« 32回宮崎大会(その5) | トップページ | 32回大分大会(その1) »

2012年8月18日 (土)

32回宮崎大会(その6)

 7月初めに次のようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 行列の後にやっていた「ブラックバラエティ」では、野球の非常に複雑なルールに関するクイズをやっていました。知らない人は周りの人に聞けといった文字がたびたび出るのですが、野球に相当詳しい人でもついていけないような内容だったと思います。よく番組の企画として成立したものです。しかしこの話は「ドカベン」で実際に描かれた場面そのもので、ドカベンの文庫本の解説も書いている伊集院光が知らないはずはないと思います。それを知らないふりをして、別の論理を持ち出しながら一緒に考えるのは大変だろうと思いました。

――――(ここまで)――――

 先日の甲子園大会で、実際にこの場面が発生しましたね。しかもランナーはドカベンを読んでこのルールを知っていたそうです。そういう意味ではブラックバラエティの企画は絶妙のタイミングでした。

 それでは宮崎大会です。私は決勝を見ながら、舞台の前から次第に離れていっています。駐車場を抜けて、放送局の敷地を出て、外の塀越しに聞いています。

 24問目、算数の問題で宮崎西が不正解。25問目、スポーツの問題で私は聞いたことがありませんでしたが宮崎大宮が正解します。26問目、「テキサスレンジャーズで」で宮崎第一の混成が押してダルビッシュ有と答えて不正解。この書き出しでそんな単純なことを聞いたらおかしいだろ。背番号を聞く問題でした。

 27問目、簡単な問題で宮崎第一の最多枠が4度目の王手です。ここから国語の問題ばかりになります。早く終わらせる態勢になってきたか。28問目、問題自体は簡単ですが、宮崎西があの段階で押して正解できるのはすごい。29問目は宮崎大宮が正解。
 30問目「日本の総理大臣で康夫、赳夫といえば」で宮崎第一の混成が押します。スーパーアクセント押しなのはわかっているものの、この段階では思いつけません。鳩山と答えて不正解です。これでマイナス1ポイントになりました。

 31問目、宮崎大宮が早い段階で押して正解します。実際の問題文はそんなに単純ではなかったのですが、もはや30問を超えた時点では答えが簡単になるので、たまたま当たりました。これで宮崎大宮がついに王手で並びました。
 32問目、非常に簡単な問題を最多枠が押して、結局ここが決定です。私は宮崎神宮駅へ全力で走ります。放送局通りという道を東へ向かっていくと、NHKもこの通りに面していることがわかります。このとき痛めた左足の痛みが引くまでに3週間ぐらいかかりました。

|

« 32回宮崎大会(その5) | トップページ | 32回大分大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55447572

この記事へのトラックバック一覧です: 32回宮崎大会(その6):

« 32回宮崎大会(その5) | トップページ | 32回大分大会(その1) »