« 32回長野大会(その6) | トップページ | 32回近畿大会(その2) »

2012年11月25日 (日)

32回近畿大会(その1)

 今日は高専ロボコンの全国大会に行ってきましたが、今年から携帯電話が禁止でなくなったのに合わせて、ツイッターで実況する要員を募集したり、観客が携帯電話で投票して敗者復活チームを決めるという企画が行われるようになりました。これは会場に行かないとできないことでおもしろい。この企画が成立するのは観客が何千人もいるからであって、どっかの銀行がやっている、なるべく観客を入れたくないクイズ大会では無理ですね。

 それでは8月4日の近畿大会です。会場は今年も服部緑地の陸上競技場なので、また決勝の音声が聞こえないという問題があります。久しぶりに通常大会に来ると、受付時にはいろんな曲がかかっています。10時半までは高校生しか入れなくて、なぜか観覧席が開放されるのを並んで待たなければいけません。

 「目指せセンター モテ面総選挙2012」というのをやっています。「もってる!?モテるくん」のレギュラー出演者10組の写真を見て高校生が投票するというものです。このところ必ず読売テレビの番組の企画に近畿大会が利用されます。
 前説で、近畿大会の番組は16時からの放送であることがわかります。今年も全国一斉にやる中、読売テレビだけ時刻が違います。読売テレビの、肩書きが聞こえませんがなんとか長のあいさつがあります。北野高校出身で個人的に応援しているそうです。「君たちがうらやましい。雑学には自信があるのに、第1回のときはすでに浪人生だった」。そして「過去、近畿は2回しか優勝していない。近畿の高校生のレベルはそんなもんですか! 大阪には優秀な高校ないんですか!」。次にライオンの人の開会宣言で、この人も「クイズ」を言い忘れそうになります。

 銀シャリと天竺鼠が出てきます。「近畿の優勝は2回だけです。大阪の実力はそんなもんですか!」。ガチでやります宣言はお笑いライブとプレゼントと記念撮影ですが、プレゼントについて銀シャリの鰻が「冬に着るめっちゃあったかいやつですね」。そしてプレゼントは例の総選挙に参加しないともらえないそうです。この後、予想外の進行。

|

« 32回長野大会(その6) | トップページ | 32回近畿大会(その2) »

コメント

その二回とも同じ高校っていう。

投稿: | 2012年11月26日 (月) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56191999

この記事へのトラックバック一覧です: 32回近畿大会(その1):

« 32回長野大会(その6) | トップページ | 32回近畿大会(その2) »