« 32回関東大会(その2) | トップページ | 32回関東大会(その4) »

2012年10月 4日 (木)

32回関東大会(その3)

 最近まで気づいていませんでしたが、「スマートモンキーズ」で画面の右上に、誰が正解したか表示されるようになっていますが、男性は青、女性は赤の字で書かれています。で、ブルボンヌだけちゃんと紫になっているんですね。

 それでは関東大会です。○×クイズの正解発表は紙テープです。圧倒的に少ない方が正解です。関東だけは、ほとんどのチームにペーパークイズを受けさせるほど参加者が少ないわけではないので、○×は多数が間違える問題を出して調整しなければならないのです。

 体験イベントに参加する一般客は、高校生クイズステッカーを張ってもらっています。それなら参加すればよかった。ただし通常使っているのよりサイズが小さい。

 正解したのは百数十チームぐらいでしょうか。渡り廊下走り隊7が敗者復活を要求します。これに応援パーソナリティが加わって、全員で土下座します。
 敗者復活を決めるゲームは、大きな玉をスラローム走行で転がしながら往復するというものです。1分で2週できたら敗者復活決定です。1週目は渡り廊下走り隊の4人、2週目は渡辺麻友が加わります。渡辺がこのゲームをやるのか。応援パーソナリティがわざと下手にやって、ギリギリで成功します。

 ここまででちょうど1時間です。体験ブースの早押しが始まります。渡り廊下走り隊のボールとクリアファイルの交換もこの時間にやります。休憩時間にも応援ソングがかかっています。体験ブースは3問正解したら抜けてライオン製品がもらえます。3問正解するまでずっと早押しができます。「なぜ山」などのベタ問を出しています。この後、わかった。

|

« 32回関東大会(その2) | トップページ | 32回関東大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55813921

この記事へのトラックバック一覧です: 32回関東大会(その3):

« 32回関東大会(その2) | トップページ | 32回関東大会(その4) »