« 32回徳島大会(その2) | トップページ | 32回徳島大会(その4) »

2012年9月29日 (土)

32回徳島大会(その3)

 「アメトーーーーーーク」の「勉強大好き芸人」は、非常に理にかなった受験対策を言っていて、もはやお笑い番組ではないようでしたが、途中、中田敦彦の描いた歴史上の人物の顔が誰か当てるというので、当たると鳴る「ピンポンピンポン」が高校生クイズの音です。受験の頂点を象徴する音は高校生クイズなのか。

 それでは徳島大会です。ペーパークイズをやるために屋根のあるところへ移動するのですが、説明が終わると結局、舞台前に戻ることになります。
 終わると住みます芸人のライブです。「ドラえもんでなくて飯泉嘉門」って、客が全員徳島だからできるネタです。さらに「名探偵アナン。ひらめいた。ピカンピカンピカン。日亜化学の提供でお送りします」「エ板東ゲリオン」「ちゃんとせえや。誰がチャットモンチーや」と、徹底的に徳島です。続いてこりゃめでてーなのライブ。漫才の後、ラップがあります。

 抽選会は屋根のあるところです。ヤングエース抽選券を持ってきた人がいます。最初に当たった人がナナマルサンバツを指定します。2人目も同じチームです。さらに3人目も同じチーム。この抽選はチームで複数冊買って応募するのは自由です。このチームが3枚応募した以外は応募チームがいなかったということです。事情を知らない人から、どうなってるんだという声が上がります。
 Jリーググッズはヴォルティスのタオルになっています。スタッフTシャツが出ると急に盛り上がります。こりゃめでてーなの賞品はラップのDJをやったCDです。最後に全員で写真を撮ります。これは初めての企画です。

 ペーパークイズの結果発表です。右松アナは、私の手元には決勝進出チームの情報が来ていると言います。他の司会が知らないふりをするのと違います。この後、お恥ずかしい姿を。

|

« 32回徳島大会(その2) | トップページ | 32回徳島大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55774830

この記事へのトラックバック一覧です: 32回徳島大会(その3):

« 32回徳島大会(その2) | トップページ | 32回徳島大会(その4) »