« 32回長崎大会(その2) | トップページ | 32回長崎大会(その4) »

2012年8月 5日 (日)

32回長崎大会(その3)

 先日、長野に行く用事があって、ようやく書店で「日本2.0 思想地図β」の3号を発見しました。

 日本のクイズ番組についての論文が載っています。ワールドクイズクラシックの視聴率が非常に低かったのは当然の帰結であるというようなことも書いてあります。しかしこの論文のためだけにこの本を買うのは大変です。本体価格が3200円です。他の号はもっと薄くて安いのに。私は手持ちの金がなくて買えませんでした。

 それでは長崎大会です。ペーパークイズの説明で、問題用紙に計算などを書き込んでいいというのは初めて聞きました。ここはペーパークイズ中に応援ソングと「ハリウッド」が交互にかかります。
 終わって、住みます芸人のライブです。期間限定で平戸城に住んでいるそうです。長崎あるあるをやります。そうせいかんとかいう学校が金持ちだそうで、今日は来ているかと聞いてもいません。「ハワイにでも行ってる」。続いてものいいのライブ。遠くから来た高校生はと聞くと、南島原とか新上五島から来たチームがいます。新上五島からは7時間かかるそうです。ハワイより遠いんじゃないか。そしてものいいの舞台のギャラを当てるクイズをやります。1回500円だそうです。それは聞いたことがあります。最後にものまねをしますが、それは今の高校生には理解できないでしょう。

 抽選会は、水飲み場のあるテントに移動します。この地区もヤングエースの抽選券を持ってきた人がいなかったっぽい。普通に抽選して、最初に当たった人はハルヒを選んで、次に当たった人はドラッグ&ドロップを選びます。ナナマルサンバツサイン本は我々が欲しいのに。現在のところ唯一の敗者は、遅れて抽選会にやってきます。キレイキレイが当たったチームは、ライオンへの報告のための写真を撮らされることがわかりました。最後に、この地区には河合塾のブースがないのに河合塾の抽選券を同封してしまったというおわびがあります。この後、今年初めてのパターン。

|

« 32回長崎大会(その2) | トップページ | 32回長崎大会(その4) »

コメント

きっと参加してる高校生は全員ナナマルサンバツの単行本を既に所持していて、二冊もイラネ(°Д°)…って事で、それ以外の景品を希望しているのでしょう。
そうとしか考えられません。

…と言うか、そうであってほしい。

投稿: サイン本が欲しい28歳♂ | 2012年8月 5日 (日) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55353472

この記事へのトラックバック一覧です: 32回長崎大会(その3):

« 32回長崎大会(その2) | トップページ | 32回長崎大会(その4) »