« 32回福井大会(その4) | トップページ | 32回富山大会(その2) »

2012年11月12日 (月)

32回富山大会(その1)

 昨夜、関西テレビで「サイコーの問題」という番組をやっていました。出演者がクイズ問題を持ち寄って、出題時と解答後にそれぞれ3つの基準で問題の質を評価するのです。クイズ番組はこんなところまできたか。問題はいろいろな放送枠で使うことを想定してかバラエティをもたせていました。純粋な脳トレ問題や、芸人に体を張らせる問題や、「怪しい噂の集まる図書館」とか「『ぷっ』すま」でやりそうなエロ系問題など。でも最もおもしろかったのは、この後、壇蜜がエロ発言連発という映像でCMに移ったら金麦の檀れいが出てきたことです。

 それでは8月2日の富山大会です。前日と違って、前の会場から近すぎます。しかも富山駅から歩いてすぐの場所で、時間が余ります。今さらながら、非河合塾大会では大塚食品はMATCHを売るのではなくクリスタルガイザーを高校生にタダで配っていることに気づきました。
 住みます芸人が、「今日一日よろしくお願いしますのすし」。携帯電話だけでなくポケベルも切れと言います。全国放送の日時を言ってから、「みんな、このときに残っているのかーっ!」。地区大会の紹介で「チャンネルは?」「1チャン」と言わせたり、前説が独特です。

 もう中学生が出てきます。キャラクターに合わないあおりをやらされています。最多枠は高岡南です。表彰で「貴校」を「あなたこう」と読んでいます。ガチ宣言では、私物のDVDプレーヤーに加えて空のDVDをくれるそうです。「(ジャパネット)たかた方式で」。そして、声をかけてくれればいつでも握手するということです。もう中学生がこんなにちゃんと進行できるとは思いませんでした。

 中野アナが登場します。「ZIP!が来ると思った? 僕です」。そして歴代のMCが「1代目が福澤、2代目がラルフ、3代目が桝」と言います。おいおい、もう最初の司会者が誰だったか忘れられるほどの歴史になったのか。この後、企画が完全に無意味。

|

« 32回福井大会(その4) | トップページ | 32回富山大会(その2) »

コメント

今度またクイズ神をやるそうです。
今度の予選は、東日本・西日本の各1名ずつが本戦進出とのことです。で、内容は、500問3択ペーパー。

投稿: 第2回 | 2012年11月12日 (月) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56099112

この記事へのトラックバック一覧です: 32回富山大会(その1):

« 32回福井大会(その4) | トップページ | 32回富山大会(その2) »