« 親に向けた地区大会番組(その1) | トップページ | 親に向けた地区大会番組(その2) »

2012年8月26日 (日)

32回愛媛大会(その2)

 福岡佐賀大会の番組では、HKT48を脱退したメンバーがそのまま出ていたそうですね。指原が来たりしたらおもしろいのにと思っていましたが、それどころではありませんでした。

 それでは愛媛大会です。○×クイズの問題は「10円玉は100円玉よりも重い」。ところが、締め切り直前に辻岡アナが「10円玉が重いと思う人は×、100円玉が重いと思う人は○」。これであわてて正解側から不正解側に移ったチームがいくつもあります。最もやってはいけないミスです。少ない方の答えが2チームになりました。
 ×コールをしろと言ったところで、高校生から「バツイチ」「バツイチじゃないよ。新婚だよ」。正解が2チームで、「皆さんはルール上は敗者となります」と階段を下りる辻岡アナをアームストロングが押し戻します。

 辻岡アナに言い間違えたと抗議している高校生がいますが、「オレのせいにしていいから敗者復活」と、自分の責任を全然わかっていないようです。さらに私は気づきませんでしたが、正解したチームが敗者復活をやることに抗議して棄権したらしい。そういえば会場の一番後ろで舞台に向かって何か怒鳴っている高校生がいました。どうも高校生クイズのことをわかっていない、頭の悪そうなチームでした。敗者復活という名目を利用して有名進学校が最後に代表になるような演出には問題がありますが、正解が2チームなら決勝の枠にも足りないので、演出と関係なく敗者復活はあるんですけどね。

 敗者復活要求ゲームは、ここも地団駄です。1分間で300回ということでしたが、途中で反応しなくなって、280回ぐらいで終わります。もう1回やらせてくれと言いますが、いろいろセリみたいなことをやって、最後はシューイチということで、30秒で101回になります。26秒で成功しました。この後、プロレタリア文学。

|

« 親に向けた地区大会番組(その1) | トップページ | 親に向けた地区大会番組(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55511018

この記事へのトラックバック一覧です: 32回愛媛大会(その2):

« 親に向けた地区大会番組(その1) | トップページ | 親に向けた地区大会番組(その2) »