« 32回宮崎大会(その2) | トップページ | 32回宮崎大会(その4) »

2012年8月15日 (水)

32回宮崎大会(その3)

 本日の毎日新聞(大阪本社)朝刊の「雑記帳」は、富山県入善町のゆるキャラの異常に長い名前が決まったというものです。しかし昼のホールドオンで、この名前が出題されていました。つまり今日決まったかのように見せかけて実はずっと前のニュースなのです。どの新聞でも社会面のあの位置はこのパターンがあります。あと、ホールドオンで大和郡山市の記憶力選手権の問題が出ていましたが、その後に高校野球中止で放送された番組は、世界記憶力選手権でしたね。

 それでは宮崎大会です。ペーパークイズの結果発表。宮崎第一の1位は男女混成です。1列目、例によって全部女子でブー。2列目はファンファーレ。また宮崎第一の混成です。3列目もファンファーレ。宮崎日大です。4列目はブー。最初は全部の敗者とハイタッチしていた藤田アナがやらなくなります。すでに16時半ごろで、時間が厳しくなってきたか。
 5列目がブー、6列目がブー。7列目がファンファーレで宮崎大宮です。8列目、9列目がブーで10列目がファンファーレ。宮崎第一です。
 11列目がファンファーレで、12列目の失格が確定です。宮崎西が決勝進出。12列目は負けが決まっているのにブーブーゲートに乗って、わざとずっこけます。今年はスタッフが高校生に対して、結果がわかっていてもリアクションをとれとやたら言います。

 マッポスの方に集まっている高校生もいます。決勝を前にマイクテストをすると言うと、いきなり宮崎大宮の早押しスイッチが入ります。ここも押し込みをやっているのか。
 宮崎第一の最多枠は男女混成です。リーダーは放送部の全国大会に出ずにこちらに来たそうです。するとメンバーの女子が「早く決めないので、どちらの部にも迷惑をかけていた」。宮崎第一にはもう一つ混成がいます。3日前から合宿して9時間半の強化練習をしたそうです。このチームは去年決勝で負けました。さらに宮崎第一はもう1チーム。3年生にして初めて決勝にきました。「クイズの練習量では負けてるけど人生経験では勝ってる」。
 宮崎日大は2年生です。インタビューが短い。宮崎大宮もリーダーが放送部です。昨年全国大会に行った学校です。宮崎西はリーダーがはちまきをしていてうるさい感じです。去年は決勝で1問も答えられなかったそうです。宮崎第一の男子チームのリーダーがガリットチュウに似ているという話になります。この後、振り出しに戻る。

|

« 32回宮崎大会(その2) | トップページ | 32回宮崎大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55425744

この記事へのトラックバック一覧です: 32回宮崎大会(その3):

« 32回宮崎大会(その2) | トップページ | 32回宮崎大会(その4) »