« 32回富山大会(その5) | トップページ | 32回富山大会(その6) »

2012年11月17日 (土)

関西の番組の企画

 昨日の「探偵!ナイトスクープ」。小ネタ集の1本目は、中学時代に同級生の女子に非常に失礼なことを言われたが、その女が朝日放送のアナウンサーになったことがわかったので番組で仕返ししたいというものでした。「朝日放送 第一回日本全国クイズ脳選手権 大阪予選会場」というところで架空のペーパークイズをやって仕掛けます。この人、「キャスト」で見るのと違って、女子アナになるような女はこんなにいやなヤツなのかと思うような内容です。小島慶子が見たら大喜びしそうです。この企画はやるべきではなかったのではないか。

 次の小ネタは、大分で透明な山を見つけたというものです。2つの山が前後に重なっているのですが、両方の稜線が完全に見えているのです。依頼者はこのネタをナイトスクープと「ナニコレ珍百景」に送ったそうで、番組側は「我々ナイトスクープの方が先に採用しました。ナニコレ珍百景の3万円はもらえるでしょうか」などと言っていましたが、この山はとっくの昔にナニコレで放送されているのですが。まだ深夜の放送だった時代です。朝日放送は、自分で放送したもののチェックができないのか。「キングコングのあるコトないコト」では、「この情報は○年○月のアメトーークですでに出ています」とよく言っていますが。

 今日は関西テレビで「クイズ ハキダセ!!」という番組をやっていました。司会は、夫について海外に行くと言っていたはずの中野美奈子です。かなりおもしろい。「クイズ!早くイッてよ」を思わせるルールでしたが、このルールがもともとよくできている上、いい知識問題で、しかも解答者のレベルが高くて「メニュー」という言葉だけでマクドナルドの例の問題を当てるなど盛り上がりました。スタッフロールを見たら、また高校生クイズの人がやっているではないか。関西テレビのローカル番組で何本仕事を取ってるんだ。

|

« 32回富山大会(その5) | トップページ | 32回富山大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56135324

この記事へのトラックバック一覧です: 関西の番組の企画:

« 32回富山大会(その5) | トップページ | 32回富山大会(その6) »