« 32回大分大会(その5) | トップページ | 親に向けた地区大会番組(その1) »

2012年8月24日 (金)

32回愛媛大会(その1)

 「ブラックバラエティ」の野球ルールクイズが今週ようやく読売テレビで放送されましたが、「こんなこと実際に起こりうるんですか」とか「選手も知らないでしょう」とか言っているのを、現実にみんなが見た直後に聞かされると非常に違和感があります。それにしても、関西ではこの裏で「ストライクTV」をやっていて、さらにラジオの「深夜の馬鹿力」も同じ時間帯にやっていて、伊集院光がかぶりまくりです。

 それでは7月26日の愛媛大会です。前日の大分から夜行フェリーでやってきました。悪天候で運休になったらどうしようと思いましたが、ずっと快晴続き。九州はあれだけの豪雨被害があったにもかかわらず、地区大会が始まる直前から一切雨が降らなくなりました。

 会場は松山の中心部である城山公園です。住みます芸人による前説で、携帯電話を切れというところで「何通話してんねん。料金親に払ってもらってるんやろ」。アームストロングに代わって、最多チーム参加は愛光です。表彰のときにはライオンが出てきますが、「中は小堺一機さんです」。まさに今、他局でやっているじゃないか。

 辻岡アナが姿を見せないうちから自分の名前を言うところから始まります。「ヒルナンデス!」や「シューイチ」に出ていると言います。「愛媛に来たのは中学の修学旅行以来です。当時つき合っていた彼女に愛媛でふられました」。そして今年結婚した話をします。相手は出演者で、スポーツ新聞にも出ていましたからね。

 ビクトリーを叫ぶのを忘れていきなり問題を出そうとします。結構噛んでいます。「今日は楽しむだけで来ています」。ずっとタオルを持ちながら進行していますが、「今年のタオル、小っちゃいんだよね」。今年から参加者がもらえるのがハンドタオルになっています。経費節減でしょうか。この後、決定的なミス。

|

« 32回大分大会(その5) | トップページ | 親に向けた地区大会番組(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55495895

この記事へのトラックバック一覧です: 32回愛媛大会(その1):

« 32回大分大会(その5) | トップページ | 親に向けた地区大会番組(その1) »