« 親に向けた地区大会番組(その2) | トップページ | 親に向けた地区大会番組(その3) »

2012年8月28日 (火)

32回愛媛大会(その3)

 BSスカパー!での高クイ地区大会の放送は、体験視聴を申し込まなくても見られるし録画もできるからいいですね。チューナーによっては画面に契約しろという文字が出ますが、録画には反映されないようです。大分で「同じ列に決勝進出チームが複数あるのは初めて」と書きましたが、福岡佐賀では同じ列に2チームどころか3チームいる場合もあったことがわかりました。あと、蟹工船の2問から派生したと思われる「プロレタリア文学」の問題とか、各地で出た「5の階乗はいくつ?」などのもとになる、階乗自体を問う問題が出ていたことがわかりました。あと、長崎で藤田アナがアクセントを間違えて録音し直した問題がありましたが、放送を見たら間違えた音声をそのまま使っていました。福岡放送は、よその担当の予選だからちゃんとやっていないのか。

 それでは愛媛大会です。三択のルール説明を、なぜかスタッフがやっています。辻岡アナが絶不調だからでしょうか。仕切るためのバルーンがなくなっています。
 1問目、文学の問題で、選択肢が非常にわかりやすい。ほとんどが正解で、他の選択肢は2チームと3チームです。辻岡アナが残念ながらと言ったところで警告音が鳴ります。「まだ敗者復活枠があるということです」。この時点では敗者復活枠があるかどうかは発表されていません。また重要なところで辻岡アナが言い間違えました。
 続行になるのはわかりきっています。2問目、アメリカ大統領選の問題で、普段からニュースに接していれば簡単です。しかし正解は1チーム。これで終了になりました。さっき○×クイズで正解したはずなのに敗者になったチームは残ったでしょうか。

 空には雲一つありません。今年の地区大会は過去にないくらい晴天ばかりです。ほとんどの地区大会が雨という回もあるのに。第8回は夏の大会なのにスタッフジャンパーを作ったら、冷夏と大雨続きでジャンパーが大活躍でした。
 ペーパークイズの説明が終わったところで、涼しい場所に移動するということで、愛媛県美術館の講堂に入っていきます。こんなところでペーパークイズをやるって、草クイズ大会みたいです。

 外に戻って、ペーパー1問目の正解発表と、住みます芸人のライブ。あるある系でワイルドだぜぇと同じ系統です。続いてアームストロングのライブです。抽選会はこの地区も、ヤングエースの抽選券を持ってきた人がいませんでした。賞品が当たったチームはいちいちテレビカメラに見せなければいけません。アームストロングが出すのは、パチンコで勝って取った時計とライブのDVDです。
 アームストロングがお題をもらって何かギャグを言うというので「プロレタリア文学」。しかしアームストロングはプロレタリア文学自体を知らないようです。今年の高クイでは北海道でも福岡佐賀でも大分でも出題されているのに。この後、親子2代。

|

« 親に向けた地区大会番組(その2) | トップページ | 親に向けた地区大会番組(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55527259

この記事へのトラックバック一覧です: 32回愛媛大会(その3):

« 親に向けた地区大会番組(その2) | トップページ | 親に向けた地区大会番組(その3) »