« 親に向けた地区大会番組(その5) | トップページ | クイズ番組の歴史(その2) »

2012年9月 9日 (日)

高クイとエコ甲の裏

 東大寺学園の文化祭に行ってきました。クイズ研の早押し機のボタン押し音が高校生クイズに近い。それにしても、この機械をクイズコミュニティのコネがないと入手できないというのが、一般人がクイズにアクセスできない現状を表しています。

 今年も部誌が配布されています。自作問題の他にオープン大会の参戦記が2本、そして高校生クイズとエコノミクス甲子園があります。29回のラ・サールの人が高校生クイズのアルバイトをしているそうで、「おっ、にっくき東大寺じゃん」と言われたそうです。
 1回戦の10問終了時で東大寺学園がトップだったということも知りました。最終的に番組側がプッシュしない学校だと放送しないということですね。1回戦のリハーサル問題は、司会者が映って、この人の名前を漢字で書けというものだったそうですが、かなりのチームが名字を間違えたらしい。実はこの冊子でも、司会者の名字が全部間違っています。というか、これだけ名字を間違えられているテレビ出演者も珍しいのではないかと思います。クイズ関係者の文章でも軒並み、桝アナのことを枡と書いています。
 高校生クイズについては、宿での話の方が長い。それについては特に書きません。

 そして関係者の方ですか、関係者の方ですか、第6回エコノミクス甲子園全国大会ですが、主催者側が非公開にしていたクイズの内容がわかりました。第1ラウンドは「クイズ・銀行員さんに聞きました」。地銀関係者15人が2択のアンケート問題に答えて、どちらの答えが多いかを当てるというものです。1問5点で10問です。筆記クイズは50分で4択25問、用語を答えるのが15問、論述が5問です。4択と用語は正解で2ポイント。4択の不正解はマイナス1ポイントです。そして論述は1問につき4点満点です。

 なお、文化祭は9日もやります。私は行けませんが、後夜祭の、○×クイズで生き残った人が問題を作るという企画が気になっているのですが。

|

« 親に向けた地区大会番組(その5) | トップページ | クイズ番組の歴史(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55609579

この記事へのトラックバック一覧です: 高クイとエコ甲の裏:

« 親に向けた地区大会番組(その5) | トップページ | クイズ番組の歴史(その2) »