこのような記事が出ていました。

――――(ここから)――――

 実は横粂氏は大手芸能事務所と契約を結んでいる。「タレントにはなりませんが、現役時代に断っていたクイズ番組は興味があります。(東大出身なので)『できて当たり前』と思われているので、クイズを間違えたら命取りになってしまう。オチに使われないよう、1か月くらいクイズ対策をしたい」。ちなみに断ったのは「Qさま!!」(テレビ朝日系)だという。

――――(ここまで)――――

 弁護士資格があっても弁護士の仕事が来るわけではないので完全に無職だそうですが、クイズ芸人として食いつないでいこうとしているのか。というかクイズ番組側は、国会議員をやっているうちから東大卒で名前の知られた人物には何でも手を出そうとしていたんですね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。秋田大会の早押しのA組。この地区は向かって右からチームを並べて紹介するので、非常に違和感があります。秋田、秋田中央の女子、秋田商、秋田中央の男子です。
 1問目、二択で秋田商が正解。2問目も簡単な問題で秋田商が取ります。3問目、紙幣の肖像の問題で秋田中央の男子が正解。4問目も簡単な問題で秋田商が勝ち抜けです。あまりに簡単で、本当に正解がその言葉でいいのかと思ってしまいます。早押しは1問正解ごとにペーパーの得点に5点加算されて、トップで勝ち抜けたチームはさらに5点加算されます。
 5問目、二択で秋田が正解。6問目の正解は頭取ですがスルー。私は思うのですが、エコ甲に最も深く関わっているりそな銀行は頭取という肩書きを廃止しているのに、銀行のトップを何というかという問題を出し続けるのはいかがなものかと思います。
 7問目は秋田中央の男子が正解。8問目も正解して、ここも勝ち抜けました。しかしボーナスポイントはありません。この組は非常に簡単な問題ばかりが続きました。

 次はB組です。秋田、秋田中央、秋田、能代商です。秋田中央のみ女子です。1問目、秋田がかなり早く押してサムスンと答えますが不正解。「サムスンはどこの国の企業」でした。2問目、非常に簡単な三択で能代商が間違えて、会場がちょっとどよめきます。3問目は秋田中央が正解。4問目は秋田のもう1チームが取ります。
 5問目は能代商が正解。6問目、秋田のさっき間違えたチームが早く押して「ペイオフ」。しかし問題は、ペイオフで保護される普通預金はいくらまでというものでした。7問目、JRの学割は何割引きという問題ですが、秋田のもう1チームが押して「青春18きっぷ」。実は次に見に行った予選でも同じ問題が出て、そこでも青春18きっぷという誤答なのです。これは高校生クイズでもあるのですが、同じ問題を使い回すと、特に難しい問題でもないのに、どこの地区でもまったく同じ誤答が出ることがよくあります。
 8問目は秋田中央が取って終了です。この後、誤答で会場爆笑。

|

« 世界ウルトラクイズ(その10) | トップページ | 32回中部大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56361201

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回エコ甲秋田大会(その4):

« 世界ウルトラクイズ(その10) | トップページ | 32回中部大会(その1) »