« クイズから考える(その4) | トップページ | クイズ番組の歴史(その6) »

2012年9月21日 (金)

32回高知大会(その3)

 先週土曜日にTBSで「THEプレッシャー」という番組をやっていました。よくある芸能人ゲーム的な番組かと思いましたが、1時間かけて1つのことをやるだけ。プロの料理人が卵を割るというだけなのです。それを、立派な舞台でやったりブラスバンドが出てきたり関係者からの応援メッセージがあったり敗者は海外で罰ゲームがあったりと、徹底的にプレッシャーのかかる演出をするといかに失敗するかというのを見せるのです。これはこれで番組としてよくできていると思いました。おもしろかったのは、最後に「使った卵はスタッフがおいしくいただきました」という文字が出て、スタッフが総出で卵を食べている映像が流れるのです。本当にスタッフが食べているところを見せる番組は初めてだと思います。

 それでは高知大会です。住みます芸人のライブでは、ディアボロをやります。辻岡アナも観客と一緒に見ています。続いてバッドボーイズのライブ。「ダウンタウンDXで見た方」と言って、高校生が手を上げると、「ダウンタウンDXには出ていない」。あと、よく聞こえなかったけど酒井法子ネタをやったようでした。
 また木陰に戻って抽選会です。ヤングエースの抽選券を持ってきた人がいます。これだけしか参加していない予選で。この人はナナマルサンバツを選んで、残りの賞品は通常抽選になりました。バッドボーイズはサイン色紙と帽子と提供します。最後に高校生全員と握手です。

 ペーパークイズの結果発表、この地区は1チームずつのブーブーゲートです。高知小津のトップのチームを発表すると、名乗り出たチームが複数います。しかし高校生側の勘違いでした。
 1チーム目は昨年代表です。ピンポンです。2チーム目はキレイキレイが当たっています。ブーです。3チーム目、4チーム目ブーで、バッドボーイズグッズが当たった5チーム目がピンポン。
 また3チームブーで、9チーム目、脱臼したメンバーがいます。ピンポンです。この後ブーが続いて、14チーム目がピンポン。さらにブーが続いて、19チーム目がピンポン。これで20チーム目は失格です。

 決勝です。高知小津の最多枠は1年生。土佐塾は昨年代表で、リーダーはモスという外国人です。バッドボーイズが「ということはモスバーガーを経営している」。腕をつっているのは安芸です。弓道部だがバレーボールで脱臼したそうです。この後、今日集めたメンバー。

|

« クイズから考える(その4) | トップページ | クイズ番組の歴史(その6) »

コメント

 TBSは、1990年代にも上岡龍太郎司会の特番でプレッシャーをかけた状態でチャレンジを行って成功するか見守るバラエティ番組を放送していました。タイトルは「上岡龍太郎の心臓爆発特番プレッシャー!」だったかと思います。

投稿: にっしー | 2012年9月22日 (土) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55710209

この記事へのトラックバック一覧です: 32回高知大会(その3):

« クイズから考える(その4) | トップページ | クイズ番組の歴史(その6) »