« 32回鳥取島根大会(その4) | トップページ | 32回鳥取島根大会(その6) »

2012年11月 5日 (月)

32回鳥取島根大会(その5)

 りそな銀行の会長が亡くなったそうで、これでエコノミクス甲子園の毎年恒例の問題である、この人はどこの会社から転職したでしょうというのはもう出ません。ところで、エコ甲の予選で私が入れるのが当面ないので、すでに始まっているのかどうかもよく知りません。

 それでは鳥取島根大会です。島根の決勝の6問目は出雲が正解。さらに7問目も連取します。問題のレベルは、それほどものすごく簡単というわけでもありません。昔の高校生クイズなら、どの地区でもこのくらいの問題でした。
 8問目は松江工業が正解。9問目、「都道府県名で最も画数が少ないのは」で松江農林のレスリング部が正解します。さらに10問目も正解。これで3チームが2ポイントで並びます。
 11問目、世界地理の少し難しい問題で出雲が正解。12問目は英語で一転して、誰も答えられないときに決着をつけるために出すような簡単な問題で松江工業が正解します。13問目を出雲が正解して王手です。
 14問目、今回の問題の中では難しい、学校で習わないような知識で、レスリング部が不正解。15問目は松江工業が正解します。応募しただけで決勝に出ている割には、全チームが答えています。
 16問目はレスリング部が正解。17問目、ことわざで「木を見て何を見ず?」というのにレスリング部が「足元」と答えます。18問目の世界史を出雲が正解して決定しました。
 出雲は「東京で何して遊ぼうか考えてます」。松江工業「テレビに出ている人の気持ちがわかりました」。松江農林のレスリング部「柔道の全国大会で東京へ行きます」。

 次は鳥取の決勝です。米子東の最多枠は、昨年も一昨年も決勝で負けたそうです。リーダー以外のメンバーは毎回変えています。米子東の2チーム目は、一昨年決勝で負けて、昨年は決勝に出られなかったそうです。米子東の3チーム目は、リーダーの兄が2年連続決勝で負けたそうです。このチームは応援団です。この後、電車待ち。

|

« 32回鳥取島根大会(その4) | トップページ | 32回鳥取島根大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56046873

この記事へのトラックバック一覧です: 32回鳥取島根大会(その5):

« 32回鳥取島根大会(その4) | トップページ | 32回鳥取島根大会(その6) »