« ラジオでウルトラ(その7) | トップページ | 32回鳥取島根大会(その4) »

2012年11月 3日 (土)

32回鳥取島根大会(その3)

 この前、週刊現代でわざと間違いを入れている記事というのがありましたが、今月のナナマルサンバツは、あるコマに間違いが書いてあります。これって単行本では直るのでしょうか。

 それでは鳥取島根大会です。ペーパー1問目の正解発表ですが、ネゴシックスは島根の八次から米子に通っていたそうです。住みます芸人は鳥取と島根とそれぞれいて、両方ともネタをやります。ここにも八次が出てきます。しかし2人とも非常にネタが短い。続いてネゴシックスのネタです。
 抽選会はまたステージ裏です。ヤングエース抽選券を持ってきた人はいません。抽選券を引くとき、県名を言うのを忘れます。そういえば、このトレーラーを使う予選が複数県大会なのは史上初です。鳥取の81番なんていうチームがいます。応募はそれだけいたのでしょうか。ネゴシックスの賞品は、ライブで作った4コマをまとめた漫画です。

 この地区のブーブーゲートは1チームずつです。ここで右松アナが舞台の裏で、島根は4チームしか来ていないから全チーム決勝進出と言っているのを発見しました。島根4チーム事件が帰ってきてしまいました。昨年は松江で単県開催して、1回戦から敗者を出せるチーム数が来ましたが。
 鳥取の結果発表です。米子東のトップのチームは先頭にいました。1チーム目は女子でブー。2チーム目はピンポン。ここからブーが続いて、7チーム目の「僕たちがここで落ちる確率がゼ~ロ~」と言ったチームがピンポンです。
 またブーが続きます。そして12チーム目、車いすです。今年はどうしてこれだけ車いすのチームがいるのでしょうか。ここがピンポン。車いすチームが決勝に出るのは今年初めてです。この後、みんなで建前の話。

|

« ラジオでウルトラ(その7) | トップページ | 32回鳥取島根大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56035621

この記事へのトラックバック一覧です: 32回鳥取島根大会(その3):

« ラジオでウルトラ(その7) | トップページ | 32回鳥取島根大会(その4) »