« 32回山口大会(その5) | トップページ | 32回長崎大会(その2) »

2012年8月 3日 (金)

32回長崎大会(その1)

 山口大会の会場で、なぜかスタッフがラジコンヘリを飛ばしていました。これが敗者復活か何かに関係あるのかと思ったのですが、最後までそれが番組で使われる場面はありませんでした。空撮をしているようにも見えません。このラジコンヘリは、水平のプロペラが複数ついたタイプのものです。ちょうどオスプレイ搬入が通知されたときに、山口でこんなものを飛ばしてどうするんだ。

 7月22日もまた2カ所で予選がありますが、今年初めて開催される長崎大会にしました。今年は九州も県ごとの大会になることで、高校生クイズの収録が行われたことのないのは全国で1県だけになりました。昨年の福岡での予選では、長崎からは決勝の定員にも満たない4チームしか来ませんでしたが、今回はどうなるでしょうか。

 会場は長崎水辺の森公園です。長崎駅から20分ぐらい歩いたところで、昨日に続いて海に面しています。天気予報では雨でしたが快晴になりました。木陰が非常に多いので見やすい。
 前説があって、ものいいが「福山雅治です」と登場します。最も多く参加しているのは玉成です。全体の参加者数は80チームぐらいいます。昨年からみると激増です。

 藤田アナが登場します。すでに完全に声が枯れています。登場のときにドライアイスが吹き出すので「すごく暑いですね。私は今ここ(股間)冷たいです」。ビクトリーの発声練習をします。「ビはくちびるを噛んで、リは巻き舌で」と完全に福澤手法です。「去年まで参加した方はいますか」と聞いても誰も手を上げません。

 ○×クイズは公職選挙法に関する問題です。最多の参加校は全チームが同じ答えにいます。最多枠の学校が全チーム、ペーパー前に負けて、決勝の最多枠が消滅するというパターンも見てみたい。この後、驚きの続行。

|

« 32回山口大会(その5) | トップページ | 32回長崎大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55341569

この記事へのトラックバック一覧です: 32回長崎大会(その1):

« 32回山口大会(その5) | トップページ | 32回長崎大会(その2) »