« 32回沖縄大会(その9) | トップページ | 焦点ずらす事前番組(その2) »

2012年7月 8日 (日)

焦点ずらす事前番組(その1)

 大阪ガスでは以前から、CMキャラクターにロザンを使っていますが(当初は菅のみで途中から宇治原が加わった)、エネファームのCMで、クイズ番組を模した長いのが放送されていました。ここで宇治原の押す高校生クイズボタンがアップになります。こんなところでもクイズといえばこのボタンなんですね。当初は高校生クイズでしか使っていなかったとは信じられません。

 それでは事前番組第2弾です。田子千尋のナレーションで、例年以上にパワーアップと言います。予選会場が32カ所になって、さらに行きやすく。そしてすべての会場に人気芸人がということです。さらに、あのアイドル軍団も参加決定と、AKBの映像が流れます。

 近年、沖縄テレビのつくる番組よりも内容の濃い沖縄大会の模様です。スリムクラブと2700と、渡り廊下走り隊7の浦野と菊池が出てきます。私は浦野は知っていましたが菊池は知りませんでした。でも菊池について調べたら、名前は知らなかったけどそういうメンバーがいることは知っていました。ボールを受け取るとAKBグッズがもらえることも放送します。
 桝アナが登場します。ナレーションが、今年はご存じ○×クイズと言います。問題が出て移動の映像のところで、「知識がなくても仲間がいて少しの運があれば勝ち抜けるのが地区大会」というナレーションです。今回の番組の最大のキーワードかもしれません。番組の本質を隠して人数を集めようという姿勢がはっきりしました。

 正解が出て、敗者復活戦の要求です。2700が右ひじ左ひじをやると、両方の腕に「敗者」「復活」と書いてあることがわかりました。現場では近寄れないので見えません。人気芸人が体を張ってくれるのも高校生クイズというナレーションが入ります。
 敗者復活のクイズ自体は、「三択クイズで90チームが復活」というナレーションですませます。2700のライブの模様と、抽選会で真栄田のパンツを提供するところを放送します。ここでCMですが、参加者募集CMが、物をもらえる話ばかりです。この後、扱いに差。

|

« 32回沖縄大会(その9) | トップページ | 焦点ずらす事前番組(その2) »

コメント

渡り廊下の「きくち」さんは、
「菊池」ではなく「菊地」です。

投稿: ぽぽ | 2012年7月15日 (日) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55149581

この記事へのトラックバック一覧です: 焦点ずらす事前番組(その1):

« 32回沖縄大会(その9) | トップページ | 焦点ずらす事前番組(その2) »