« 32回愛媛大会(その2) | トップページ | 32回愛媛大会(その3) »

2012年8月27日 (月)

親に向けた地区大会番組(その2)

 再び「汐博」に行って、高校生クイズの代表校が掲示されているか見たところ、全部の都道府県代表がそろっていました。ところで、他の回ではインターネット大会の代表を掲示するスペースがあったこともありますが、今回はありません。そしたら別のところに、自意識過剰なレストランの表に出しているのと同じ黒板があって、インターネット代表が掲示されていました。

 それでは関東大会の番組です。番組開始から16分で神奈川の決勝です。問題文は読まれたところまで緑になります。昔は、途中で押された問題でも最初から画面に文章が全部出ていましたけどね。神奈川は大半の問題を放送します。そして6対6になったところでCMです。「この後、開成登場」。
 全国大会出場が決まったときの音楽は福澤時代からのものです。ここだけだと昔の高校生クイズっぽい。群馬、栃木、埼玉、千葉は勝ち抜け映像のみです。
 埼玉の決勝は早押しの後半からです。最多枠テーブルの説明はありません。そして東京の決勝。収録はこちらが先だったので、真っ暗だった空がまた明るくなります。この決勝の途中で「ご覧のスポンサーでお送りしました」が出ます。6対6になったところでまたCMです。「この後はいよいよ全国大会」。

 東京の決着がついて、開始41分から全国大会です。映るのは開成・灘・ラ・サールとインターネット大会の女子2チームです。この番組で大きく取り上げるのは、東京の高校生の親が関心を持つ学校です。
 ちょっと映った茂木健一郎の肩書きがメインパーソナリティになっています。体操男子日本代表からの問題が出ます。オリンピックに関するもので、全国大会の対策を立てている学校には十分予想できるネタです。このシンキングタイム中に全代表校の一覧が出るのですが、その特徴は「私立」を赤、「公立」を青で、最も目立つように表記していることです。番組が見せたいのは全国大会出場校が私立か公立かだけなのです。今年の全国放送は私立が勝つか公立が勝つかで最後まで押し通すと思います。親の学校選びの基準にするためだと思われます。
 問題の正解は全国放送を見ろとのこと。28チーム正解だったそうですが、その画面にもボカシがかかっています。

 ここで注目校として、開成・灘・ラ・サール・横浜雙葉・札幌南・船橋・宇都宮・浦和第一女子が映ります。関東だけで知られている進学校が取り上げられて、それ以外の地域で有名な進学校は無視されるのは毎回のことです。この後、パターンが見える。

|

« 32回愛媛大会(その2) | トップページ | 32回愛媛大会(その3) »

コメント

札幌南はホントに全国に知られた進学校なのか(自虐)

投稿: jso | 2012年8月27日 (月) 19時07分

インターネット予選では5校とも関東になると予想したが、まさかの西大和高校と関西高校という関東にとっては無名校が2つも入ったわけで。

この事態に対する担当者の率直な感想を日本テレビに聞いてみたい。

灘・北野・(野球で有名な)智弁和歌山以外の近畿の高校は関東には無名なのに。どうして絶対にばれない情報操作をしなかったのか。必ず関東だけが勝ち残れる、「見かけ上」公平な方法を見つけ出さないと。

投稿: ぽぽ | 2012年8月28日 (火) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55516420

この記事へのトラックバック一覧です: 親に向けた地区大会番組(その2):

« 32回愛媛大会(その2) | トップページ | 32回愛媛大会(その3) »