« 32回宮城大会(その1) | トップページ | 32回宮城大会(その3) »

2012年7月22日 (日)

32回宮城大会(その2)

 昨夜の関西テレビの「怪傑えみちゃんねる」に草野仁が出ていました。「世界ふしぎ発見!」で、板東英二の書いた答えが合っているときは、徹底的に細かいことを聞いて追い詰めるそうです。これを何回やっても板東自身は気づかないそうです。あと、シンキングタイムではヒントを出しまくっているけど放送されないだけだそうです。実際、そのくらいしないと誰も正解を書いてくれないということでしょう。

 それでは宮城大会です。しずるのガチ宣言で、高校生と青春コントをやると言います。そういえば昨年とは違って、ガチ宣言で敗者復活をやるとは言わなくなっています。
 桝アナが後ろ向きにせり上がってきます。ZIP!が終わって8時56分東京発の新幹線に乗ってきたそうです。駅で参加者と遭遇したがスルーされたとのこと。「しゃべくり007で腰振ってた桝も忘れてください」。ビクトリーと言ったときに炎が出るのもいつものセットです。そしてこの地区でもZIPのCM前の映像を撮ります。ちなみにZIPと言うときに手を回すのはアンジェリーナ・ジョリーが考えたそうです。

 ○×の問題は、2つの量の比較です。あまりいい問題とはいえません。どちらが多いかわかってそれをどう解釈したらいいかわかりません。結構人数が偏ります。
 正解発表前に最多枠の発表です。学校名を「仙台…第…」と途中で止めます。宮城で最多枠になるような学校は仙台第○ということですね。
 正解発表は紙テープの発射です。今回は1問なのだから、中央の正解表示に○×を用意しておかなくていいではないか。多い方が正解です。解説を読みません。第1問で解説が読まれないのは珍しい。

 しずるが出てきます。「東大の人間が聞いてあきれるよ。あれを知らないのか、あれを。敗者復活戦ですよ」。すると桝アナが「あのお方におうかがいします。僕も会ったことがありません」と言って、出てきたのがクイズラアドバルーンです。これは高校生クイズが始まったときから使われている番組キャラクターだと言いますが、高校生はもちろん、桝アナ自身もよく知りません。この後、破損。

|

« 32回宮城大会(その1) | トップページ | 32回宮城大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55250375

この記事へのトラックバック一覧です: 32回宮城大会(その2):

« 32回宮城大会(その1) | トップページ | 32回宮城大会(その3) »