« 激しく水増し事前番組(その1) | トップページ | 激しく水増し事前番組(その3) »

2012年7月 1日 (日)

激しく水増し事前番組(その2)

 今日の「アッコにおまかせ!」にクイズ神が出ていました。1人で出演者全員と早押し対決するという、あまりに手あかのついた企画ですが、和田アキ子に有利な問題が出ます。和田がボタンを押すとき「匠すみません」と言います。肩書きだか本名だかわからなくなっています。と思ったのですが、クイズ神という非常に違和感のある呼び名より、「クイズの匠」の方がいいんじゃないか。なんということでしょう。

 それでは事前番組です。アナウンサーのクイズは1回戦のルールに準じて書き問題です。古瀬絵理がいるのに1問目が山形に関する問題、3問目がスイカに関する問題です。古瀬が自分で「私はスイカップだから正解しなければいけない」と言って周りが引きます。本編での唐沢の全見せ発言に近いものがあります。
 ドラえもんのスネ夫の名字はという問題が出るのですが、本編のリハーサルでは全員が正解した問題だといいます。そのリハーサルの映像が出ますが、明らかに出席していない解答者がいるのに、画像加工で無人の解答席の解答表示も赤くなります。なんで無理にそんな映像を入れる必要があるんだ。
 正解のときに鳴る音が「ザ・クイズショウ」ですね。青木裕子の解答のボケぶりを見た冨永美樹が「青木さんフジテレビ受けたら受かってたんじゃない?」。

 2回戦の紹介です。FNSクイズ王代表が、「8チャンネルの申し子が6チャンネルもいただきます」と言います。チャンネル番号を言ったら関東でしか使えなくなります。しかもこの人は関西在住だから、自分は6チャンネルで見ないだろ。
 アナウンサークイズもここから早押しビジュアルです。一方で各クイズのリハーサルの映像も使われます。参加者が実際にはない組み合わせで対戦します。13回ウルトラクイズ決勝対決とか。こういうのばかり流せばクイズマニア的にはいいでしょうが、今回の番組はマニアを意識しすぎたワールドクイズクラシックの反省に立っているようですから。この後、自局でそこまでいじられる。

|

« 激しく水増し事前番組(その1) | トップページ | 激しく水増し事前番組(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55093842

この記事へのトラックバック一覧です: 激しく水増し事前番組(その2):

« 激しく水増し事前番組(その1) | トップページ | 激しく水増し事前番組(その3) »