« 32回高知大会(その5) | トップページ | 32回徳島大会(その2) »

2012年9月27日 (木)

32回徳島大会(その1)

 京浜急行の土砂崩れのニュースで、以前「ほこ×たて」のマニアクイズに出ていた広報関係者が映っていたようですね。それが本来の仕事か。

 それでは7月28日の徳島大会です。地区大会の会場は行きやすいところと行きにくいところが極端ですが、ここは大分と並んで市街地から非常に遠い。高徳線の板野駅からバスであすたむらんど徳島に向かうことにします。
 山中にあるテーマパークのような場所ですが、学習目的の施設です。昔の高校生クイズならいろいろな企画ができそうです。ただトレーラーを運んでくるのはもったいない。

 こりゃめでてーなが最多枠の徳島北を表彰します。呼ばれた女子に「彼氏いるの。男が来たら○か×で判断していいからね」。この場でものまねをして、「後のネタが1つなくなった」。
 この予選に登場したのは右松アナでした。28回以来の復活です。現在、NEWS ZEROのフィールドキャスターをやっていて、去年は3カ国1都2府28県に行って、年間の半分は地方出張。4歳の娘は「パパ」という人がたまに家にいるとしか思っていないそうです。しかし徳島に来たのは初めてということです。「徳島駅降りれば目の前にそごう、アミコ。安定感抜群ですね」。

 3回目の出場というチームと言うと、3チームぐらい手を上げます。この地区にも馬のマスクのチームがいます。右松アナが「その格好で電車乗ってきたの? あ、電車ないんだ」。全国で徳島だけが鉄道の電化率0%であることを知っているとは、マニアか。この後、格の違い。

|

« 32回高知大会(その5) | トップページ | 32回徳島大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55757720

この記事へのトラックバック一覧です: 32回徳島大会(その1):

« 32回高知大会(その5) | トップページ | 32回徳島大会(その2) »