« 32回富山大会(その2) | トップページ | 32回富山大会(その4) »

2012年11月14日 (水)

32回富山大会(その3)

 2年前にこのようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 先週の放送で「トルネード投法のお初」に出ていた一般人が、明らかに以前「ためしてガッテン」の被験者として出ていた人でした。美術館というテーマのときです。こういう人はどこかに登録していて派遣されてくるのかな。

 今回のニホンGOに出ている一般人の中に、シルシルミシルのこのコーナーの出演者がまたいました。本当は一般人じゃないのかな。

 シルシルミシルにもためしてガッテンにも出ていた人は、「所さんの目がテン!」にも出ていたというのはその後書きました。

――――(ここまで)――――

 先日テレビ朝日で放送された「激論!どっちマニア!!」で、この人がまた、大量のフィギュアを集めているマニアとして登場していました。毎回違う名目で出てきます。

 それでは富山大会です。ペーパークイズはルール説明だけ舞台でやって、実際に行うのは建物の陰です。もう中学生の問題は、高校時代、野球部でファーストを守っていて、相手チームにベースを踏ませないためにやったことはって、完全にルール違反じゃないか。この地区はなぜか、ペーパークイズの時間中にずっと「ハリウッド」が流れるのですが、ペーパーをやっている高校生は聞こえない場所にいます。

 住みます芸人のライブ。巨人の小笠原は高校時代ホームラン0本という話をしますが、高校生がまったく反応しません。もはやプロ野球は話題として通用しないのか。続いてもう中学生が大きいパネルを持って登場します。「いまだにさかなクンだと思っている人もいます」。
 抽選会はペーパークイズをやっていた場所に戻ります。ここはスカパー!抽選からです。もう中学生のDVDプレーヤーは、コードに絵の具が飛び散っています。DVD-R20枚つきです。あれ、そういえばヤングエース抽選は? この後、高岡だけど高岡じゃない。

|

« 32回富山大会(その2) | トップページ | 32回富山大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/56113818

この記事へのトラックバック一覧です: 32回富山大会(その3):

« 32回富山大会(その2) | トップページ | 32回富山大会(その4) »