« クイズから考える(その3) | トップページ | クイズ番組の歴史(その5) »

2012年9月18日 (火)

32回高知大会(その2)

 NHKに明石家さんまは出ないと書いたら、昨日関西ローカルで桂文枝襲名特番をやっていて、明石家さんまが出ていました。しかもこれはBSでやったのの再放送ですから、とっくに出ていたことになります。なお、関西ではこの番組を放送した玉突きの玉突きの玉突きで、「探検バクモン」が放送休止になっていました。

 それでは高知大会です。○×クイズで正解したのは3チームだけ。ここ数年の高校生クイズでは、正解すると湘南乃風の曲がかかってタオルを回すことになっているのですが、3チームがあまりに喜びすぎて、辻岡アナがタオルを回せと言っているのをまったく聞いていません。先ほど表彰されたチームも勝ちました。
 バッドボーイズが「ちょっと、ちょっとちょっと」と来ます。敗者復活要求のゲームはバスケットボールです。フリースローを2人合わせて5球やって1球でも入れば敗者復活です。ゴールの真下に行って入れようとします。3球目がかなり惜しかったが、結局5球で入らず。そしたらあと3球やることになって、今度は一発で入りました。

 休憩中に三択の看板を準備しません。ということはこの地区もただの札を上げる三択か。1問目、日本地理の問題で、一つの答えが圧倒的に多いが、正解は4チームしかいません。当然、続行です。2問目はローラについての問題。敗者復活戦の最後を芸能にするケースが多い。圧倒的多数が正解で、間違えたのは5チームです。これで終了になりました。

 ペーパークイズは、最初から舞台前を使わず木陰に移って収録します。辻岡アナはビールケースの上に立っています。初めて応援パーソナリティ問題の看板を直に見られます。これまでの予選では我々は近寄れないようになっていました。この後、脱臼。

|

« クイズから考える(その3) | トップページ | クイズ番組の歴史(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55687024

この記事へのトラックバック一覧です: 32回高知大会(その2):

« クイズから考える(その3) | トップページ | クイズ番組の歴史(その5) »