« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

32回近畿大会(その6)

 清原和博がバラエティ番組の収録でけがというニュースがありましたが、「逃走中」だったんですね。新聞記事を読むと、追っ手から逃げるシーンの撮影中と書いてあります。あの黒ずくめのアンドロイドたちは「追っ手」なのか。そして「シーン」というのは、あれは逃げてるふりということ? こういう事故があったとき、残り時間の計測はどうなるのかという疑問があります。あいまいにしていた部分が見えてしまいました。

 それでは近畿大会です。和歌山の決勝の書き問題が終わりました。ふと左を見ると、観客がどんどんグラウンドに降りているではないか! 突然、グラウンドが開放されたのです。急いで解答席の前に行きます。しかしわかったのは、解答席の正面で数メートルしか離れていない場所でも音声がよく聞こえません。テレビ用のスピーカーはそこまで指向性が高いのか。そしてまた、観客席とグラウンドの間が閉鎖されました。

 4問目、時事問題で智弁和歌山の昨年決勝が正解。5問目、科学で向陽が間違えます。6問目は和歌山高専です。ここまで見ると問題は簡単です。7問目はスポーツで智弁和歌山の昨年決勝でない方が正解。8問目は経済で向陽が取ります。
 9問目、智弁和歌山の昨年決勝でない方が押して答えられません。出だしは科学っぽくて、実は料理の問題です。こういうのはクイズ研は引っかかります。10問目、計算問題で昨年決勝が正解。11問目は和歌山高専が正解します。
 12問目、ゆるキャラ1位で向陽がくまモンを正解。13問目、いかにもクイズで出そうな心理学用語で向陽が正解すると、辻岡アナがビクトリーと叫びます。全国大会が決定したのかと思いました。

 14問目、正式名称からモナリザを答える問題で智弁和歌山の昨年決勝でない方が正解。15問目は簡単な問題で昨年決勝が正解します。さらに16問目も連取。このあたりからさらに音声が聞こえにくくなります。17問目は和歌山高専が何かの元素名を正解。18問目は昨年決勝でない方が間違えます。19問目はスルー。20問目は英語の簡単な問題で昨年決勝が間違えます。21問目は和歌山高専のこれまで答えていない方が不正解。点が入らなくなりました。
 22問目は向陽が正解して王手。23問目「唯一の下一段活用」で向陽が正解して決定しました。ここで雨が降ってきます。今年の予選で雨が降ったのは初めてです。この後、夕焼け小焼け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

32回近畿大会(その5)

 高専ロボコンについて。番組ホームページで「ベスト・オブ・ロボコン大賞」の投票をやっていました。過去にロボコン大賞を取ったマシンの中から大賞を選ぶのですが、私はあのマシンだと思っています。でも相当古いものだし機構も現在のものから比べればかなり単純なはずなので、これが投票で上位に来ることはないだろうと思っていたら、まさにそのマシンが選ばれました。他のロボコンファンもみんな同じことを思っていたのか。つまり、そのころが高専ロボコンのおもしろさのピークで、今はもう行くところまで行ってしまって、企画として無理があるのではないでしょうか。当時は国技館の観覧の抽選も当たりませんでしたが、現在は応募者全員入れていると思います。これは、30年ぐらいの歴史を数えるクイズ番組と同じ状況です。

 それでは近畿大会です。ペーパークイズの結果発表の3列目はブー。4列目はファンファーレで5チーム勝ち抜け。5列目もファンファーレで、また5チームです。負けて芝生をかき集めているチームがいます。6列目はブーです。
 奈良高専が、「奈良工専」というゼッケンをつけています。他のチームから字が間違っていると言われていますが、スタッフに言っても直してくれないそうです。

 7列目はファンファーレで7チーム勝ち抜けます。8列目には宇宙人やロボットの格好をした人たちがいますが、ブー。9列目はファンファーレで7チーム勝ち抜け。この時点で決勝進出枠は埋まっていますが、高校生にはわかりません。10列目がブーです。

 16時半ごろから和歌山の決勝です。スタンドでは音声がよく聞こえません。和歌山高専が2チーム、智弁和歌山が2チームと向陽です。智弁和歌山には昨年決勝で負けたチームがいます。和歌山高専の表記は「和歌山工専」です。
 この地区の早押しは、間違えると1回休みで3×失格という、関東と同じルールです。有名クイズ研がひしめく関東と近畿だけこのルールにするということか。
 1問目、かなり簡単な問題で、1チームだけ間違えます。2問目は地学で習う問題で、全チーム正解です。こちらの方がやや難しいと思うのですが。3問目、英語のつづりの問題で全チーム不正解。これは本格的なクイズマニアだとできたかもしれませんが和歌山のメンバーには厳しいレベルです。
 この直後に、突如意外なことが起こります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

32回近畿大会(その4)

 先日の週刊新潮で、幸福の科学学園について、坂本龍馬が劉備玄徳の生まれ変わりと教えていたり、ニーチェは神を否定するので授業で飛ばしたりしているといった記事が出ていたそうですね。いろいろ信仰はあるにせよ、学校の外ではそういうことになっていないわけで、クイズ研はクイズの問題になる事実とどう折り合いをつけているのでしょうか。知識を身につける際に、俗世間に合わせるという段階を余計にはさまないといけないので大変ですね。

 それでは近畿大会です。ペーパークイズの1問目は銀シャリの橋本の問題です。抽選会を前に、この正解発表があって、ここからは「もってる!?モテるくん」の企画です。だからお笑いライブは先に済ませたのか。先ほどの総選挙、10位からすべて発表していきます。投票総数は755票です。1位はジャルジャルで、どこかのコーナーのMC権が与えられるそうです(番組では、この放送直後の面倒くさいコーナーをやらされていた)。そして銀シャリに負けた天竺鼠には罰ゲームがあります。コンビ愛を確かめるキスです。結局、銀シャリもやらされます。

 ようやく抽選会です。銀シャリの私物抽選をやると、応援パーソナリティはいなくなって、代わりにNMBが出てきます。引いても該当者がいないというのが続出です。ホームドラマチャンネルの必殺仕事人Tシャツというのがあります。そしてサッカーものは香川真司のサイン入りユニフォームです。参加人数を考えて、他の地区にない賞品があります。
 なぜかここはヤングエース抽選が後です。抽選券がついている号は昨日までしか売っていません。涼宮ハルヒは滋賀の1番のチームに当たります。渡り廊下走り隊のポスターがなくて、代わりにNMB48のポスターです。

 ペーパークイズの結果発表です。やり方は関東と同じです。1列が30チームぐらいで、K列まであります。まず大阪桐蔭のトップのチームを発表して、1列目は女子が圧倒的に多くてブー。2列目はファンファーレで6チームの勝ち抜けが発表されますが、各府県1チームずつではありません。この後、表記がおかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

32回近畿大会(その3)

 昨日の「たまむすび」のメールのテーマは「私のメディアデビュー」というものでしたが、やはりウルトラクイズというネタを送ってきた人がいました。クイズ自体はさっぱりだったそうですが、東京ドーム入場の際、スタッフから景気づけしてくれと言われてクイズ研で円陣を組んで歌い踊ったところ、それが番組のオープニングで使われたそうです。

 それでは近畿大会です。○×クイズの正解発表を前に、和歌山ののぼりだけ出てきます。最多枠は大阪桐蔭です。
 ○×は不正解の方が多い。参加者は全部で300チーム台ぐらいでしょうか。敗者復活の要求があって、そのゲームの準備のために、30分近く休憩になります。

 ここでNMB48が出てきます。ゲームのルールは、応援パーソナリティとNMBの7人で段ボール箱をリレーするというものです。第1・3・5・7走者が会場の後方、第2・4・6走者が前方にいて、会場を前後に往復します。そして走者が代わるたびに箱が1つずつ増えていくのです。最初の走者は1つですが最終走者は7つ運ぶことになります。120秒でゴールできれば成功です。
 第7走者の鰻がわざと転んだりしますが、最終的に20秒前ぐらいで成功します。

 敗者復活戦の1問目、海外文学の問題で、いかにもクイズ王番組で出そうなテーマです。最も多いところが正解です。和歌山の正解者だけ集めますが、ペーパークイズが成立するくらいはいます。それとともに、この問題で、全国大会に残したいチームは救済されたと思われます。
 2問目は一転してAKB48の問題。ただ、最も意外な選択肢が正解ということで、クイズの文法には則っています。これで終了です。敗者は30チームぐらいでしょうか。

 ペーパークイズを前に、滋賀ののぼりも登場します。ここで、自分たちのメモ用紙などはしまえという注意があります。これは史上初です。今、クイズ研はそういうものを用意してるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

32回近畿大会(その2)

 「IKKI」の「新・鉄子の旅」の欄外の村井美樹出演情報に、12月なかばに「100万円クイズハンター」に出ると書いてあります。早くも第2弾が放送されるんですね。芸能人のクイズ番組としてレギュラー化されるでしょうか。

 それでは近畿大会です。なぜかこの予選は、もうお笑いライブが始まります。銀シャリがスタッフTシャツの上から青いスーツを着て登場します。次は天竺鼠です。
 渡り廊下走り隊7が出てきます。今回、これ目当てで来たと思われる観客はほとんどいません。愛内里菜や水樹奈々とは大違いです。バズーカでボールを撃った後、高校生の中に入って手で投げます。強風で、奥に置いてある、三択で仕切るバルーンが飛ばされて、スタンドに入ります。

 辻岡アナの声が聞こえます「みなさんこんにちは。日本テレビアナウンサーの辻岡義堂です」。なんでこの地区に限ってそんな普通のフレーズで始まるんだ。舞台の穴から辻岡アナが飛び出します。「私のことを初めて見たという人は手を上げてください」。大半が上げます。「今勢いよく上げたヤツ、後で絶対ぶっ飛ばす」。
 「こちらに行ってビクトリーと叫んだら、ビクトリーとおっしゃっていただいてよろしいでしょうか」。さっきから、何か関西に遠慮してる?

 ○×クイズを出そうとしたところで、渡り廊下走り隊が上がってきます。「私たちもクイズに参加していいですか」。問題は琵琶湖に関するものです。のぼりを持ったクイズ研的なのが、終了直前に一斉に反対側の答えに移ります。答えがわかっていて、たくさん落とすための作戦か。渡り廊下走り隊も移動します。この後、新しい注意事項。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

32回近畿大会(その1)

 今日は高専ロボコンの全国大会に行ってきましたが、今年から携帯電話が禁止でなくなったのに合わせて、ツイッターで実況する要員を募集したり、観客が携帯電話で投票して敗者復活チームを決めるという企画が行われるようになりました。これは会場に行かないとできないことでおもしろい。この企画が成立するのは観客が何千人もいるからであって、どっかの銀行がやっている、なるべく観客を入れたくないクイズ大会では無理ですね。

 それでは8月4日の近畿大会です。会場は今年も服部緑地の陸上競技場なので、また決勝の音声が聞こえないという問題があります。久しぶりに通常大会に来ると、受付時にはいろんな曲がかかっています。10時半までは高校生しか入れなくて、なぜか観覧席が開放されるのを並んで待たなければいけません。

 「目指せセンター モテ面総選挙2012」というのをやっています。「もってる!?モテるくん」のレギュラー出演者10組の写真を見て高校生が投票するというものです。このところ必ず読売テレビの番組の企画に近畿大会が利用されます。
 前説で、近畿大会の番組は16時からの放送であることがわかります。今年も全国一斉にやる中、読売テレビだけ時刻が違います。読売テレビの、肩書きが聞こえませんがなんとか長のあいさつがあります。北野高校出身で個人的に応援しているそうです。「君たちがうらやましい。雑学には自信があるのに、第1回のときはすでに浪人生だった」。そして「過去、近畿は2回しか優勝していない。近畿の高校生のレベルはそんなもんですか! 大阪には優秀な高校ないんですか!」。次にライオンの人の開会宣言で、この人も「クイズ」を言い忘れそうになります。

 銀シャリと天竺鼠が出てきます。「近畿の優勝は2回だけです。大阪の実力はそんなもんですか!」。ガチでやります宣言はお笑いライブとプレゼントと記念撮影ですが、プレゼントについて銀シャリの鰻が「冬に着るめっちゃあったかいやつですね」。そしてプレゼントは例の総選挙に参加しないともらえないそうです。この後、予想外の進行。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

32回長野大会(その6)

 今週の「アメトーーク」は「麻雀芸人」でしたが、マージャンをやりながらルール説明をしているときに、リーチを宣言すると千秋が「王手ですね」。高校生クイズのスタッフかと思ってしまいました。

 それでは長野大会です。決勝の5問目は松本深志の昨年代表が正解。6問目の時事問題も連取します。7問目は松本深志のもう1チームが正解。そして8問目の前にこのチームがボタンを押してしまいます。
 8問目「江戸いろはがるたの『い』は」で昨年代表が押して「一寸先は闇」で不正解。今「『い』は」にアクセントがあっただろ。というか、テレビ信州のアナウンサーもそういう問題読みをさせられるのか。

 9問目、松本深志の昨年代表でない方が正解して王手です。10問目「東ローマ帝国が滅亡したのは西暦」で昨年代表がおして答えられません。西ローマ帝国が滅亡したのは何年という問題ですが、昨年代表にあせりが見られます。そして歴史事象が西暦何年か聞く問題なんで、今の高校生クイズを象徴しています。

 11問目、語源問題で大町が押して不正解。12問目「旧暦の8月1日ごろに」で佐久長聖が押して「はっさく」で不正解。八代海で見える不知火という問題です。ここにきて、中途半端にクイズをかじったクイズ研というべき誤答が続いています。

 13問目、古典文学で昨年代表が正解。14問目はクラシック音楽の問題で上田染谷丘が正解します。この地区は完全に全国大会対応です。15問目、まさにクイズ研用知識の問題で昨年代表が正解。16問目も連取して3ポイントになります。
 17問目、「ルピーを通貨単位とする国は」で上田染谷丘が押して不正解。「ではルピアを通貨単位とする国は」でした。ここも明らかに「ルピー」に不自然なアクセントがあったのに。

 18問目、松本深志の昨年代表でない方が正解して決定です。敗者インタビューで、上田染谷丘が高校生クイズの楽しさを語り出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

32回長野大会(その5)

 毎日放送で今月から「パテナの神様」という番組が始まりました。前の番組を変な時期に打ち切って、完全に雑学をテーマにした番組に変わりました。テレビ界はとりあえず雑学か。今週は鉄道というテーマだったのですが、青春18きっぷで大阪から1日でどこまで行けるかというので、八代まで来たところで、まだ時間が十分余っているにもかかわらず駅員が「列車はありません」「これ以上行けません」と言うだけです。この先は第3セクターに変えられたから18きっぷで乗れないという説明は一切ありません。どんなに早く着いてもこれより先へは行けないのだから、企画倒れではないか。途中で事故で乗り遅れて「これでは調査ができない」と言っていたのが意味がありません。

 それでは長野大会です。ペーパークイズの結果発表。敗者にもう中学生が握手するのは富山と同じです。3列目はファンファーレで1チーム勝ち抜け。次から4チームになります。4列目はブー。5列目はファンファーレで、勝ったのは1チームだけなので、6列目のファンファーレが確定です。ナナマルサンバツが当たったチームが決勝進出です。

 決勝の長野の最多枠は2年生です。松本深志の1チーム目はリーダーだけ2年生で他は3年生です。松本深志のもう1チームは昨年代表です。上田染谷丘は昨年決勝に出て1ポイントも取れなかったそうです。佐久長聖も昨年決勝で負けました。大町は昨年決勝で1ポイント取ったそうです。長野市が1チームで、松本、上田、佐久、大町と、非常に地域バランスがとれています。

 1問目、「別名はからもも」で上田染谷丘が押して「よしっ!」と叫びます。初めての決勝でのポイント。2問目はスルー。変に難しい問題です。3問目は真空を発見したトリチェリ。こういう問題が出るというのは、東大あおりの対象になるチームが残る予選だと考えられます。松本深志の昨年代表でない方が正解します。4問目は児童文学の「赤い鳥」で同じチームが連取。やはりそういう問題が出る地区だということです。この後、スーパーアクセント押し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

32回長野大会(その4)

 先週の「伊集院光の深夜の馬鹿力」で、東大女子タレントと称するものを乱造していることについて話していたのを知りました。ポッドキャストになっていました。「女子の東大狩り。クイズブームの途中に東大の校門で張って、メークとかで仕上げていった上に『東大』って顔の真ん中に大きくキョンシーみたいに張っちゃえば何とかなるだろうって。『天は二物を与えた』みたいなキャッチフレーズどーんとやっちゃって。テレビでずっと見られていくうちに、なんとなく結局この人かわいいってことでいいんじゃないのみたいな。テレビメークにも支えられながら見られるってことでいいんじゃないの。小倉さんの横座ってるんだけど、小倉さんと全然相性よくなさそうっていう。小倉さんが『チッ』っていうのを隠すことにようやく慣れてきたねと…」。確かに木村美紀なんか、コマ大に出始めたときと現在を見比べると別人のようです。高田万由子のころはただ「東大」というだけで差別化になったのが、先日のプレッシャーSTUDYに、東大卒の女装趣味歌手が出てきて、来るところまで来たと思いました。

 それでは長野大会です。住みます芸人のライブは結構長い。続いてもう中学生のライブです。常に客の笑いが1テンポ遅れています。富山と同じネタの後に、富山ではやっていない、段ボールをプレゼントする用のネタもあります。
 抽選会です。ここはヤングエースの応募者がいます。3つの賞品のうち2つが同じチームで、残りが別のチームです。応募したのが2チームだったのでしょうか。さらにヤングエースグッズが2つ当たったチームに通常抽選も当たります。
 スカパー!の賞品の抽選の中でドクターグリップがあって、司会が「これは使えるんじゃないですか」と失言してしまいます。年金手帳ケースのところでは必ず失笑が起きますからね。あと、オリエンタルラジオセットというものがあります。今の高クイでオリラジグッズを出すのか。
 最後に、もう中学生がネタで使った段ボールのジャンケン大会があります。もう中学生は、今までに使った段ボールはすべて保管していて、誰かにあげるというのは初めてだそうです。

 結果発表です。長野のトップのチームは最後尾です。ここは1列が5チームいます。1列目は松本深志が多くてブー。このパターンは、逆に松本深志が成績上位を独占したことを表しています。2列目はファンファーレで松本深志が合格。3列目もファンファーレで松本深志が合格です。この後、よしっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

32回長野大会(その3)

 書くのを忘れていましたが、先日の「おしゃれイズム」で、経費節減のためか局アナ特集をやっていました。上重アナは、当然平日の朝の番組を担当するつもりでいて、桝アナにとられたのが相当ショックだったそうです。桝アナは桝アナで、自分が休みを取って代わりに青木アナなどが出ていると非常に不安になって、「失敗しろ」などと思うらしい。会社員の身分があって何かの番組に出ることが保障されていてもこうなのです。その割には別の番組で桝アナは、どうせすぐ番組をやらなくなるようなことを言っていましたが。

 それでは長野大会です。○×は全チーム不正解。「長野県大会、代表なし。長野県大会終了! この後、飲みにいきますんで。放送の大半は住みます芸人の漫才で」。それより解説を読め。
 もう中学生が出てきます。「7人ぐらい、これで終わりでよさそうな人はいるけど、その7人を除く人を敗者復活させたい」。ここでのルールは地団駄です。1分で200回で成功です。途中で動くのを止めたりしますが、9秒残して終わりました。

 敗者復活戦は、選択肢が1つずつ出る三択です。1問目、日本アルプスの問題です。最も多い答えが正解です。続行になります。2問目、スポーツです。また正解が最も多い。これで終了になりました。敗者は6チームです。

 ペーパークイズは木陰に移ります。ルール説明は司会者ではなくスタッフがしています。ここも1問目は、もう中学生のエピソードです。ところで、目の前のホクト文化ホールというのは、キノコの会社のホクトが造っているのだろうか。入ってみたら、品種ごとのきのこセンターの場所がわかる装置があります。そのボタンが、7回ウルトラクイズなどで使ったキノコボタンなのです。この後、オリエンタルラジオ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

32回長野大会(その2)

 昨日、「ネプリーグGP」があるからか、関西テレビでは夕方にネプリーグの再放送をしていました(しかしネプリーグGPは1時間しか放送していないが)。それが約1年前の、大塚範一が出演している回なのです。なぜよりによってこれを放送する。完全復帰したのかと視聴者に誤解されるぞ。他にも民主党の問題で状況が変わっているのが出題されてるし。

 それでは長野大会です。もう中学生のガチ宣言は、ネタに使った段ボールをプレゼントするというのと、全員と強めの握手をするというものです。「渡り廊下走り隊が来てくれているぞ」と言って変なものをかぶりますが、すぐに取り消します。さらに、事前にタオルを出しておくように言われます。

 本番が始まって、アナウンサーの声が聞こえますが、知らない人です。トレーラーが開いて、司会者の姿が現れてもやっぱり知りません。
 いったい誰なんだと思ったら、司会はテレビ信州の横田アナだそうです。なぜこの地区に限ってそんなことを! 高校生クイズの地区大会に日本テレビのアナウンサーが来ないのは実に28年ぶりです。当時、代理の司会をした地元局のアナウンサーの中には、すでに亡くなっている人もいます。32会場にもなったら、他の地区もこうすればいいのに。進行は、日本テレビの経験の浅いアナウンサーよりよほどしっかりしています。

 ○×クイズはオリンピックについてですが、これはいい問題です。しかし全チームが同じ答え。現在の高校生クイズの単県大会においては、何も考えずに多い方に行くのが得ですからね。「こちらのゾーンにはカメラマンしかいません。不安で日本人らしい行動になってしまったのか」。そして無人のエリアにも「自信はあるか!」と聞きます。正解発表前の「一個忘れてた」をちゃんとやるか不安です。この後、勝たせても無駄な人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

32回長野大会(その1)

 先日の「探検バクモン」を見たら、ライオンの創業者の葬儀の映像が見つかったというのをやっていました。これが日本で現存する中で最も古い、ネガの映画フィルムだそうです。こういうのって、ライオンがスポンサーをするクイズ番組で出ないのかな。出ないか。

 それでは8月3日の長野大会です。会場の名前が長野市若里公園・ホクト文化ホール前広場というところです。前回までの大学のグラウンドと違って、長野駅からすぐのところです。歩いて行ったら、会場はテレビ信州の隣だということがわかりました。いつの間にかテレビ信州の本社が松本市から長野市に移っていたのを知りませんでした。ここで初めて、今年の参加者募集のポスターを見ます。

 松本深志ののぼりで他のチームが見えなくなるというので、のぼりを使わないことになります。初期の高校生クイズでは、のぼりを掲げたチームが何百もいたのに。ホールの前が会場で、地面に変な段差があります。よくこんなところで移動するクイズをやろうと思ったな。
 携帯で写真を撮るなという注意で、住みます芸人が「どうしても僕の写真を撮りたいという人がいるんじゃないですか」。

 この地区も応援パーソナリティはもう中学生です。「皆さんは深夜菓子パン買いに行くみたいな緊張感があると思うけど」。もう中学生は更級農業高校出身だそうで、「参加者いる?」。そして「一番後ろの子、滝沢くんじゃない? 同級生でまだ留年しているのかと」。
 最多枠は長野です。呼んだ生徒に「ライオンちゃんに聞きたいことがある?」。すると「何の洗剤が一番油汚れが落ちるか」。もう中学生が「トップがいいって言ってる」。この後、28年ぶりの事態。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

32回富山大会(その6)

 先週、毎日放送で「クイズ!オーサカ理由学2」が放送されていました。阪神百貨店というテーマで、化粧品売り場が1階にある理由をやっていましたが、店員がいくつか挙げた中に、「雑学王」で一番の理由とされていたものが出てきませんでした。こんなものでも諸説あって確定できないということです。

 それでは富山大会です。決勝の17問目、源氏物語の問題です。この地区で出すには急に難しくなりました。富山中部の1年が押して不正解。18問目、百人一首に関する問題です。富山の3年が正解。中野アナが「日本テレビ系列でやっていた『ちはやぶる』を見ていれば解ける問題だったかもしれません」。
 19問目、富山の3年が連取します。20問目は富山中部の昨年決勝で負けた方が正解して、ここも王手。21問目は富山の3年が取ります。22問目、富山の2年が正解して決定しました。昨年決勝で負けたチームはすべて敗れました。

 高岡高校がいて、富山のもう1チームには高岡という人がいましたが、勝ったチームには外山(とやま)という人がいることがわかりました。富山中部の昨年決勝は「リーチまでいけたんで満足」。それは禁句。高岡はエールがあるかと聞かれて「全国大会ではおもしろい解答を期待したい」。外山の3年は「このくやしさは海より深く山より高い」。高岡南に「来年も挑戦してくれますか」と言うと「いいとも」。
 高岡南の、決勝に出ていない女子チームにもボタンを押させて写真を撮っています。決勝に残ったチームは番宣をとらされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

関西の番組の企画

 昨日の「探偵!ナイトスクープ」。小ネタ集の1本目は、中学時代に同級生の女子に非常に失礼なことを言われたが、その女が朝日放送のアナウンサーになったことがわかったので番組で仕返ししたいというものでした。「朝日放送 第一回日本全国クイズ脳選手権 大阪予選会場」というところで架空のペーパークイズをやって仕掛けます。この人、「キャスト」で見るのと違って、女子アナになるような女はこんなにいやなヤツなのかと思うような内容です。小島慶子が見たら大喜びしそうです。この企画はやるべきではなかったのではないか。

 次の小ネタは、大分で透明な山を見つけたというものです。2つの山が前後に重なっているのですが、両方の稜線が完全に見えているのです。依頼者はこのネタをナイトスクープと「ナニコレ珍百景」に送ったそうで、番組側は「我々ナイトスクープの方が先に採用しました。ナニコレ珍百景の3万円はもらえるでしょうか」などと言っていましたが、この山はとっくの昔にナニコレで放送されているのですが。まだ深夜の放送だった時代です。朝日放送は、自分で放送したもののチェックができないのか。「キングコングのあるコトないコト」では、「この情報は○年○月のアメトーークですでに出ています」とよく言っていますが。

 今日は関西テレビで「クイズ ハキダセ!!」という番組をやっていました。司会は、夫について海外に行くと言っていたはずの中野美奈子です。かなりおもしろい。「クイズ!早くイッてよ」を思わせるルールでしたが、このルールがもともとよくできている上、いい知識問題で、しかも解答者のレベルが高くて「メニュー」という言葉だけでマクドナルドの例の問題を当てるなど盛り上がりました。スタッフロールを見たら、また高校生クイズの人がやっているではないか。関西テレビのローカル番組で何本仕事を取ってるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

32回富山大会(その5)

 埼玉クイズ王決定戦というものが開催されることを知りました。埼玉に関する知識を競うそうですが、公式サイトを見ると、埼玉だけのクイズで予選を県内の3カ所でやることがわかります。なんだこの力の入れようは。しかもインターネット特別大会?もあるようです。どこかの地方銀行がやっている、経済のクイズ大会よりすごいじゃないか。埼玉と関係ない人も出場できるそうです。

 それでは富山大会です。決勝の5問目、また歴史の問題で、富山の2年が連取します。6問目は高岡が正解。7問目、正解は平賀源内ですが富山の3年が近松門左衛門と答えます。8問目、関東などでは絶対出ない、生活の超易問が出て、富山中部の去年決勝で負けた方が正解します。
 9問目、正解はタンザニアですが高岡がケニアと答えます。次の10問目、「晴天のへきれきのへきれきを」で高岡が押して雷と答えてブー。続きがわかりませんが、よく考えたら高岡って1回休みじゃないのか。これで高岡は次も休みということになります。

 11問目、「三角錐の面の数は4つ」で富山の2年が押して、「5つ」で正解。12問目は高岡が取ります。13問目、また生活の非常に簡単な問題が出て、これを取るのは富山中部の去年決勝で負けた方です。
 14問目、科学のやや難しい問題をこのチームが連取します。15問目は世界地理で高岡が正解。これで3チームが3ポイントで並びました。
 16問目、方丈記と北条氏から鎌倉時代を答えるという新機軸の問題です。富山の2年が王手になります。昨年決勝で負けたチームを軒並み抑えてトップです。ここでもう中学生が「阪急ブレーブスは(日本シリーズで)3連敗した後4連勝したことがあります」。だからここの高校生にプロ野球ネタは通用しないって。というか、阪急にそんな記録はないだろ。この後、さらにややこしい名前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

32回富山大会(その4)

 関西テレビで「スマートモンキーズ」が終わった枠で、なぜか1年前の「◎本の矢」の再放送が始まりました。今週は大阪大学クイズ研究会となぞなぞで対決していました。今見ても結構いい企画です。ゴールデンで「Q兵衛」をやるよりこの方がよかったんじゃないか。

 それでは富山大会です。ペーパークイズの結果発表。高岡南のトップは先頭にいた女子です。1列目は他のチームもすべて女子です。ブーです。負けたチームはもう中学生と握手します。2列目はファンファーレ。3列目はブー。ここには敗者復活のチームもいました。
 4列目、ファンファーレ。5列目、ブー。6列目、ファンファーレ。7列目、ブー。8列目、ファンファーレ。9列目、ブー。これで10列目はファンファーレが確定ということで、完全にブーとファンファーレが交互です。10列目は男子1チーム、女子4チームで、24時間テレビのTシャツを着ているチームがいますが、「でもポイントには反映されません」。勝ったのは男子でした。

 高岡南の最多枠の女子はバドミントン部です。次の富山はリーダーが高岡といいます。ややこしい。しかも高岡高校もいるのです。さらに、高岡チームも高岡高校も昨年決勝で負けたそうです。富山中部は2チームいます。一方は、ここも昨年決勝で負けたチームで、もう一方は1年生です。さらに富山ももう1チームいました。こちらは2年生で初出場です。

 1問目、富山についての問題で高岡高校が正解。2問目は高岡南が取ります。3問目、芸能問題で富山の3年が正解。4問目は現代史で富山の2年が正解します。この辺の、高校生が生まれる20年前ぐらいの問題は全国大会でも出そうな気がします。この後、異例の2問休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

32回富山大会(その3)

 2年前にこのようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 先週の放送で「トルネード投法のお初」に出ていた一般人が、明らかに以前「ためしてガッテン」の被験者として出ていた人でした。美術館というテーマのときです。こういう人はどこかに登録していて派遣されてくるのかな。

 今回のニホンGOに出ている一般人の中に、シルシルミシルのこのコーナーの出演者がまたいました。本当は一般人じゃないのかな。

 シルシルミシルにもためしてガッテンにも出ていた人は、「所さんの目がテン!」にも出ていたというのはその後書きました。

――――(ここまで)――――

 先日テレビ朝日で放送された「激論!どっちマニア!!」で、この人がまた、大量のフィギュアを集めているマニアとして登場していました。毎回違う名目で出てきます。

 それでは富山大会です。ペーパークイズはルール説明だけ舞台でやって、実際に行うのは建物の陰です。もう中学生の問題は、高校時代、野球部でファーストを守っていて、相手チームにベースを踏ませないためにやったことはって、完全にルール違反じゃないか。この地区はなぜか、ペーパークイズの時間中にずっと「ハリウッド」が流れるのですが、ペーパーをやっている高校生は聞こえない場所にいます。

 住みます芸人のライブ。巨人の小笠原は高校時代ホームラン0本という話をしますが、高校生がまったく反応しません。もはやプロ野球は話題として通用しないのか。続いてもう中学生が大きいパネルを持って登場します。「いまだにさかなクンだと思っている人もいます」。
 抽選会はペーパークイズをやっていた場所に戻ります。ここはスカパー!抽選からです。もう中学生のDVDプレーヤーは、コードに絵の具が飛び散っています。DVD-R20枚つきです。あれ、そういえばヤングエース抽選は? この後、高岡だけど高岡じゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

32回富山大会(その2)

 ENEOSの福澤朗のCMを見ました。このところ急に、福澤が「ウルトラクイズの人」として使われるようになりましたね。福留が消されているということでもありますが。しかしサークルは○が青で×が赤という、高校生クイズ色でした。

 それでは富山大会です。○×クイズ「皆さんのために、なんと1問だけです!」。いかにもどこかの雑学本に載っていそうな生物の問題です。「正解は、正解は」と言ってから、「の前に説明しておくことがありました」。不正解が2チームしかいません。

 ブザーが鳴って、もう中学生が出てきます。敗者復活をやるためには課題をやってもらうと言われて「箸で小豆を運ぶのかな」。巨大なフラフープを30秒間回し続けるという新しい企画です。
 すぐに失敗します。もう一度やりますが、またすぐに失敗。まったくできそうな雰囲気ではありません。誰がこんなのを企画したんだ。事前にできるかどうか確認していないのか。すると中野アナが「君たちの努力に免じて、敗者復活ではなく敗者復活戦をする」。敗者復活を要求して課題をクリアできずに、グダグダのまま敗者復活戦をやることになったのは、19回中国大会以来です。そもそも敗者復活を要求するくだりが必要なのか疑問です。

 敗者復活戦は、ただの札上げ三択です。先に1問しかやらないと言います。2チームは混成と女子です。問題はアンパンマンに関するもの。両チームとも正解です。今年の地区大会では珍しい、全チーム2回戦進出になりました。バッジを中野アナが直接渡します。この後、無意味な曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

32回富山大会(その1)

 昨夜、関西テレビで「サイコーの問題」という番組をやっていました。出演者がクイズ問題を持ち寄って、出題時と解答後にそれぞれ3つの基準で問題の質を評価するのです。クイズ番組はこんなところまできたか。問題はいろいろな放送枠で使うことを想定してかバラエティをもたせていました。純粋な脳トレ問題や、芸人に体を張らせる問題や、「怪しい噂の集まる図書館」とか「『ぷっ』すま」でやりそうなエロ系問題など。でも最もおもしろかったのは、この後、壇蜜がエロ発言連発という映像でCMに移ったら金麦の檀れいが出てきたことです。

 それでは8月2日の富山大会です。前日と違って、前の会場から近すぎます。しかも富山駅から歩いてすぐの場所で、時間が余ります。今さらながら、非河合塾大会では大塚食品はMATCHを売るのではなくクリスタルガイザーを高校生にタダで配っていることに気づきました。
 住みます芸人が、「今日一日よろしくお願いしますのすし」。携帯電話だけでなくポケベルも切れと言います。全国放送の日時を言ってから、「みんな、このときに残っているのかーっ!」。地区大会の紹介で「チャンネルは?」「1チャン」と言わせたり、前説が独特です。

 もう中学生が出てきます。キャラクターに合わないあおりをやらされています。最多枠は高岡南です。表彰で「貴校」を「あなたこう」と読んでいます。ガチ宣言では、私物のDVDプレーヤーに加えて空のDVDをくれるそうです。「(ジャパネット)たかた方式で」。そして、声をかけてくれればいつでも握手するということです。もう中学生がこんなにちゃんと進行できるとは思いませんでした。

 中野アナが登場します。「ZIP!が来ると思った? 僕です」。そして歴代のMCが「1代目が福澤、2代目がラルフ、3代目が桝」と言います。おいおい、もう最初の司会者が誰だったか忘れられるほどの歴史になったのか。この後、企画が完全に無意味。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

32回福井大会(その4)

 「和風総本家」で東貴博の結婚のときはさんざん司会者にいじられましたが、増田アナの結婚はいじるんでしょうか。結婚相手について余計なことを言うと、真裏の番組に出演しているからチャンネルを変えられます。

 それでは福井大会です。決勝を前に中野アナが「準備はよろしいですか、準備はよろしいですか」と2回言いますが、誰も返事しません。
 1問目、鳥取で最も高い山という問題です。昨日は岡山の問題が出て今日は鳥取の問題です。前日に出せなかった問題を次に回しているのか? 藤島の最多枠が正解します。
 2問目「パトカーのサイレンの音が近」で福井高専がドップラー効果を正解。3問目、芸能問題で福井高専が正解します。4問目、「日本の郵便制度を確立」で福井高専が押して「前島密さん」。

 5問目、「元素記号Raは」で藤島の最多枠が押して不正解。「ではRbは」でした。中野アナは極端なスーパーアクセント読みをしていないということか。
 6問目、「公平で人情味のある裁判のことを」で福井高専が押します。「大岡裁判」。もう一度になります。「大岡越前」もう一度「大岡越前守忠相」ブー。そういう問題じゃないだろ。もちろん正解は大岡裁きです。

 7問目「ボリュームタイプ、ロングタイプ、ウォータープルーフタイプ」。藤島の女子がマスカラを正解します。中野アナが、女子に有利な問題が出たということをはっきり言います。
 8問目、キリスト教に関する問題で福井高専が正解。9問目は日本史で藤島の女子が正解。10問目、いかにもクイズで出そうな用語を福井高専が正解して王手です。「自信満々ですね」と言われて「あんまり難しくない」。
 11問目、「キスアンドクライ」で福井高専が押して、「フィギュアスケートでしょうか」で決定です。禁断の4年連続全国大会進出ですが、番組側は一切そのことを言いません。終わってからマキシマムパーパーサムが「みんな押してもいいよ」と言って早押し体験会です。しかしすでに敗者になっている高校生は1人もいません。決勝を見ていたのは、各地の予選を回っている人たちだけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

32回福井大会(その3)

 濱キスの続きですが、先週の「キス濱ラーニング」では、できれば10万円という漢字企画で、10万円ということはできる可能性があると復習していましたね。あと、「クイズ番組でボケるのは御法度」という教えもあったのですが、クイズ番組が素人が主体だった時代は、芸能人はボケなければいけなかったのに、今は我々視聴者の代弁者のような感じで芸能人がクイズをやっているから、立場が変わったということですね。

 それでは福井大会です。この会場には毎回必ず氷柱が用意されます。ペーパークイズは福井放送の玄関のひさしの下でやります。住みます芸人のライブのときに、FBCラジオのリポートをしているようです。マキシマムパーパーサムは高校生からお題をもらってショートコントをします。
 抽選会は再びひさしの下です。ヤングエースの抽選は、3つとも同一人物に当たります。つまりこの地区ではこの人物が抽選券を3枚持ってきて、他には誰もヤングエースを買わなかったのです。スカパー!からの賞品に先日から靴べらがあるのですが、どこの会場でもここで笑いが起こります。

 ペーパーの結果発表です。ここはブーブーゲートが3チームずつです。藤島のトップのチームは例によって最後尾にいます。1列目、ファンファーレ。女子チームが合格です。ここでまた、別のアナウンサーがリポートをしています。2列目はブー、3列目もブー。
 4列目、ファンファーレ。昨年代表が合格。さらにもう1チーム合格です。と思ったら、残った女子も合格。なんと1列全部合格というのをここにきてやってのけました。
 5列目はブー。6列目はファンファーレで、7列目の失格が決定です。ここでまたインターネット大会の紹介をして、さらにファン投票枠についても言います。

 決勝です。藤島の最多枠はバドミントン部。藤島の女子チームは3人がそれぞれ弓道部、美術部、生活科学部の部長です。藤島はさらにもう1チームいます。小学校からの親友です。北陸は1年の女子。そして福井高専の昨年代表は混成です。というかこのチーム、昨年代表どころか、3年連続で全国大会に出ているのです。高専が5年生まで参加できるようになったため、史上初の4年連続全国大会出場がかかっています。なんか江川卓がオールスター戦で江夏の9連続三振を上回るために、わざと最後の打者で振り逃げをさせることを狙った話を思い出しました。最後は敦賀ですが、中野アナはこの地名をずっと「するが」と言っているように聞こえます。この後、1日ずつずれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

32回福井大会(その2)

 先日、朝日放送で3カ月ぐらい前の「濱キス」が放送されていました。漢字の読みに30問連続正解するまで帰れない(間違えたら覚え直して1問目からやる)のですが、「深夜番組で『これができれば100万円』というのはできないことが前提だから。10万円ならできる可能性がある企画」とか「時事問題はどんどん増えるが、漢字は有限なのでクイズ番組に出てずっと使える」といったことを説明しているのがおもしろい。それにしても、最後の方の問題以外は簡単で、あれをキスマイが手分けして覚えた上でそれでも答えられないというのはいかがなものか。この企画当日までこれらの熟語を全員が知らなかったということが驚きで、企画が成立していること自体「ジャニーズは馬鹿です」と言ってるようなものです(番組のために知らないふりをしているのでなければ)。

 それでは福井大会です。マキシマムパーパーサムが出てきて「お前ら何やってるんだ」。敗者復活のゲームはラグビーボールのキャッチです。一方が蹴ってもう一方が会場の後ろでつかみます。チャンスは3回です。1球目、ボールがまともに飛びません。キッカーをラグビー経験者に交代します。2球目は完璧なボールだったのに捕りそこないます。3球目、また落とします。
 土下座して4球目になりますが、また落とします。再びキッカーを入れ替えて、5球目で成功します。

 敗者復活戦をやるのは20チーム強でしょうか。三択札の枚数が足りなくて、手書きになっています。疑問なのは、なんで三択札をそれだけしか用意していないのかということと、なんでこの地区も札上げ三択なのかということです。
 中野アナは選択肢を読むとき「まる1」のように言います。1問目は天文です。最も多いところが正解です。正解したクイズ研のチームがインタビューででかい口をたたいています。○×で間違えてるくせに。残り10チームで続行です。
 2問目は海外の漫画の問題。正解は4チームでした。これで終了になります。敗者に舞台上からインターネット特別大会があることを言います。この後、抽選会で笑い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

32回福井大会(その1)

 先日のホールドオンで「東京検定」の問題が出ていました。ここでは、東京オリンピック後にできた山手線の駅は西日暮里というのを取り上げていましたが、それではなくて「□□美江」(都営新宿線の駅名を入れるとNHKアナウンサーの名前)というのを紹介してほしかった。それは美江じゃなくて住吉美紀だから。しかもこの枠をやっていたのに辞めて裏に出てる人だから。

 それでは8月1日の福井大会です。米子から福井への移動は、直線距離は大したことありませんが、交通の便が極めて悪いので、最も大変でした。会場は例によって福井放送の駐車場です。向かいにはエコノミクス甲子園福井大会の会場があります。通常、受け付け時には「ハリウッド」と応援ソングが交互にかかりますが、ここはハリウッドしかかかりません。メイン司会がずっと見えるところに立っています。

 最多枠は藤島です。マキシマムパーパーサムのガチ宣言は、単独ライブのTシャツと帽子をプレゼントというものです。「ファブリーズもしてきました」。ライオンの番組でそれはまずいだろ。相方が即座に「におい消し」と言い換えます。

 この地区の司会は中野アナです。Oha!4に出てると言います。早速○×が出題されます。日本史に関するもので、非常にいい問題です。しかし全チームが同じ答えに行きます。そういえば昨年の福井大会でも、1問目で全チーム正解なのでした。
 ところが今回は、全チーム不正解。せっかくいい問題を作っても、現在の高クイの制度では、考えずに多い方にくっついていくのが確実に有利なので、意味がありません。中野「1回戦の○×クイズで福井県大会終了! 各地区いろいろなところでやってきたが、最短での終了だ」。この後、でかい口をたたく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

32回鳥取島根大会(その7)

 先週、Eテレの「ティーンズプロジェクト フレ☆フレ」に、東大クイズ研が出ていました。この前「なんだ君は!?TV」では、本郷キャンパスと思われ、異常に長い問題ばかりをやっていましたが、今度は駒場キャンパスのようで、問題文の一言目だけで押すというのを繰り返していました。駒場と本郷でやってることが違うのか? 地域のイベントでクイズ大会をどうやるかというアドバイスをしていたのですが、今の東大クイズ研に、アンケートでのランキングのクイズのアドバイスができるのか?

 それでは鳥取島根大会です。鳥取の決勝の10問目は米子西が正解。11問目は四字熟語で米子東の応援団です。12問目は鳥取西の車いすが押して答えられません。13問目、「100に最も近い素数は」で米子東の初めて押すチームが「97」。正解は101でした。14問目の前に米子西がまた押してしまいます。
 14問目は鳥取西の車いすでないほうが正解。15問目、写真集のタイトルで米子東の応援団が前田敦子を正解。AKBで誰が好きかと聞かれて「HKTに行った指原莉乃さんです」。
 16問目もこのチームが正解して王手になります。17問目はエコノミクス甲子園的な問題で米子東のさっき間違えたチームが正解。18問目、「ハレー彗星に名を残す」で米子西が押してエドモンド・ハレーと答えますが、そんな問題の流れにはなりません。「どこの国の人」でした。
 19問目は鳥取西の車いすでないほうが正解。20問目、米子東の応援団が正解して決定しました。「うちの学校は昔優勝しているので」と言います。

 右松アナが問題を読み直しています。島根で出た「試行錯誤」です。しかし3回続けて失敗して、ブーイングが起こります。さらにもう1回失敗したところで、17時の時報で収録がストップします。まさに右松アナが試行錯誤しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

32回鳥取島根大会(その6)

 「世界は言葉でできている」の本が出ているのを見つけました。

 深夜時代のすべての問題が載っていますが、各人の点数が書いてありません。これでは名言超えしたのかわかりません。ところで、ゴールデンの初回は非常に視聴率が低かったようですね。だから10時台にしろと。

 それでは鳥取島根大会です。セミの声がうるさいくらいです。鳥取の決勝。鳥取西の車いすチーム、ここはリーダーではなく車いすの人を中央にしています。車いすの人の趣味は音楽で、レッドツェッペリンを聞くといいます。このチームにも応援団のメンバーがいます。鳥取西の2チーム目は昨年決勝で負けたので、今回は模試で全国ランクに入るメンバーを入れたそうです。最後は米子西。このチームは初出場です。

 1問目、「日吉丸、木下とう」で米子東の応援団が正解。2問目は鳥取西の車いすの人がGreeeenを正解します。音楽問題を狙って出してきたか。3問目、「伊香保や草津」で鳥取西の車いすでない方が押して栃木と答えます。4問目、「電気抵抗を表すギリシャ文字最」で米子東の最多枠が「オーム」と言ってしまいます。ギリシャ文字の最後を答えるのですからオームでは不正解です。
 5問目は漢字で米子東の車いすが正解。ここで列車の通過待ちです。右松「この電車が過ぎたら次の問題まいりましょう。6両編成ぐらいですかね」。ネゴシックス「特急ですわ」。

 6問目、「陸上」だけで米子西が押してしまってもちろん答えられません。7問目、「頂点と対角線の数が同じ」で米子東の最多枠が「三角形」。8問目「ガウディが設計した」で鳥取西の車いすがサグラダファミリアと答えて不正解。都市名を答える問題でした。9問目、「戊辰戦争で会津藩が」で米子東の最多枠が押して五稜郭と答えます。この対戦、終わるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

32回鳥取島根大会(その5)

 りそな銀行の会長が亡くなったそうで、これでエコノミクス甲子園の毎年恒例の問題である、この人はどこの会社から転職したでしょうというのはもう出ません。ところで、エコ甲の予選で私が入れるのが当面ないので、すでに始まっているのかどうかもよく知りません。

 それでは鳥取島根大会です。島根の決勝の6問目は出雲が正解。さらに7問目も連取します。問題のレベルは、それほどものすごく簡単というわけでもありません。昔の高校生クイズなら、どの地区でもこのくらいの問題でした。
 8問目は松江工業が正解。9問目、「都道府県名で最も画数が少ないのは」で松江農林のレスリング部が正解します。さらに10問目も正解。これで3チームが2ポイントで並びます。
 11問目、世界地理の少し難しい問題で出雲が正解。12問目は英語で一転して、誰も答えられないときに決着をつけるために出すような簡単な問題で松江工業が正解します。13問目を出雲が正解して王手です。
 14問目、今回の問題の中では難しい、学校で習わないような知識で、レスリング部が不正解。15問目は松江工業が正解します。応募しただけで決勝に出ている割には、全チームが答えています。
 16問目はレスリング部が正解。17問目、ことわざで「木を見て何を見ず?」というのにレスリング部が「足元」と答えます。18問目の世界史を出雲が正解して決定しました。
 出雲は「東京で何して遊ぼうか考えてます」。松江工業「テレビに出ている人の気持ちがわかりました」。松江農林のレスリング部「柔道の全国大会で東京へ行きます」。

 次は鳥取の決勝です。米子東の最多枠は、昨年も一昨年も決勝で負けたそうです。リーダー以外のメンバーは毎回変えています。米子東の2チーム目は、一昨年決勝で負けて、昨年は決勝に出られなかったそうです。米子東の3チーム目は、リーダーの兄が2年連続決勝で負けたそうです。このチームは応援団です。この後、電車待ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

32回鳥取島根大会(その4)

 先日の「笑ってコラえて!」のイタリア支局閉局2時間スペシャルのビデオを見ました。現地支局員がどれだけ日本に詳しいかというクイズ大会があって、わざわざラルフ鈴木アナが現地に行って司会をしていました。こんなところで問題を読む機会が与えられるとは。しかもスタジオには桝アナがいます。以前から笑ってコラえてで取り上げる外国人は、日本と日本語にやたら詳しい人ばかりで、視聴者のストレスがないようにしています。この発想を利用しているのがフジテレビの「ニッポン大好き外国人No.1決定戦」でしょうか。火曜日の放送では、福澤朗がアメリカに行ってウルトラクイズそのものの収録をしているようです。

 それでは鳥取島根大会です。ペーパークイズの結果発表の13チーム目はブー。14チーム目がピンポン。残りは9チームで枠は1つです。15チーム目、ブー。16チーム目は黒ひげ危機一発をつかんだチームでブー。その後もブーが続いて、21チーム目がピンポン。これで残りの2チームは失格ですが、ゲートに乗るところの収録はします。女子が自分でピンポンと言いながら乗ります。

 島根の決勝です。4チームに右松アナが「この中からマジで東京へ行くからね」。ネゴシックスが「松江農林が2組残ってる。なかなか強いですね」。強いから残ってるんじゃない。
 出雲は野球部ですがサッカースペイン代表のシャツを着ています。そこにクラスメートからの寄せ書きです。つまり代表1チームしか送り込まないということか。松江農林は2チームとも女子です。この2チームを解答席の前に出させてTシャツを映します。一方のチームはリーダーが元レスリング部で、柔道部もいます。松江工業は、「ここまで行けないと思っていた」と言います。ネゴシックスだけでなく、高校生自身も空気を読んで、クイズで勝ち残ってここにいるように装うんですね。

 1問目、ジャガイモの問題で、松江農林のレスリングでない方が正解。農業高校に合わせた問題か? 2問目は出雲が正解します。3問目、「県の鳥はキジ、県の花はモモ」で出雲が押して不正解。正解は岡山ですが、これを昨日ではなく米子で出すのか。
 4問目は芸能問題で松江農林のレスリングでない方が正解。5問目「ひじを英語で何という」で松江工業がレッグと答えます。2日前の関東大会からは想像もつかない光景です。この後、決勝で負けた人ばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

32回鳥取島根大会(その3)

 この前、週刊現代でわざと間違いを入れている記事というのがありましたが、今月のナナマルサンバツは、あるコマに間違いが書いてあります。これって単行本では直るのでしょうか。

 それでは鳥取島根大会です。ペーパー1問目の正解発表ですが、ネゴシックスは島根の八次から米子に通っていたそうです。住みます芸人は鳥取と島根とそれぞれいて、両方ともネタをやります。ここにも八次が出てきます。しかし2人とも非常にネタが短い。続いてネゴシックスのネタです。
 抽選会はまたステージ裏です。ヤングエース抽選券を持ってきた人はいません。抽選券を引くとき、県名を言うのを忘れます。そういえば、このトレーラーを使う予選が複数県大会なのは史上初です。鳥取の81番なんていうチームがいます。応募はそれだけいたのでしょうか。ネゴシックスの賞品は、ライブで作った4コマをまとめた漫画です。

 この地区のブーブーゲートは1チームずつです。ここで右松アナが舞台の裏で、島根は4チームしか来ていないから全チーム決勝進出と言っているのを発見しました。島根4チーム事件が帰ってきてしまいました。昨年は松江で単県開催して、1回戦から敗者を出せるチーム数が来ましたが。
 鳥取の結果発表です。米子東のトップのチームは先頭にいました。1チーム目は女子でブー。2チーム目はピンポン。ここからブーが続いて、7チーム目の「僕たちがここで落ちる確率がゼ~ロ~」と言ったチームがピンポンです。
 またブーが続きます。そして12チーム目、車いすです。今年はどうしてこれだけ車いすのチームがいるのでしょうか。ここがピンポン。車いすチームが決勝に出るのは今年初めてです。この後、みんなで建前の話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

ラジオでウルトラ(その7)

 「MUSIC JAPAN」の前回の放送で、テレビ欄に「AKB48が○×クイズに挑戦」と書いてあって気になっていたのですが、これが本当に視聴者参加クイズでやるような問題で優勝者を決めていたことがわかりました。それでNHKオンデマンドで見ました。アメリカを横断するクイズのテーマ曲が流れます。その番組で出たのと同じ自由の女神の問題も出ていました。さらに、○が青で×が赤という高校生クイズカラーです。非常に珍しい。なお、オンデマンドではじゃんけん大会の映像がグレーで塗りつぶされていました。

 それでは日曜サンデーです。ラジオネーム「バード」という人からの質問です。朝のあの時間帯は何を見ているか。すると福留は、「僕はテレビを見ていません」。テレビはラジオと違って他のことをやりながら見られない。ニュースはNHKしか見ない。「サンデージャポンは時々メンバーにされてるみたいだけど」。各局のカラーがないし、安いタレントを集めて人数で勝負してテーマもない番組ばかりだといいます。

 東京で一番好きな町はという質問には、今住んでる千駄木。住んで30~40年。太田「それで今日、(セーターを)ねじってるんですか」。上京して最初に住んだのは中野区で、その後、笹塚、麹町と移って、年を取ったら物忘れするようになって、先日は左の顔がまひする病気になったという話をします。AKBについてどう思うかというので、運営会社の社長が古くからの知り合いだそうです。なぜAKBが48かというのは、その社長の名前からとっているらしい。
 次に「メイドを雇うならどんな人」。すると、もてたことがない、遊んだ時期はあまりないと言います。「ずっと仕事で、マグロと同じで止まったら死ぬ。ようやく時間ができるようになって、昨日は往復7キロ歩いた」。

 田中が、福留は巨人ファンじゃないという説があると言うと、その通りだとあっさり認めます。ズームインやブロードキャスターで巨人びいきだったのは演技だったわけです。「他人のスポーツに興味ない。入団前から水野など選手個人を知ってて、そのつきあいが続いて応援してた。日テレに入ったころには何の関心もない」。
 最後に「サンジャポ、まだやってるのかよ。光代さんによろしく」で終わります。

 そういえば、前の週の予告で、江藤アナが「ゲストは、みんな大好き福留功男さん」と言うと太田が「みんな大好きじゃないという説がありますが」と言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

32回鳥取島根大会(その2)

 「快脳!マジかるハテナ」の第2回は、パイロット版と第1回に比べて内容が劇的に改善していました。つまらない企画をちゃんとリストラして、得点経過をきっちり見せることで、マジカル頭脳パワー!!の最盛期に近くなっていました。しかしすでに逃げた客は戻ってくるでしょうか。

 それでは鳥取島根大会です。○×の正解は15チームぐらいです。ネゴシックスが敗者復活を要求します。ここでやるゲームは、黒ひげ危機一発です。右松アナとネゴシックスが対戦して、右松アナが黒ひげを飛ばせば敗者復活を認めます。しかし、ネゴシックスが黒ひげを飛ばしてもそれを高校生の代表がキャッチできれば敗者復活を認めるというものです。「ドレミファドン!」みたいです。それにしても今ごろになって新ゲームが出てくるとは。
 右松アナが先攻です。ネゴシックスが8本目で飛ばして、それを高校生がつかみます。

 この地区の敗者復活戦は普通の札上げ三択です。変わった企画をやっても後の方の予選になるとただの三択になるのは通例です。1問目、東京オリンピックの問題です。正解が最も少ない。続行です。
 2問目は選択肢を1つずつ発表するのを前提にした問題だと思われます。3つが同じ種類のもので、3番がオチになっています。それでも3と答えたチームがいます。不正解は2チームだけで終了です。敗者になったのはともに鳥取でした。ここに島根がいたら続行になったのでしょうか。

 ペーパークイズはステージの裏の日陰で行います。昨日の岡山に続いて、収録中に特急やくもが通過する音がやたら聞こえる会場です。ネゴシックス問題で、出身が米子商であることがわかります。この後、裏で衝撃の発表。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »