« 32回長崎大会(その5) | トップページ | 32回鹿児島大会(その2) »

2012年8月 8日 (水)

32回鹿児島大会(その1)

 先日の「ブレインワールドカップ」で、「ナナマルサンバツ」でクイズベタとして取り上げられているものが出題されていましたが、あれは出題者が意識しているのでしょうか。他の国でもあの事物はクイズベタなのでしょうか。

 それでは7月23日の鹿児島大会です。また初めて高校生クイズが収録される県です。会場は鹿児島中央公園。天文館に近い町の真ん中で、よくこんなところが借りられたというような場所です。
 応援パーソナリティはトレンディエンジェルです。知りません。応援パーソナリティの中に何組か知らない人がいるのですが、どういう基準で選ばれているのでしょうか。2人とも髪が薄いというのが売りの芸人だとわかります。最多チーム参加校は鳳凰です。呼ばれたのが変な人で、トレンディエンジェルの頭を勝手に触ったりします。

 藤田アナの声の枯れがちょっと戻っています。昨年熊本でやったのとは比べ物にならない参加者数です。2回目以上の参加というチームもいくらかいます。1回戦で勝つともらえるバッジの話で「鈴木奈々ちゃんが興味ない人」と言うと結構手を上げます。

 ○×の問題は科学ですが、雑学本などにも載っている割と有名な話で、中途半端な知識だと間違えるというパターンです。なんと正解側に1チームしかいません。私は行っていませんが、福岡佐賀大会でもまったく同じパターンの問題が出て、全チーム不正解だったそうです。まさに、今のクイズ研究会などが早押しばかりやって他のクイズに一切目を向けていないことがわかります。
 正解チームのリーダーが藤田アナを抱き上げます。どこかで見たことのある人が歩いていると思ってよく考えたら、先日のホールドオンに出ていたのでした。鹿児島からは有名クイズマニアがすでに2人ほど出場していますね。この後、クイズ研残し問題。

|

« 32回長崎大会(その5) | トップページ | 32回鹿児島大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55375568

この記事へのトラックバック一覧です: 32回鹿児島大会(その1):

« 32回長崎大会(その5) | トップページ | 32回鹿児島大会(その2) »