« よそで見た問題 | トップページ | 32回沖縄大会(その7) »

2012年7月 4日 (水)

32回沖縄大会(その6)

 「ソガのプワジ」で東大クイズ研や宇治原と対決したメンバーが逮捕されました。今夜の放送は、午後になって中止が決まって、後ろの番組が繰り上がるという見たことのない編成でした。7月のこの時期は、クイズ関係者が逮捕されますね。

 それでは沖縄大会です。ヤングエースの抽選券を持ってきた人が1人しかいなかったため、ナナマルサンバツ本など残り2種類のグッズは全員を対象に抽選することになります。
 この後、キレイキレイが5チーム、OTVグッズが10チームに当たります。これで終了で、今年はスタッフTシャツがありません。

 ペーパークイズの結果発表です。Aから順に、10チームずつの列になります。どのチームがどの列になるかはスタッフに指定されています。登録番号の順に呼び出して、どの列か書いたカードを渡すのですが、応募が250チームを超えていたことがわかります。
 10チームずつブーブーゲートに乗って、ファンファーレだとその中に決勝進出チームがいます。10チームの中でどこが決勝進出かは口頭で発表します。
 まず、最も多く参加した昭和薬科大附属でトップのチームを発表します。やはり最後尾にいました。このチームが自動的に決勝進出なのも昨年と同じです。

 A列は全チーム昭和薬科で、ブーです。圧倒的に強い学校が多数参加しているときによくやる演出です。鹿児島だとラ・サールで決勝進出しないチームを先頭に固めるとか。B列はファンファーレが鳴って、昭和薬科が決勝進出です。しかしこの列の決勝進出が1チームとは限りません。「次の決勝進出チームは」と言ってブーが鳴ると終了です。この後、謎の並べ方。

|

« よそで見た問題 | トップページ | 32回沖縄大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55116109

この記事へのトラックバック一覧です: 32回沖縄大会(その6):

« よそで見た問題 | トップページ | 32回沖縄大会(その7) »