« 32回関東大会(その11) | トップページ | 32回関東大会(その13) »

2012年10月13日 (土)

32回関東大会(その12)

 関西テレビで月曜19時に「頭脳回転ずしQ兵衛」というクイズが始まります。2月に書いた、

――――(ここから)――――

 昨夜、関西テレビで「雑学クイズバラエティ 廻れ!くくり寿司」というのをやっていました。セットなしでCGに出演者の顔を合成するだけの超低予算ですが、問題はしっかりしていました。回転寿司の形でヒントが流れてくるというのは同じで、共通点を当てる問題、仲間はずれを当てる問題、何を作っているのでしょう問題などいろいろなパターンが出ます。中田敦彦が答えの解説を先に言ってしまうと、太田真一郎がVTRのその部分に対応するナレーションを読まないという演出がおもしろかった。レギュラー化は可能かもしれません。

――――(ここまで)――――

 これをやるようです。ただ、聞いた話では3カ月限定らしい。それにしてもまたあの高校生クイズ関係者が関西ローカルの仕事を。

 それでは関東大会です。神奈川の決勝の24問目。「花の命は短く」で横須賀が林芙美子を正解。問題がストレートになってきました。これで横須賀も王手です。「ダブル王手かつダブル失格にも王手」。25問目、「厳粛な正統派のイタリアオペラをオペ」で慶應義塾の王手が押して決定です。これもクイズマニアしか相手にしていないとわかるような問題です。慶応のもう1チームは昨年も決勝で負けたそうです。

 ここから照明がつきます。そして東京の決勝です。なぜか埼玉が飛ばされました。おそらく応援パーソナリティがもう帰るので、全国優勝チームが出るのが確実な東京の決勝で、驚きのコメントをしてもらわないといけないからでしょう。
 開成の昨年全国優勝チームと、WQCなどで見た人がいる2年生チーム。早稲田は2チームとも2年生です。そして立川です。

 1問目、バビロニア神話の創世記を綴った叙事詩の名前という問題です。現在のクイズマニアコミュニティって、神話とか叙事詩とかオペラが大好きですね。こういう知識は高尚なものとして出題価値があるという、中世ヨーロッパ貴族の発想なのです。で、全チーム不正解です。
 2問目、日本初の女性代議士の一人である人物の名前ですが、全チーム不正解。出題側が完全に、解答者のレベルを見誤っています。東京だとこのくらいだろうということで難しくし過ぎているのです。
 桝アナが3問目を忘れて早押しに行こうとします。笑点の大喜利で司会者が3問目を出すのを忘れると交代間近というのを思い出しました。3問目の正解はエビングハウス錯視。これは前2問に比べるとクイズベタに近いので、開成の両チームと早稲田の1チームが正解します。この後、想像通りの展開。

|

« 32回関東大会(その11) | トップページ | 32回関東大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55882499

この記事へのトラックバック一覧です: 32回関東大会(その12):

« 32回関東大会(その11) | トップページ | 32回関東大会(その13) »