« 32回関東大会(その8) | トップページ | 32回関東大会(その10) »

2012年10月10日 (水)

32回関東大会(その9)

 知りませんでしたが、先週の「マツコの知らない世界SP」は視聴率が高かったそうですね。深夜のレギュラー放送とまったく何も変えていなかったので、ものすごく低コストでできたのではないでしょうか。「DEKITA!」の何分の1の予算でしょうか。「アウト×デラックス」にしてもそうですが、その道を究めたマニアは数字を持っているということでしょうか。まだクイズマニアは出ていません。私は道を究めたマニアですが、その対象がTBS向きではありません。

 それでは関東大会です。茨城の決勝。水城、水戸第一の2チーム、土浦第一の2チームです。水戸も土浦も一方は男女混成です。水戸第一の混成のリーダーは女子で、昨年は決勝で負けたそうです。土浦第一の混成は敗者復活です。マイクのチェックでしばらく収録が止まります。

 1問目、今年なでしこジャパンのキャプテンになった選手です。水戸第一と土浦第一の男子チームが不正解です。2問目、3つのサイコロを振ってすべて同じ目が出る確率で、水城だけが216分の1と答えて不正解。3問目、現代史の問題で、水戸第一の2チームが正解。

 4問目、「衆議院式、参議」で土浦第一の男子が正解。5問目、「およそ10年周期で起こる」という完全なエコノミクス甲子園問題で水戸第一の男子が正解。6問目、生物の問題で土浦第一の男子が正解します。
 7問目、「演劇や音楽会の昼の興行」というスーパーアクセント問題で土浦第一の男子がソワレを正解。8問目も連取して独走態勢です。
 9問目、海外文学の問題で水戸第一の混成が初めて正解。すると10問目のエコノミクス甲子園問題も連取します。これで2チームが5ポイントです。
 11問目、「東京と青森を結ぶ日本」で水戸第一の男子が4号線を正解。12問目、「医者は探りを入れ」で水戸第一の混成が明暗を正解して逆転で王手です。
 13問目、土浦第一の5ポイントが押して答えられません。そして14問目「小説『戦争と平和』を書い」で水戸第一の王手がグロチウスを正解して決定です。土浦第一の混成は「水戸第一は思ったほどではないので」と言い、水戸第一の男子は「点数が土浦一高に負けてしまったので」と言います。この後、全国レベル。

|

« 32回関東大会(その8) | トップページ | 32回関東大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55862454

この記事へのトラックバック一覧です: 32回関東大会(その9):

« 32回関東大会(その8) | トップページ | 32回関東大会(その10) »