« 焦点ずらす事前番組(その5) | トップページ | 日本人の質問(その61) »

2012年7月13日 (金)

人間国宝さん

 先週の「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」に垂木勉が出ていました。レギュラーを多数抱えて慢心して仕事がなくなった時代もあったと言っていました。ところで、担当番組を紹介するのに「お試しかっ!」などのロゴを出すだけで「映像提供 テレビ朝日」といちいち入れなければならないんですね。

 Eテレの「伝える極意」。今年もクイズの回が放送されます。しかも放送日のうちの1回は高校生クイズの当日です。改めてどういう番組か書くと、おそらく日本のテレビ番組で初めて、早押しクイズの問題の作り方をちゃんと説明する(それも教育目的で)というものです。教材だからずっと放送され続けるわけですね。
 そういえば先日「10min.ボックス」を見たら、報道の仕事というのでNHK高松放送局が取り上げられていました。夕方のニュースをどういう順番で放送するか決めるのですが、「加ト吉事件続報」というのが出ます。何年前のことだ。加ト吉はずっとここで不祥事を蒸し返され続けるわけです。

 今日は関西テレビの「よ~いドン!」の「となりの人間国宝さん」は、阪急蛍池駅周辺でした。大阪大学に入っていきます。学生センターで何か紹介してくれと言うと、連れて行かれたのがクイズ研究部。「全国大学クイズ大会で今年優勝」という文字が出ます。何の大会かはわかりません。
 VTRからスタジオに戻るとき問題が出て、普通は「この人の人生で失敗したことは」とか「この後起こったハプニングは」とかいうのですが、今回は「1960年にクルト・ディム・ベンガーによって初登頂された、サンスクリット語で白い山という意味がある、標高約8167メートルと世界で7番目に高い山は」というのをスタジオの宇治原に出します。なんか宇治原が答えられなさそうな問題を探していたので、難問系オープン大会の問題集か何かでしょうね。早押しをやっている場面ではそんなに難しくなかったが押すのが早い。
 今、一部の特定の高校もああいう雰囲気になっているわけで、普通の高校生が高校生クイズに出ても最終的に勝てるわけがないというのがよくわかります。

|

« 焦点ずらす事前番組(その5) | トップページ | 日本人の質問(その61) »

コメント

阪大が優勝した大会というのは、今年の「EQIDEN」ではないかと。

投稿: 「大会」 | 2012年7月13日 (金) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55185125

この記事へのトラックバック一覧です: 人間国宝さん:

« 焦点ずらす事前番組(その5) | トップページ | 日本人の質問(その61) »