« 32回宮崎大会(その1) | トップページ | 32回宮崎大会(その3) »

2012年8月14日 (火)

32回宮崎大会(その2)

 昨日のラジオ日本の「鉄道くらぶ」、ゲストが日本テレビの藤田アナだということを終わってから知りました。この番組のパーソナリティが高校生クイズの元構成作家であることを、藤田アナは知っているのだろうか。

 それでは宮崎大会です。敗者復活をやるかのゲームは地団駄です。1分間で200回ですが、3秒前にクリアします。敗者復活戦をやるためにスタッフが「間違え続けている方々」と言って敗者を呼びますが、1問しか間違えていないのだが。
 三択の1問目、世界地理で完全な知識問題です。1チームと2チームと3チームに分かれて3チームが正解。すると藤田アナが普通に敗者インタビューをします。最初から敗者復活戦が1問だったことにして、2問目をやるかどうかという判定自体がないのです。開始を遅くした分、進行を早めているのでしょうか。敗者はすべて女子です。

 ペーパークイズは、FM宮崎の隣のsports studioという体育館の中でやります。今年はペーパークイズだけ日差しを避けて別の場所を用意することが多い。マッポスはペーパークイズはやっていません。
 この後のライブは必ず屋外の舞台に戻ってきます。住みます芸人のネタは、高校生の世代にはわからないでしょう。ガリットチュウは舞台から降りて観客の母親に向かって、さかなクンのものまねをやります。

 抽選会は再び体育館の中に移動です。ヤングエースの抽選券を持ってきたのは1人で、ナナマルサンバツを選びます。残りは一般抽選になりますが、図書カードが馬のマスクのチームに当たります。最後にガリットチュウの品物のジャンケンで、せんとくんのコスプレで登場します。この後、また押す。

|

« 32回宮崎大会(その1) | トップページ | 32回宮崎大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55418446

この記事へのトラックバック一覧です: 32回宮崎大会(その2):

« 32回宮崎大会(その1) | トップページ | 32回宮崎大会(その3) »