« 32回宮城大会(その3) | トップページ | 32回宮城大会(その5) »

2012年7月24日 (火)

32回宮城大会(その4)

 クイズラアドバルーンのおもしろい使い方といえば、第5回の関東大会で、敗者復活したチームにアドバルーンを結びつけて、次の問題でYESとNOどちらに行くかわかるようにするというのがありました。このころは、敗者復活戦で残るのは1チームで、抽選で決めて、復活したチームは次のクイズで負けていました。今や敗者復活戦の使い方は、地区大会は事実上ペーパーテストで勝者を決めているがそれではテレビ的におもしろくないので先に別のクイズをやるということのために利用しています。

 それでは宮城大会です。ペーパークイズが始まると、バックに応援ソングがかかります。終わるとしずるのライブですが、スタッフが熱中症対策をしろ、気分が悪くなったら言え、やらないと失格とかなりきつく言って、すっかり客がひいた感じになります。しずるもどうしたらいいかわかりません。スタッフが「これからしずるの力量が試されるから」。パーソナリティ問題を読み上げないで解答だけ言います。
 しずるが高校生とコントをやります。そしてもう1本コントをやってから抽選会です。しずるの提供品はコント用のワイシャツです。マジックテープになっていてすぐ脱げます。抽選券を引くときのボケ方が2700と同じです。ヤングエース抽選は、最初に当たった人がナナマルサンバツサイン本を選んで、2人目が涼宮ハルヒ図書カードを選びます。するともう一つの賞品は全員を対象に抽選ということになります。応募が2人だったのか。スタッフTシャツは最後の1チーム分だけしるずのサインを入れます。

 結果発表のために高校生を並べます。登録番号が200を超えていることがわかります。そしてペーパークイズをやったのに結果発表にいないチームがいくつもいます。
 前回の北海道を踏まえて、ブーと鳴ったらずっこけてくださいと言います。最多枠の仙台第二の1位は男女混成でした。やはり最後尾にいます。この後、合計で第八。

|

« 32回宮城大会(その3) | トップページ | 32回宮城大会(その5) »

コメント

都道府県代表制導入後の、福留期の関東大会の決勝のルールをもし知っていたら教えてもらえませんか?どこさがしても映像がないので・・・

投稿: 質問です | 2012年7月24日 (火) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55266624

この記事へのトラックバック一覧です: 32回宮城大会(その4):

« 32回宮城大会(その3) | トップページ | 32回宮城大会(その5) »