« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

32回山口大会(その3)

 今年の各地の予選を見ていると、どこの決勝もボタンを押すのが非常に早い。私の見た範囲では、どんな田舎でも、できの悪いチームだけが残ってクイズが進まないということがありません。競技クイズが相当浸透しているように思います。特に有力校のいる県は、全国放送で「東大合格率ナンバー1」とかいうくだらないあおり文句を流すよりも、予選を放送した方がよほどインパクトがあって、こういうすごいチーム同士が戦うのかということがわかると思います。さすがに今年は東京都の決勝は全国放送で流れると思いますが。

 それでは山口大会です。敗者復活戦の1問目が終わって、次もあるかどうかは、○か×かの表示で出します。続行です。2問目はオリンピックに関する問題で、クイズをやっている人には常識のたぐいです。しかし正解は1チームしかいません。でも×が出て終了になりました。この1チームで復活枠が埋まるのか。合計3問も間違えたのだから敗者になっても納得するだろうということか。

 続いてペーパークイズです。非河合塾大会では応援パーソナリティ問題は文字だけです。そして三択で使った「1」「3」のボードに掲示します。また、藤田アナが問題を読み上げます。

 終了して、パーソナリティ問題の正解発表があります。全員正解したっぽい。続いて住みます芸人のライブ。デブネタです。そしてダイノジのライブはエアギターも含めてかなり長い。
 抽選会はここから離れたテントの下に移ります。この間に舞台では早押し機とブーブーゲートを設置します。
 ヤングエース抽選券を持ってきたのは3人です。ナナマルサンバツの作者はサマーウォーズの人だと言うと高校生が「え~っ!」。ちょうどこの前日に金曜ロードSHOWでサマーウォーズをやっていました。ここではナナマルサンバツ、ドラッグ&ドロップ、涼宮ハルヒの順で抽選しますが、同一チームが2枚応募していたことがわかりました。ヤングエース抽選の応募は個人単位なので、これはルール上まったく問題ありません。チームの3人で全賞品独占も可能です。この後、教師も全国大会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

32回山口大会(その2)

 昨日の関西テレビの「マルコポロリ!」はゲストが福澤朗で、高校生クイズでジャストミートと言えなくなった話についてやっていました。高校生クイズの再現VTRを初めて見ました。どこかの砂浜に高校生を数人集めて、福澤役の俳優(明らかに福澤ではなく菅谷そっくり)が「沖縄の高校生、燃えているかーっ!」と言います。ライオンと花王は「A社」「B社」になっていました。他にもプロレスの勉強をするために使った子ども向けの「プロレス大百科」みたいな本の実物が出てきたり、予想外に福澤の人生についていろいろ取り上げていました。

 それでは山口大会です。トレーラーが開くと藤田アナが後ろ向きで立っています。セットは昨年のデザインを一部流用しています。「桝太一くんよりも若干顔が丸いアナウンサーです」。娘が2カ月前に生まれたそうで、おむつの取り替えばかりしていて、山口に来る直前にも顔におしっこをかけられたそうです。

 去年、広島まで行って出場したというのは数チームです。「1回戦、皆さんのクイズ形式は、下を見よ」って、正面にも○と×が書いてあるんだけど。昨年のセットに○と×を打ち付けてあるので、もし来年○×がなくなったら跡が残ると余計な心配をしてしまいます。
 問題は山口にちなんで総理大臣に関するものです。制限時間が短い。○と×の両方に、去年決勝まで行ったチームはいるかと聞きます。正解の方が少ない。

 ダイノジが敗者復活の要求をします。ゲームは、小さいゴールに離れたところからサッカーボールを蹴り込むもので、5回のチャンスがあります。3回続けてゴールの右に外れますが、4回目で成功します。

 敗者復活戦のルールは通常大会と同じです。1問目、学校で習うことで、これは知識で1番を選べます。藤田アナは選択肢を出すごとに問題を最初から読み返します。そして3番は絶対にあり得ない答えでオチになるというパターンでした。これで不正解なのは十数チームです。2問目を前に藤田アナが、桝太一は恐妻家という話をします。この後、そこで驚く高校生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

32回山口大会(その1)

 先日読売テレビで放送された事前番組30分バージョンですが、やはり沖縄大会の模様と応援パーソナリティ紹介だけで、参加者集めの部分が全部カットされていました。そして出場者募集スポットは、田子千尋が読売テレビバージョンも録音していることがわかりました。

 それでは7月21日の山口大会です。今日は福岡佐賀大会もありますが、今回初めて行われた山口放送の大会に来ました。会場は徳山駅から海に向けて歩いたところにある公園です。あの辺は工場だけだと思っていて、駅の近くに海に直接面したきれいな公園があるとは知りませんでした。
 今年初めて見る単県大会です。でも通常大会も続々単県になっているか。呼び方をどうしようかと考えたのですが、河合塾のブースがあるかどうかで分ける「非河合塾大会」というのが最も正確かもしれません。

 セットに変形するトレーラーに、渡り廊下走り隊7の写真と放送日程が載っています。今回、通常大会のトラックにはこれがなくて、こちらにだけあるのです。
 ○×のシートも小さいのを用意しています。そして仕切りのバルーンもあって、通常大会のものより細い。受付時間中にはテーマ曲と応援ソングを交互に流しているだけです。通常大会ではもっといろいろな曲がかかりますが。

 13時過ぎに前説が始まります。住みます芸人が高校生に「こっちは何年も何年も頑張っても全国放送なんか出られないのに」。続いてダイノジの登場です。非河合塾大会ではここで最多枠を発表することがわかりました。そういえば通常大会では表彰状を読まなくなりました。ダイノジがわざと表彰状を読み間違えたり発音よく読んだりしてつっこませます。この後、おしっこかけられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

32回宮城大会(その8)

 今年の正月番組について次のようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 朝日放送の「むちゃぶりカジノ」という番組の予告を見ました。宇治原が町田健と漢字しりとり対決をするそうですが、以前TBSでやった「殿の決断ショー」で、金田一秀穂と町田のしりとり対決があって、さらに勝った金田一と宇治原のしりとり対決がありました。こんなすごいパクり方をするか。将棋の対局みたいにする演出もそっくりです。

――――(ここまで)――――

 先日、関西テレビで「リミッターズ・ハイ」の第3弾がありました。「しりとりを続けられる限界」として、また同じ企画をやっていました。解説に金田一秀穂が出ています。しかし今回新しかったのは、スタジオ収録の前日までに決着がつかなかったことです。あと、勝敗を決めるのではなく「どこまで続けられるか」なので、「ん」が出ても「広辞苑にンジャメナが載っている」と言って続けていました。

 それでは宮城大会です。決勝の26問目、政治家に関する問題です。また放送日に衆院選をやってるかもしれないのに。古川学園が初めて正解します。27問目「元素記号エーアー」で仙台第一の引き抜いた方が「臭素」と答えて不正解。BrではなくCrを答える問題でした。
 28問目は「ゆくかわ」で仙台第一の引き抜かれた昨年代表が方丈記を正解。29問目「振り子の原理を利用」で引き抜いた方が押して「フーコー」で不正解。相変わらず早とちりが止まりません。
 ここから問題がシンプルになってきます。30問目は昨年代表が正解。31問目は最多枠が正解して再び王手です。32問目「毎年1回1月に召集」で引き抜いた方が正解。「召集」と言っているのでここで押してもおかしくありません。しかし33問目「人が生きている間の」で同じチームが押して「解脱」。またわけのわからない押し方です。正解は「目の黒いうち」です。
 34問目、簡単な問題で昨年代表が正解。そして35問目、もうすっかりひねりのなくなった問題で、昨年代表が正解してようやく決定しました。
 昨年代表はインタビューで「チームメイトと1年のときからずっとやってきて、あっ、1年のときは違いました」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

32回宮城大会(その7)

 関東大会決勝のルールは私の間違いです。通過クイズは10回でした。

 今週の週刊ポストに、勝間和代が先日出たプレッシャーSTUDYでどれだけ間違えたかという記事が出ています。クイズ王のコメントまで載っています。そんなの記事にするようなことか? しかし最大の失敗であった、ソクラテスが答えられなかった問題は載っていませんでした。

 それでは宮城大会です。決勝の18問目、数学の問題で簡単です。仙台第二が取ります。19問目、スポーツの問題で早く押しますが簡単です。仙台第一の引き抜いた方が正解です。
 20問目、「労働三法と」で仙台第二の最多枠が押して、労働関係調整法を正解します。なぜわかったかと聞かれて、「(労働三法のうち)1個だけやけに長いので、問題を作った人の立場ではこれを答えにするだろう」。桝アナが「問題を作った人が歯ぎしりしてる」と言いますが、実際は問題を作る人がこのくらいで押すことを期待して労働関係調整法を正解にしていると思います。

 21問目「穴」で仙台第一のひき抜いた方が押して答えられません。暴走もここまで来ました。でも問題冒頭で「穴」とだけ言ったら「かんむり」だろうと想像できますが。
 22問目、仙台第二が早く押しますが問題は簡単です。長くなってきたので小学生レベルが出てきたか。23問目、簡単な四字熟語の問題ですが、仙台第二の最多枠が早く押しすぎて不正解。24問目「有川浩のシリーズ小説」で仙台第一の引き抜いた方が「図書館戦争」と答えます。正解は共通点を挙げるもので「図書館」だけですが、正解になります。北海道の「志賀潔」は不正解になりましたが、この判定は妥当だと思います。
 25問目「ミロ、ダリ」で仙台第二が押して不正解。どこの国の人という問題です。暴走が止まらなくなっています。この後、さらに続く暴走。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

32回宮城大会(その6)

 大分の新聞のテレビ欄を見ると、TOSスーパーニュースに「高校生クイズ県予選初の開催」とあります。去年も山形放送のニュースで参加者数を水増ししていたことを書きましたが、地方レベルでは高校生クイズは報道で扱われる存在なのです。

 それでは宮城大会です。早押しの6問目、「AKB48やももいろクローバーの曲を手がけ」で昨年代表が押してヒャダインと答えますが不正解。本名を答える問題でした。7問目、「サーブル」で仙台第一の昨年代表から引き抜いた方が押します。出題者が「エペ」まで読みますが、フェンシングを正解。さらに8問目も最初の一言で同じチームが正解。
 9問目は百人一首の問題なので、早く答えるのがそれほど不思議ではありません。仙台第二が正解します。次の10問目、「日本で『げ』で始まる都市は」で同じチームが下呂市を正解。ここまで唯一の、早く押さなくても答えるとすごい問題です。

 11問目、ベテルギウスで最多枠がオリオン座を正解。次はインドの初代首相で最多枠が王手になります。次は「1925年のD坂の殺」で仙台第一の引き抜いた方が明智小五郎を正解します。相変わらず、押すのが早いだけで実は難しくない問題が続きます。
 14問目、「去年7月に独立した」で同じチームが押してジュバと答えて不正解。国名を答える問題でした。これが北海道なら首都名を聞いていたと思います。

 15問目、それほど難しくありませんが昨年代表が押して答えられません。16問目、「英語ではモーニング」で仙台第一の引き抜いた方が押して「つわり」。これはこの段階で押すのは無理でしょう。さらに次は「紫、黒、赤」で王手の最多枠が押して「せーの、ウニ」で不正解。早く押す流れができてしまっているので、まったく確定しようがない段階で答えてしまうのです。それにしても全国的に、いつから地区大会で王手になったチームが押すと「せーの」と言って全員で答えるようになったのでしょうか。誰が指示したわけでもないのに。この後、どや顔解説。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

32回宮城大会(その5)

 質問に答えます。関東の決勝は原則として3ポイント先取の早押しです。しかし9回は決勝進出が4チームで、1問正解すると通過席に立ってそこで正解すると全国大会進出というルールでした。また8回は決勝進出が10チームで、サドンデスの三択でした。この回は東京の代表が3チームだったためです。

 それでは宮城大会です。ペーパークイズの結果発表。1列目がブー。2列目がブー。3列目がファンファーレ。仙台第一です。4列目はブー。5列目もブー。6列目がファンファーレ。古川学園で、キレイキレイが当たったようです。7列目がファンファーレ。仙台第一の昨年代表です。
 ブーが続いて、11列目がファンファーレ。仙台第二です。またブーが続いて、17列目がファンファーレ。これで18列目は失格です。最後は仙台第二でした。

 救護本部の近くに人が集まっていると思ったら、しずるがサインしています。続いて決勝です。今日はしずるが残っています。最初のあいさつだけして帰るそうです。「(決勝進出チームを)合計したら仙台第八になってますけど」。さらに震災にも言及します。

 仙台第二の最多枠は男女混成で、3年連続で決勝に出ているそうです。次の仙台第二は2年と1年の混成です。仙台第二はさらにもう1チームいます。仙台第一の昨年代表はメンバーを1人代えました。そして出て行ったメンバーは、仙台第一のもう1チームにいます。古川学園は「進学研究会」という部活だそうです。

 筆記の1問目、五輪マークに関する問題で、仙台第二の2チームが間違えます。今年初めて、筆記で間違えるところを見ました。2問目は計算問題で全チーム正解。3問目は英語で仙台第一のメンバーを引き抜いた方が不正解。
 早押しです。4問目「化学式H2Oは」で最多枠が押して過酸化水素水を正解します。5問目「アジアの国で唯一」で仙台第二の別のチームが押してインドネシアを正解。「赤道が通っている」は予想通りでした。これでわかるのは、北海道大会同様に押すのがやたら早いが、問題自体は北海道の方が難しいということです。全国大会になったら宮城の代表より札幌南の方が強いでしょう。この後、長期化。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

32回宮城大会(その4)

 クイズラアドバルーンのおもしろい使い方といえば、第5回の関東大会で、敗者復活したチームにアドバルーンを結びつけて、次の問題でYESとNOどちらに行くかわかるようにするというのがありました。このころは、敗者復活戦で残るのは1チームで、抽選で決めて、復活したチームは次のクイズで負けていました。今や敗者復活戦の使い方は、地区大会は事実上ペーパーテストで勝者を決めているがそれではテレビ的におもしろくないので先に別のクイズをやるということのために利用しています。

 それでは宮城大会です。ペーパークイズが始まると、バックに応援ソングがかかります。終わるとしずるのライブですが、スタッフが熱中症対策をしろ、気分が悪くなったら言え、やらないと失格とかなりきつく言って、すっかり客がひいた感じになります。しずるもどうしたらいいかわかりません。スタッフが「これからしずるの力量が試されるから」。パーソナリティ問題を読み上げないで解答だけ言います。
 しずるが高校生とコントをやります。そしてもう1本コントをやってから抽選会です。しずるの提供品はコント用のワイシャツです。マジックテープになっていてすぐ脱げます。抽選券を引くときのボケ方が2700と同じです。ヤングエース抽選は、最初に当たった人がナナマルサンバツサイン本を選んで、2人目が涼宮ハルヒ図書カードを選びます。するともう一つの賞品は全員を対象に抽選ということになります。応募が2人だったのか。スタッフTシャツは最後の1チーム分だけしるずのサインを入れます。

 結果発表のために高校生を並べます。登録番号が200を超えていることがわかります。そしてペーパークイズをやったのに結果発表にいないチームがいくつもいます。
 前回の北海道を踏まえて、ブーと鳴ったらずっこけてくださいと言います。最多枠の仙台第二の1位は男女混成でした。やはり最後尾にいます。この後、合計で第八。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

32回宮城大会(その3)

 昨日の深夜に日本テレビで「五択プロトタイプ」という番組が生放送されていました。これから起こることを予想してベットするという、「TVブックメーカー」のような番組ですが、すべての結果が生放送中にわかるようにしてあるところが新しい。視聴者もデータ放送で参加できます。そして裏のフジテレビの放送内容を問題にするところもTVブックメーカー的です。私は27時間テレビに一切興味がないので、こういう番組をやってくれるとありがたい。これはレギュラー化できるような気がしました。枠は遅い方がいいかもしれないけど。

 それでは宮城大会です。敗者復活をやる条件は、しずるがクイズラアドバルーンをかついで、公園の一番後ろにある巨大パイロンを回って1分間で戻ってくるというものです。挑戦時にバックには「ハリウッド」が流れます。これはスタッフが番組を元に戻したいという意思の表れか? 前半遅くて、このペースではまったく無理かと思われましたが、最後1分ジャストで戻ってきて敗者復活決定です。これでクイズラアドバルーンに穴が開きました。1985年から使っている物をこんなことで壊して。しかし後で近寄って見ると、穴を補修した跡が結構あります。

 敗者復活戦の三択の1問目、雑学ネタとしては有名な話です。制限時間の残り秒数が3秒、2秒、1秒のときに正解表示の「3」「2」「1」が出ます。3が多いが後悔している人が多い。正解は5チームぐらいか。そして一昨年と同様、通常大会のセットの正解表示の上には「続行」「終了」が出るようになっています。続行です。顔文字がついているのも一昨年と同じです。
 2問目は生物に関する時事問題ですが、私は聞いたことがありません。ところで、3番の選択肢が出た後の残り秒数表示の演出がいるか? 今度は最も多い答えが正解でした。これで終了です。敗者は十数チームです。

 続いてペーパークイズですが、人数が多くて配布に時間がかかります。その間に桝アナが雑談します。moco’sキッチンの話が出ますが、ここで「オリーブオイルでおなじみの」とか言えばおもしろいのに。この後、雰囲気が悪くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

32回宮城大会(その2)

 昨夜の関西テレビの「怪傑えみちゃんねる」に草野仁が出ていました。「世界ふしぎ発見!」で、板東英二の書いた答えが合っているときは、徹底的に細かいことを聞いて追い詰めるそうです。これを何回やっても板東自身は気づかないそうです。あと、シンキングタイムではヒントを出しまくっているけど放送されないだけだそうです。実際、そのくらいしないと誰も正解を書いてくれないということでしょう。

 それでは宮城大会です。しずるのガチ宣言で、高校生と青春コントをやると言います。そういえば昨年とは違って、ガチ宣言で敗者復活をやるとは言わなくなっています。
 桝アナが後ろ向きにせり上がってきます。ZIP!が終わって8時56分東京発の新幹線に乗ってきたそうです。駅で参加者と遭遇したがスルーされたとのこと。「しゃべくり007で腰振ってた桝も忘れてください」。ビクトリーと言ったときに炎が出るのもいつものセットです。そしてこの地区でもZIPのCM前の映像を撮ります。ちなみにZIPと言うときに手を回すのはアンジェリーナ・ジョリーが考えたそうです。

 ○×の問題は、2つの量の比較です。あまりいい問題とはいえません。どちらが多いかわかってそれをどう解釈したらいいかわかりません。結構人数が偏ります。
 正解発表前に最多枠の発表です。学校名を「仙台…第…」と途中で止めます。宮城で最多枠になるような学校は仙台第○ということですね。
 正解発表は紙テープの発射です。今回は1問なのだから、中央の正解表示に○×を用意しておかなくていいではないか。多い方が正解です。解説を読みません。第1問で解説が読まれないのは珍しい。

 しずるが出てきます。「東大の人間が聞いてあきれるよ。あれを知らないのか、あれを。敗者復活戦ですよ」。すると桝アナが「あのお方におうかがいします。僕も会ったことがありません」と言って、出てきたのがクイズラアドバルーンです。これは高校生クイズが始まったときから使われている番組キャラクターだと言いますが、高校生はもちろん、桝アナ自身もよく知りません。この後、破損。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

32回宮城大会(その1)

 STVラジオの「アタックヤング」で高校生クイズ北海道大会の模様が放送されました。しかし特にここに書くことはありません。桝アナにも2回にわたってインタビューしてたんですけど、結局どういうことをやったのかは今回の放送を聞いてもわかりません。どこが代表になったかも言えないというスタンスでした。このブログの前の記事のことは忘れてください。

 それでは7月16日の宮城大会です。もともと今回は北海道に行こうとは思っていなかったのですが、3連休で「北海道&東日本パス」を使うと北海道大会と宮城大会の両方に行けてしまうのです。ただ、「はまなす」で青森に着いてから盛岡までは新幹線を使わないと開始に間に合いません。

 会場は今回も七北田公園です。受付のゲートが、空気を入れるタイプのものです。そういえば何年か前にこれを作ったのを忘れていました。沖縄では半円ゲートを使わなくなりましたが本土では残っています。今年初めて、通常大会で使うセットを見ます。左右の「○」と「×」の骨組みもあって、中央の回転する解答表示もありますが、全体に背景部分の面積がいつもより小さい。
 そしてなぜか、舞台の裏にクイズラアドバルーンを隠しています。このアドバルーンは第4回のときに作られたもので、近年はめったに使われません。第1回から高校生クイズではクイズラという怪獣のキャラクターが使われているなんて説明する機会がありませんから。

 前説では、携帯電話での通話だけでなく携帯で写真も撮るなと言います。毎回書きますが、ミヤギテレビの務台という、いかにも読売新聞から天下ったと思われる名字の社長のあいさつです。「ライオンさんの肝いりで始まった高校生クイズ」。応募が400チームと言ったように聞こえました。続いてライオンの東北第2エリアユニット統括の開会宣言です。今年から聞いたことのない肩書きの人が出てきて、ライオンも組織変更があったようですね。

 ここで高校生をロープで分ける人が入ってきてから、しずるが登場します。さらに渡り廊下走り隊7が出てきて、プレゼントの説明でボケます。この地区でも舞台から降りてボールを投げますが、人数が北海道よりはるかに多いので、注意も念入りです。警備員のバリケードより中に入るなと言っています。この後、ZIPの新事実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

32回北海道大会(その6)

 もう忘れていると思いますが、ホールドオンでメガネの日は何月何日という問題が出題ミスで、翌日に訂正のテロップが出ましたね。その回がようやく再放送されましたが、ちゃんと画面が「10月1日」に直されていて、武内アナの「残念~。10月1日でした」という音声もとり直されていました。

 それでは北海道大会です。決勝の書き問題の1問目は基本的な社会の問題です。全チーム正解。2問目、最後まで聞けば簡単です。全チーム正解。3問目、スポーツで、知らない人は知らないかもしれませんが、全チーム正解。まだ今年、筆記で不正解チームが出るのを見ていません。早押しで無限に点が減っていく可能性があるので、ここで得点を稼がせておくということか。

 早押しに移って4問目、「日本に生息するトンボで、も」で札幌南の昨年ベスト4が押します。最も小さいトンボを正解。この押しで、早押しが暴走する流れを作ってしまいました。
 5問目はまた昨年ベスト4が正解。これは語源が出ているので、ここで押すのがおかしくはない。6問目「赤痢菌を発見した」で札幌南のもう1チームが押します。「志賀潔」で不正解。直哉と並べて名字を答えさせる問題でした。今日の出題傾向では、「赤痢菌を発見した」という書き出しで正解が志賀潔にはならないのですが、暴走モードに入っていると無理に押すわけです。

 7問目「東ヨーロッパの国、セルビアの首都は」で最多枠が押してモンテネグロの首都を正解します。露骨にスーパーアクセント押しができる読み方をしています。8問目も最多枠が早く押しますが不正解。これは最後まで聞いてもおそらく答えられないと思われる、テクニックではなく難問知識系問題です。こういうところでも暴走してしまうわけです。
 9問目、音楽家の名前を答える問題を昨年ベスト4が正解。いかにもクイズ研究会が問題と答えの対応だけ覚えていて、その人が何者なのか知らないというパターンの出題です。これで王手です。10問目は比較的簡単でひねりがありません。最多枠が正解です。

 11問目「小林多喜二のプロレタリア文学」で最多枠が押して蟹工船と答えます。6問目と同じパターンです。今日はこの書き出しで蟹工船が正解になるわけがありません。舞台の船はという問題でした。王手のチームが出ているので解答権を与えないために無理に早く押している面があります。
 12問目、クイズベタを昨年ベスト4が取って決定しました。「今度こそ開成、灘にリベンジしたいと思います」。一方最多枠は「この後のネット予選で上がってみせるので」。県によってクイズ環境はいろいろありますが、北海道は完全にクイズ研支配の体制になってたんですね。桝アナもやたらとネット予選のことを言います。そういえばこの決勝には2700はいませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

32回北海道大会(その5)

 TBSなどで深夜に流れるGMOクリック証券のCMって、高校生クイズの応援ソングが使われてるんですね。タイアップが一つじゃないのか。高クイのためだけに曲を作るほどの状況ではないのかな。

 それでは北海道大会です。ペーパークイズの結果発表。旭川東の最多枠はやはり最後尾にいます。1列目がブー。2列目がブー。3列目がファンファーレです。旭川東のピカチュウの着ぐるみがいるチームが勝ち抜けです。さらに札幌南も。同一列で2チームが勝つこともあるということを示したか。このチームは昨年のスタッフTシャツを着ています。全国大会に出たということでしょうか。さらに桝アナが「次の決勝チームは…」と言うとブーと鳴って、残り8チームがこけます。桝「まるで大阪大会みたいな」。

 4列目がブー。5列目がファンファーレ。札幌新川の混成チームが勝ちます。聞いたことのない学校です。今回の勝者に入り込むとは。
 6列目は着ぐるみが4人並んでいます。ブーです。7列目には敗者復活のタイガーマスクがいます。ファンファーレです。札幌南です。8列目がファンファーレで9列目は失格になります。最後は旭川東でした。最後の9列目も一応ブーブーゲートに乗りますが、「乗りたくない」と泣き叫ぶ男がいます。

 決勝です。札幌新川はリーダーの男子が2年で、残りの男女が3年という変則的なチームです。札幌南の1チーム目は昨年は決勝で負けたそうです。そしてもう1チームはインターネット特別大会で勝って全国でベスト4になりました。同一校のもう1チームには「彼らには現実を教えたいと思います」。
 旭川東のピカチュウのいるチームは2年、もう1チームは3年です。そして最多枠は3年連続決勝に出ているそうです。この後、荒れまくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

32回北海道大会(その4)

 NHKの「日村、土田、塚地の爆笑TEPPANストリート2」。正月の第1弾ではNHK的なお笑い番組に3人が戸惑っているのが透けて見えました。今回も念のために録画しておいたら、「高校生スーパークイズ決定戦」というコントがありました。問題文を一言聞いて押して間違えまくるという、現実の高校生クイズを反映したかのような内容です。ボタンは当然、高校生クイズボタンです。高橋真麻ネタまで出てきたのは驚きです。もっともNHKではかつて、山本高広に「NHKに初登場、フジテレビの軽部アナウンサーです」とネタを振って、画面に軽部真一の写真が出たことがありますが。

 それでは北海道大会です。次は2700のライブです。最初にペーパークイズの1問目の正解発表をします。ツネがプチ整形をした部分はどこという問題だったのですが、本当はプチ整形した後で本格的な整形をしているそうです。
 2700は沖縄とは違うネタをやります。さらに高校生と一緒に右ひじ左ひじをします。
 抽選会で2700の持ち物が、登録番号1番のチームに当たります。スカパー!グッズの抽選があって、注目のヤングエース抽選券を持ってきたのは2人しかいません。ナナマルサンバツサイン本とドラッグ&ドロップ図書カードはセットで賞品になって、涼宮ハルヒ図書カードは単独です。2チームがそれぞれどちらかを選べるわけです。しかし両方とも涼宮ハルヒがいいと言ってジャンケンです。なんでこれだけクイズ研もいっぱいいるのに、杉基イクラサイン本を手に入れようとしないんだ。我々は欲しくてももらえないんだぞ。
 次はSTVグッズです。ファイターズのTシャツは、テレビでアナウンサーもよく着ているそうです。吉川アナが「僕はテレビのレギュラーがないんでこれを着てません」。次はキレイキレイセットです。ここの抽選会は、2700がこれで終わりと言って吉川アナがまだあるというのを繰り返します。さらに沖縄ではなかったスタッフTシャツも提供されました。

 ペーパークイズの結果発表のための番号札が配られます。応募が200チーム足らずだったことがわかります。さらにI列までということで、実際に参加したのは90チームほどということです。沖縄よりもかなり少ない。北海道の代表枠が1チームに減ったのも仕方ないかと思います。もしかして、北海道大会がこんなに早いのに気づかず応募を忘れていたのでしょうか。この後、ここは近畿じゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

32回北海道大会(その3)

 妹のジンテーゼですけど、単行本を読んで、現在の連載を読みました。完全に女子高生3人組の早押しクイズ漫画になっています。主人公が一言だけでボタンを押す場面で終わりますが、この答えはあれだと思います。スーパーアクセント押しか。来年は高校生クイズがこの漫画とコラボするのではないか。

 それでは北海道大会です。参加者が最も多いのは旭川東です。○×クイズの正解は最終的に圧倒的に多くなった方でした。2700が敗者復活の要求に出てきます。そういえばこの予選から、ガチでやります宣言で敗者復活戦をやると言わなくなりました。
 復活の条件は「右ひじ左ひじゲーム」。サンドバッグを左右のひじでたたきます。コンビ名にちなんで1分間で270回できれば敗者復活です。結局、15秒も残して成功させました。桝「高校生にとっては最高の結果でしたけど、芸人さんとしては…」。ちなみにスタッフがやったら100~120回だったそうです。

 この地区は、○×クイズはロープで仕切って、三択はバルーンで仕切ります。敗者復活をやるのは10チーム台ぐらいです。1問目、財布を出すなと言ってから5円玉の問題です。硬貨のデザインに関する問題で、これは難しい。しかし1つの答えが多くて、残りは1チームずつでした。そういえば今年の桝アナは、「正解はこれだ」と言うとき、答えが出る場所ではなく、前方の空中を指します。
 多いところが正解です。敗者が2チームしかいなくても、継続か終了かの判定をやります。当然これで終わりです。まだインターネット特別大会があることを説明して、昨年の札幌南は北海道大会で負けたが全国ベスト4になったと言います。

 ペーパークイズの注意で、書き直しするなと言います。終了後、札幌吉本所属の芸人がライブをやります。住みます芸人ではないと思います。結構おもしろい。メンバーに、かつて高校生クイズで北海道大会の準決勝までいったという人がいます。「みんなと同じレベルでしたよ」と言いますが、今の高校生クイズは2チーム以外が全部準決勝に進めるのに対して当時は何十~何百分の一の確率なのですから、芸人側の方が圧倒的にレベルが上です。この後、なぜそちらを選ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

32回北海道大会(その2)

 ようやく「妹のジンテーゼ」を読みました。

 確かに今、競技クイズの話になりつつありますが、この先どういうテーマにするのかわかりません。ベースに論理で考えることがあるのは間違いないのですが、誰にでも手放しで薦められるわかりやすさではありません。

 それでは北海道大会です。札幌テレビの取締役営業局長があいさつで、2700と渡り廊下走り隊7と桝アナが来ていると言います。ライオンの北海道チェーンユニット統括の開会宣言ですが「全国高等学校選手権を開会します」。この部分はどんなに間違えてもそのまま放送せざるを得ません。
 2700は沖縄に続く起用です。続いて出てきた渡り廊下走り隊7も右ひじ左ひじをやります。仲川と小森です。渡り廊下走り隊7が投げるボールを受け取るためにグローブをはめているチームがいます。

 今日のセットには中央から飛び出す仕掛けがなくて、桝アナが普通に横から上ってきます。「罰ゲームは怖くないかーっ!」。そして「しゃべくり007見ちゃったっていう人、本日はその記憶は完全に葬り去ってください」。
 福澤はファイアー、ラルフはパワーだったと言って、「私のかけ声は?」。すると高校生が一斉に「恐妻家~」。事前に打ち合わせたりしているわけではないんですよ。それで「恐妻家」で一致です。完全にキャラクターが確立しました。
 ビクトリーのときに全員で両手を上げると「地図記号の畑みたい」。新しいネタです。「ZIP!」のCM前の映像を高校生と撮ります。ちなみにしゃべくり007の放送を見た妻には「あんた品がない」と怒られたそうです。

 ○×クイズが出るところで、旭川東クイズ研究会がのぼりを片付けます。ついてこられないようにするためでしょうか。問題はオリンピックに関するものです。問題文だけだとあちらにしたくなりますが、どう考えてもあの事実は動かないでしょう。しかし、なぜか私の思ったのと逆の答えの方が多い。と思ったら、締め切り直前にすごい人数が反対に動きます。これって、クイズ研が結託して、なるべく多くの敵を不正解に誘導しようとしていたのではないか。この後、芸人としては失敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

32回北海道大会(その1)

 高校生クイズのファン投票枠ですが、選択肢に慶應義塾女子高校がありますけど、かつて、聖心女子高校や慶応女子高校は高校生クイズ参加が禁止されていると週刊誌で報道されていたことがあります。現在の東大東大高校生クイズになったら変わったのでしょうか。それとも選択肢に入れることで出場させる圧力か。最終発表で5位までにここが入るか楽しみです。

 それでは7月15日の北海道大会です。第1回から第30回に至るまで、北海道大会は全予選の最後に行われることが多い。必ず後ろの方に開催されます。今回、32地区のうち2番目が北海道という極めて異例な事態です。過去に北海道大会がこんなに早かったのは第23回だけです。また、予選の開催順で沖縄と北海道が隣り合うというのも過去に1回しかありません。おそらく、32地区にも増えた予選を効率的に回るために、最も遠くて他と離れている北海道を、夏休みが始まる前に済ませておく必要があったのでしょう。

 会場は野幌森林公園に戻りました。今回の会場が昨年と違うというのも珍しい。区割りが変わったところを除けば他には静岡と長野だけです。そういえば今日は静岡大会もあります。2カ所で同時に予選が行われるのが今回は8日もあります。

 セットの左右の○と×が、解答表示に使う○と×の垂れ幕です。明日は宮城で使うので、北海道には本格セットを持ってこられなかったか。しかしセット正面の板は、この会場だけで使うようなものには見えません。

 今年も河合塾のブースで抽選会をやっているようです。もらえるタオルは今年からハンドタオルになっています。参加者は沖縄よりも少ないくらいに見えます。太陽は熱くて風は冷たいので、強すぎる冷房に当たっているようで体調が悪くなりそうです。
 11時前に吉川アナが出ます、今度の金曜日の「アタックヤング」で今日の模様を放送するそうです。あれを使えば全国でSTVラジオが聞けます。この後、一番大事なことが抜ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

日本人の質問(その61)

 駅で拾った「SPA!」を読んだら「実は読めてない!うろ覚え漢字100」という特集があります。アンケートの結果、いかに多くの人が読み間違えているかというのを書いてあるのですが、その中にこんな記述が。

――――(ここから)――――

 茨城県(=いばらきけん)は「いばらぎけん」と誤読する人が多いことで有名な県。一方で、混同しがちなのが、大阪府茨木市(=いばらぎし)。「いばらきし」と読み間違えると地元民に怒られてしまうぞ!

――――(ここまで)――――

 大阪の茨木市も「いばらき」です。市が扶桑社に抗議していいレベルです。この間違いで、SPA!のこの記事は読んでもしようがないことがわかります。

 それでは「クイズ日本人の質問」です。

――――(ここから)――――

切り花を長持ちさせるため、花瓶の水に入れておくといいものとは?
花瓶の水を放っておくとバクテリアが繁殖して茎の切り口をつまらせ、水が上がらなくなる。それを防ぐには、水に漂白剤を1、2滴たらすと、含まれる塩素がバクテリアを抑える。
国立精神保健研究所でアドバイスしている、質の高い眠りのために効果的なこととは?
人間の1日の眠気のリズムには2つのピークがある。1つは午前4時から5時前、もう1つは午後3時ごろ。これに合わせ昼寝をすると、眠気がとれ、すっきり過ごすことができる。結果として夜もぐっすり眠れる。昼寝は15~30分ぐらい、椅子に腰掛ける。週3日程度でも効果がある。
キリマンジャロのふもとにいるカバの母親は、どうやって赤ちゃんに乳をやる?
カバは日中ほとんど水の中で過ごす。そのため授乳も水の中で行う。水中の方がより外敵が少ない。母親が息を吸って水中に横たわる。親子ともときどき息継ぎをしながら、長いときは30分ぐらいかける。
小笠原村で、2カ月に1回決まっているゴミ出し日とは何を出す?
ポンコツ車を貨物運搬船で本土に運び出しリサイクルしている。昭和49年に条例が制定された。四方を海に囲まれていて、年中潮風にさらされるので、4~5年で車を乗り換えなければならない。多いときには50台余りの車が集まる。
ネコの群れの中で、ボスになるオスの条件は?
顔が大きいネコほど権威を示すのに有利。群れではお互いに顔を見て優劣を確認している。強気のオスはヒゲを膨らまして耳を立てて顔を大きく見せる。
東京・葛飾に工場がある野田員弘さんが作っている、世界のニュースの檜舞台でも見られるものとは何?
サッカーのワールドカップで使われるホイッスルを作っている。すでに32年前から海外の大会で使われている。野田さんのホイッスルはスポンジの代わりにコルクの玉が使われているため、湿気を含んで重くなることがない。そのためいつまでも澄んだ音が出続ける。また、吹き込み口とドラムをつなぐ3センチほどの部分が緩やかな角度で狭められているため、少ない息でいい音を響かせることができる。
「お父さんが家庭で決定権を持つものは?」というアンケートで、お父さん自身が答えた1位の回答は?
1998年、明治生命が関東・関西在住のお父さん1100人に聞いた。1位は自分のおこづかいの金額で34%。2位は休暇の過ごし方。3位は特になし。4位は3万円以上の買い物。5位はテレビのチャンネル権。しかし、総務庁が出している家計調査年報によると平成元年は27000円で平成11年は23000円に落ちている。つまり、1位の回答は、自分でそのように思い込もうとしているだけだと考えられる。

――――(ここまで)――――

 睡眠とかホイッスルのネタは、いろいろなテレビ番組でやって、いまや常識に近くなりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

人間国宝さん

 先週の「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」に垂木勉が出ていました。レギュラーを多数抱えて慢心して仕事がなくなった時代もあったと言っていました。ところで、担当番組を紹介するのに「お試しかっ!」などのロゴを出すだけで「映像提供 テレビ朝日」といちいち入れなければならないんですね。

 Eテレの「伝える極意」。今年もクイズの回が放送されます。しかも放送日のうちの1回は高校生クイズの当日です。改めてどういう番組か書くと、おそらく日本のテレビ番組で初めて、早押しクイズの問題の作り方をちゃんと説明する(それも教育目的で)というものです。教材だからずっと放送され続けるわけですね。
 そういえば先日「10min.ボックス」を見たら、報道の仕事というのでNHK高松放送局が取り上げられていました。夕方のニュースをどういう順番で放送するか決めるのですが、「加ト吉事件続報」というのが出ます。何年前のことだ。加ト吉はずっとここで不祥事を蒸し返され続けるわけです。

 今日は関西テレビの「よ~いドン!」の「となりの人間国宝さん」は、阪急蛍池駅周辺でした。大阪大学に入っていきます。学生センターで何か紹介してくれと言うと、連れて行かれたのがクイズ研究部。「全国大学クイズ大会で今年優勝」という文字が出ます。何の大会かはわかりません。
 VTRからスタジオに戻るとき問題が出て、普通は「この人の人生で失敗したことは」とか「この後起こったハプニングは」とかいうのですが、今回は「1960年にクルト・ディム・ベンガーによって初登頂された、サンスクリット語で白い山という意味がある、標高約8167メートルと世界で7番目に高い山は」というのをスタジオの宇治原に出します。なんか宇治原が答えられなさそうな問題を探していたので、難問系オープン大会の問題集か何かでしょうね。早押しをやっている場面ではそんなに難しくなかったが押すのが早い。
 今、一部の特定の高校もああいう雰囲気になっているわけで、普通の高校生が高校生クイズに出ても最終的に勝てるわけがないというのがよくわかります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

焦点ずらす事前番組(その5)

 最近思い出したのですが、「スター☆ドラフト会議」のイケメンクイズ王ってどうなったんでしょうか。

 それでは事前番組です。鈴木奈々とPopteenのモデル3人が突撃ハイスクールです。神奈川の学校に行きます。女子生徒2人をギャルメイクに変身させます。すでに企画がクイズでなくなっています。
 ここでCMがはさまりますが、翌日の「しゃべくり007」に桝アナが出ることがわかります。そちらの話を書きますと、いつの間にか今の地位を手に入れてしまったような感じで、今後についても、自分に能力があるわけではないので特に何を目指しているというのも一切ないそうです。
 変身後の姿を見せて、今度は鈴木がデザインするバッジです。鈴木がアメリカ柄大好きで、部屋中が星条旗デザインのものばかり。それでバッジも星条旗になったとは知りませんでした。ここでまたCMをはさんで、鈴木によるバッジのおすすめコーディネートもあります。

 最後に、ヤングエースなどの抽選券の話、BSスカパー!で予選番組が放送される話、そして「番組ホームページでファン投票」と言います。「あなたの1票で全国大会に出られるかも」。なんだその企画は。そんな重要なことをほとんど気づかれないように言うとはどういうことだ。
 過去10年間に全国大会に出ていない学校の中から、出てほしい学校をインターネットで投票できるのです。上位5校の中でインターネット特別大会の成績がトップのチームが全国大会に出られます。オールスター戦のように、県ごとに選択肢がありますが、選択肢にない学校にも投票できます。選択肢に入っているのは、初期に全国大会に出ていた学校や有名進学校のようです。これって狙いは、麻布とか桜蔭とかの有名校が高クイ全国大会に出るのを見せるためでしょうか(桜蔭は21回で、怪しい全国大会出場の仕方をしたが)。途中経過がリアルタイムで表示されるページはすぐに消されましたね。いろんな形で不正投票が試みられるかもしれませんし。私が最後に見た段階では函館ラ・サールが2300票ぐらいで断トツでした(2位が600票ぐらい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

焦点ずらす事前番組(その4)

 今週のプレッシャーSTUDYで、ともに宇治原が答えた「ウスバカゲロウ」と「グラバー」という問題がありました。私もわかったのですが、自分の解答に自信がなかったのは、芸能人のクイズ番組でそこまで難しい答えが出るかということでした。クイズに出る芸能人も勉強を積んでいった結果、こんなにレベルがインフレ化してきたかと思いました。このままいくと、そろそろ勉強クイズ番組も視聴者離れが起きるのではないかという気がしました。

 それでは事前番組です。沖縄大会の決勝の1問目は全チーム正解です。「まさに実力伯仲」というナレーション。あんな簡単な問題で誰が間違えるんだ。2、3問目は全チーム正解だったことだけ言います。
 早押しは、大阪維新の会を放送して、昭和薬科の最多枠が5ポイントになります。ここでももいろクローバーZを放送です。事前番組で流して参加者をだますために出題された問題。ここから球陽が正解する場面を連続放送して、王手になります。続いて最多枠も王手になって、最後は逆転です。

 応援パーソナリティの紹介に戻ります。福岡佐賀大会は我が家。ここにはHKT48も来ます。熊本はなだぎ武。長崎はものいい。そして鹿児島、宮崎、大分が扱いが悪い。
 CMをはさんで、広島はCOWCOW、岡山は東京ダイナマイトです。扱いが中くらいです。時間は長いがナレーション処理です。山口はダイノジ。こちらの方が扱いがいい。昨年は北海道に出ていましたし。そして鳥取島根、高知、香川、徳島、愛媛は扱いが悪い。
 近畿は銀シャリと天竺鼠です。近畿の応援パーソナリティは、関西ではレギュラー番組が多いが東京進出していない人が出てきます。最近、ミラクル9で、東京に進出できないキャラとして銀シャリの橋本が使われていますが。天竺鼠の瀬下の高校時代の話をして、勝者へのプレゼント内容も言います。この番組を見ると、力が入っている地区とそうでない地区がはっきりわかります。当然、近畿にはNMB48が来ます。この後、星条旗バッジの謎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

焦点ずらす事前番組(その3)

 高校生クイズの事前番組第2弾ですが、読売テレビでは今度の日曜深夜に30分枠で放送されるようです。電子番組表によると、沖縄大会の模様も応援パーソナリティ紹介も放送されるようなので、カットされるのはあそことあそこでしょうか。このところ、読売テレビが事前番組に非常に冷たい。昨年も第1弾は放送されず、第2弾は7月末の深夜で、私はテレビを見られない場所にいたので放送されたことも知りませんでした。

 それでは事前番組です。ここからは30分バージョンではカットされると思われるコーナーです。沖縄大会の前日にスリムクラブと桝アナが、那覇メインプレイスに行って、高校生を捕まえては高校生クイズをアピールします。今や、予選前日に高校生クイズに出てくれと番組側が言って回る時代になったんですよ(沖縄テレビでも予選前日に参加者募集の告知をしていたらしい)。
 初期の高校生クイズは、ハガキで応募すると参加申込書が封書で送られてきて、それを返送すると予選通知ハガキが送られてきて、初めて参加資格があるというものでした。しかも同一校からの応募が多すぎる場合には、応募しても抽選で出られないこともあったのです。参加規定には「当日の飛び入りは絶対に認めません」と書いてありましたが、今は当日の飛び入りができるようです。
 2700が来ると知って出ると言う女子高生がいます。「2700のおかげでPR成功」という文字が出ます。

 次は真栄田が通っていた予備校へ行ってPRです。ここの講師が、大学のプロレス研究会で真栄田の後輩だそうです。真栄田の高校時代最大の失敗は何という問題を出します。CMをまたいで、正解は体育の授業中、うんちをもらしたことだそうです。さらに○×クイズをやります。
 さらに別の予備校にも行きます。こういうのに予備校を使うというのは、隠していても全国大会は例年通りになるということを表しているでしょうか。

 沖縄大会の決勝の映像になります。ペーパークイズの存在に触れません。と思ったら、なぜか最多枠の説明はきっちりやって、ペーパークイズのことが明らかになります。この後、無理のあるナレーション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

焦点ずらす事前番組(その2)

 ウィンブルドンによって、ホールドオンの本放送と再放送に1カ月近く差がつきました。これから差を詰められるかと思ったら、今年はオリンピックというものがそびえていることに気づきませんでした。オリンピック期間中、NHK総合テレビはほぼすべての放送がオリンピックになるにもかかわらず、昼間の数時間だけは通常番組があるのです。事実上、オリンピック期間中に放送されるスタジオ収録のバラエティ番組はホールドオンだけです。甲子園大会が始まるまでの間、これでさらに本放送と再放送の差が広がります。

 それでは事前番組です。CMが明けると、関東大会に来る応援パーソナリティの高校時代の写真が出ます。平成ノブシコブシと渡辺直美なのですが、なぜ今年の関東という感じのする人選です。スギちゃんのスケジュールを押さえられなかったのか。吉村が高校時代に告げ口された話をして、会場でやることとプレゼントする物も言います。さらに、鈴木奈々と、日本テレビがかかわっている映画に出る3人のモデルが来ることも発表されます。
 次は北海道大会の2700です。すでに沖縄に行っている映像が出ているので、新鮮味がありません。ツネがサッカー部時代の話をします。宮城大会はしずるです。
 山形大会がエド・はるみで青森大会がジャングルポケット。VTRが短くなって扱いが悪くなります。そして秋田・福島・岩手はまとめて写真ですませるという、はっきりした格の差が表れます。

 中部地方に移って新潟はあべこうじと佐久間一行。富山と長野はもう中学生。石川はエハラマサヒロ。福井はマキシマムパーパーサム。ここまでが中くらいの扱いで、山梨と静岡が一気に扱いが悪くなります。そして最も大きい扱いになるのが中部大会のはんにゃです。金田が高校生クイズに出たときの写真があります。さらに中部にはSKE48のメンバーも来るという発表がありました。地区ごとの格差が大きい。この後、こんなことが可能になるとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

焦点ずらす事前番組(その1)

 大阪ガスでは以前から、CMキャラクターにロザンを使っていますが(当初は菅のみで途中から宇治原が加わった)、エネファームのCMで、クイズ番組を模した長いのが放送されていました。ここで宇治原の押す高校生クイズボタンがアップになります。こんなところでもクイズといえばこのボタンなんですね。当初は高校生クイズでしか使っていなかったとは信じられません。

 それでは事前番組第2弾です。田子千尋のナレーションで、例年以上にパワーアップと言います。予選会場が32カ所になって、さらに行きやすく。そしてすべての会場に人気芸人がということです。さらに、あのアイドル軍団も参加決定と、AKBの映像が流れます。

 近年、沖縄テレビのつくる番組よりも内容の濃い沖縄大会の模様です。スリムクラブと2700と、渡り廊下走り隊7の浦野と菊池が出てきます。私は浦野は知っていましたが菊池は知りませんでした。でも菊池について調べたら、名前は知らなかったけどそういうメンバーがいることは知っていました。ボールを受け取るとAKBグッズがもらえることも放送します。
 桝アナが登場します。ナレーションが、今年はご存じ○×クイズと言います。問題が出て移動の映像のところで、「知識がなくても仲間がいて少しの運があれば勝ち抜けるのが地区大会」というナレーションです。今回の番組の最大のキーワードかもしれません。番組の本質を隠して人数を集めようという姿勢がはっきりしました。

 正解が出て、敗者復活戦の要求です。2700が右ひじ左ひじをやると、両方の腕に「敗者」「復活」と書いてあることがわかりました。現場では近寄れないので見えません。人気芸人が体を張ってくれるのも高校生クイズというナレーションが入ります。
 敗者復活のクイズ自体は、「三択クイズで90チームが復活」というナレーションですませます。2700のライブの模様と、抽選会で真栄田のパンツを提供するところを放送します。ここでCMですが、参加者募集CMが、物をもらえる話ばかりです。この後、扱いに差。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

32回沖縄大会(その9)

 今日「久米宏ラジオなんですけど」を聞いていたら、堀井アナが、タイがどこにあるかとかイランの隣の国とか全然答えられません。もともと相当ボケた感じの人で、先日、久米が病気で休んだときは、オープニングのフリートークができなくて、途中でギブアップしていました。この人が「クイズ神」で、めちゃくちゃ難しい問題をもっともらしく読んでいたわけです。

 それでは沖縄大会です。決勝の9問目は最多枠が正解。10問目は昭和薬科の2年が取ります。11問目、高校生が生まれるずっと前の話で、昭和薬科の2年が連続正解。これでトップに並びます。
 12問目は球陽が正解。13問目「本名は杉山英司。ワイ」で球陽が押してスギちゃんを正解。さらに14問目も正解して、一気にトップに並びます。15問目、また球陽が取って、これで王手です。昨年は昭和薬科の連覇はなくなると思われたところで最後に逆転しましたが、今年こそ昭和薬科が負けるか。

 16問目「中国の思想家で、性善説を唱えたのは」で最多枠が押して荀子を正解します。スーパーアクセント押しです。これでここも王手。
 17問目の正解は亀山社中ですが、昭和薬科の2年が押して「陸援隊」。その誤答は今まずい。18問目、最多枠が正解して決定しました。結局今年も昭和薬科です。球陽はモルを間違えていなければ代表になっていたのです。

 沖縄尚学のリーダーが「答えられたのはよかったですけど、ももクロだけというのはちょっと」。桝アナが「来年も出てくれるか」と言うと「いいとも」。桝アナは「他局ですよ」と言いますが、沖縄では高クイと同じ局でやっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

32回沖縄大会(その8)

 今、ラウンドワンのボウリング場でくいだおれキャンペーンというのをやっていますね。CMだと、1番ピンがくいだおれ人形デザインで、それだけ残して他を倒すとくいだおれ人形ストラップがもらえるというものです。これって、13回高校生クイズの敗者復活戦ではないか。なお、ホームページで確認したら、くいだおれピンが出る位置は1番とは限らないそうです。

 それでは沖縄大会です。決勝の書き問題の1問目。ものすごく簡単です。通常、これだけ簡単な問題が出るということは、ペーパークイズの成績が悪かったということも考えられますが、沖縄の場合は、出場者を募る事前番組で映像を使うので、難しいように見せられないという面もあります。全チーム正解です。
 2問目、流行語に関する問題ですが、その語源は声優です。こういう問題も全国大会では決して出ません。全チーム正解です。3問目は数学ですが、これも小学生でもできる問題。全チーム正解です。那覇国際は余裕があり過ぎて絵まで描いています。

 ここから早押しです。4問目は科学で、いわば時事問題ですが、昭和薬科の2年が押して答えられません。5問目も時事問題。しかし予選番組の放送時に衆院選をやっている可能性があるのでまずいと思うのですが。昭和薬科の最多枠が正解します。6問目の正解は、ももいろクローバーZです。事前番組対応の沖縄でしか出ない問題です。沖縄尚学が正解します。
 7問目、本名だけで昭和薬科の2年が文学者名を正解。8問目は「およそ6.02×10の23乗」で球陽が押して「アボガドロ数」と答えますが不正解。モルでした。この後、今年こそ打倒か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

32回沖縄大会(その7)

 沖縄で思い出しましたが、「日本の紙幣の金額を足すと」といった問題で、2000円札の扱いはどうなるのでしょうか。もう印刷していませんが、これは流通している紙幣だとして含めると、昔の1円札とかの扱いと区別できなくなります。去年の段階で、規則を見て何を表しているか当てるという脳トレ問題で、正解が日本のお金だったが2000円札がないことになっているのをすでに見ましたが。

 それでは沖縄大会です。ペーパークイズの結果発表のC列はブー。D列はファンファーレで、那覇国際の混成チームが勝ちます。E列もファンファーレで、昭和薬科が決勝進出。F、G、Hとブーが続いて、I列がファンファーレです。沖縄尚学です。J列がブーでK列がファンファーレ。これでL列は失格になります。ペーパーに残ったチームだけで120近くいることがわかりました。最後に勝ったのは球陽です。

 決勝のセットは、なぜか下段が4チームで上段が2チームという不自然な形になっています。スリムクラブと2700は司会席の横に座ります。決勝で応援パーソナリティが椅子に座るのは初めてではないでしょうか。
 16時過ぎに決勝が始まります。昭和薬科は2年生が1チームいます。最多枠は全チームの中で成績トップだったそうで、枠とかまったく関係ありませんでした。残りの球陽、那覇国際、沖縄尚学はいずれも混成チームです。那覇国際はリーダーが女子です。
 ルールは昨年から1カ所変わったところがあります。早押しでの誤答はマイナス1ポイントかつ1回休みになります。これまでクイズ大会で一度も聞いたことのないペナルティですが、失格のルールがなくなったのです。この後、そんなことを聞く。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

32回沖縄大会(その6)

 「ソガのプワジ」で東大クイズ研や宇治原と対決したメンバーが逮捕されました。今夜の放送は、午後になって中止が決まって、後ろの番組が繰り上がるという見たことのない編成でした。7月のこの時期は、クイズ関係者が逮捕されますね。

 それでは沖縄大会です。ヤングエースの抽選券を持ってきた人が1人しかいなかったため、ナナマルサンバツ本など残り2種類のグッズは全員を対象に抽選することになります。
 この後、キレイキレイが5チーム、OTVグッズが10チームに当たります。これで終了で、今年はスタッフTシャツがありません。

 ペーパークイズの結果発表です。Aから順に、10チームずつの列になります。どのチームがどの列になるかはスタッフに指定されています。登録番号の順に呼び出して、どの列か書いたカードを渡すのですが、応募が250チームを超えていたことがわかります。
 10チームずつブーブーゲートに乗って、ファンファーレだとその中に決勝進出チームがいます。10チームの中でどこが決勝進出かは口頭で発表します。
 まず、最も多く参加した昭和薬科大附属でトップのチームを発表します。やはり最後尾にいました。このチームが自動的に決勝進出なのも昨年と同じです。

 A列は全チーム昭和薬科で、ブーです。圧倒的に強い学校が多数参加しているときによくやる演出です。鹿児島だとラ・サールで決勝進出しないチームを先頭に固めるとか。B列はファンファーレが鳴って、昭和薬科が決勝進出です。しかしこの列の決勝進出が1チームとは限りません。「次の決勝進出チームは」と言ってブーが鳴ると終了です。この後、謎の並べ方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

よそで見た問題

 クイズ神で、(28回以降の)高校生クイズ全国大会と同じ問題が出ていましたね。そして、高校生クイズ全国大会でカットされた問題も出ていました。クイズサミットの人?がカットされたことにネットで不満を述べて騒ぎになったときのです。
 そして「行列のできる法律相談所」では「嵐にしやがれ!」での細野晴臣問題を放送していましたね。クイズ神で何をやるか知っていたかのようです。逆にクイズ神でこの問題が全員正解でなかったのが不思議だったのですが。
 あと、やくみつるは街中で会った一般人にいきなりクイズを出されるというのをやっていましたが、私も渋谷の古本市でやくに会ったことがあります。妻と一緒で、ドイツのビールのラベルを集めた本を買っていました。私も問題を出せばよかった。って、当時はクイズの人というイメージはありませんでした。

 行列の後にやっていた「ブラックバラエティ」では、野球の非常に複雑なルールに関するクイズをやっていました。知らない人は周りの人に聞けといった文字がたびたび出るのですが、野球に相当詳しい人でもついていけないような内容だったと思います。よく番組の企画として成立したものです。しかしこの話は「ドカベン」で実際に描かれた場面そのもので、ドカベンの文庫本の解説も書いている伊集院光が知らないはずはないと思います。それを知らないふりをして、別の論理を持ち出しながら一緒に考えるのは大変だろうと思いました。

 そういえば昨夜の「ストライクTV」のエンディングで、次回の問題の予告が出ていて、太田らが「ええ~っ」と驚く顔の映像が出るのですが、その問題って「雑学王」でやっていただろ。以前、NHKの番組で眞鍋かをりが、クイズ番組で正解したとき、なぜわかったと聞かれると、他の番組で見たと言えないので苦労すると言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

激しく水増し事前番組(その3)

 「行列のできる法律相談所」のクイズ王企画が放送されました。押し込み、読ませ押し、スーパーアクセント押しと、関西ローカルの番組ではよく使っているネタの集大成でした。そしてうわさには聞いたことがある、クイズ芸能人が集まるというクイズサミットの模様が初めて放送されていましたが、業界関係者だが芸能人ではない2人と、芸能人でも業界関係者でもない1人が入っていました。高校生クイズで活躍して東大クイズ研に入ると、あんな芸能人サークルに加わることができるのか。私なんか、いくらクイズを鍛えても、例えばクイズ神に応募しても「あなただけは来られると困る」と言われそうですが。当ブログもクイズ関係者にどの程度読まれているのかまったくわかりません。

 それでは事前番組です。3回戦の紹介です。アナウンサークイズも多答早押しになります。東北四大祭りの問題が出て、また古瀬絵理に有利です。ところでここまでテレビ朝日代表が誰だったか一度も書いていませんが、それだけ存在感がまったくなかったのです。
 決勝の紹介があって、アナウンサーも早押しです。1問目、明石家さんまに関する問題を青木裕子が正解すると「芸人さんの問題に強いですね」という声が上がります。そして次に、ズバリ正解がナインティナインという問題が出て、青木が正解します。富永美樹が「つき合ってるもんね」。解答者が田中みな実だったらオリエンタルラジオという問題が出たのでしょうか。さらに太田光に関する問題(本選では1回戦か2回戦で出るタイプの問題)にも青木が正解して「芸人さんの問題は全部青木さん」。

 決勝のリハーサルを少し長く放送します。ようやくまともな事前番組です。しかしコメントを求められた笹野高史が「サマーレスキュー」。番宣番組なのに別の番宣が入ってくるのか。
 番組開始から1時間35分たって初めて予選の模様が放送されます。予選はものすごく難しかったといううわさでしたが、放送された10問はかなり簡単。私が知らないのは1問だけでした。どうやら最も簡単な10問を選んで放送したのではないかと思われます。普通のクイズ王番組の逆です。これもワールドクイズクラシックの反省に立っているのでしょう。

 本編の視聴率は10%台前半だったようですね。WQCよりはかなり改善しています。裏番組の影響は相当ありますが、それを除くとWQCの反省が生かされていたと思います。問題傾向が、難しい学問を避けて、答えを知るのがおもしろいと思えるようなものを選んでいました。年配世代には超易問だが今のクイズマニアは知らない問題を出していました。そして3回戦の、「あまりに問題が難しいので視聴者には答えを見せる」という演出が画期的でした。あと決勝で途中で押した問題は「…ということを答えさせる問題でした」というナレーションに代えるというのも新しい。
 番組はまたあると思いますが、今回のコンセプトではもうできないと思うので、次回は出場者の決め方はWQCで番組は今回の形式でワールドクイズクラシックというタイトルでやればいいのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

激しく水増し事前番組(その2)

 今日の「アッコにおまかせ!」にクイズ神が出ていました。1人で出演者全員と早押し対決するという、あまりに手あかのついた企画ですが、和田アキ子に有利な問題が出ます。和田がボタンを押すとき「匠すみません」と言います。肩書きだか本名だかわからなくなっています。と思ったのですが、クイズ神という非常に違和感のある呼び名より、「クイズの匠」の方がいいんじゃないか。なんということでしょう。

 それでは事前番組です。アナウンサーのクイズは1回戦のルールに準じて書き問題です。古瀬絵理がいるのに1問目が山形に関する問題、3問目がスイカに関する問題です。古瀬が自分で「私はスイカップだから正解しなければいけない」と言って周りが引きます。本編での唐沢の全見せ発言に近いものがあります。
 ドラえもんのスネ夫の名字はという問題が出るのですが、本編のリハーサルでは全員が正解した問題だといいます。そのリハーサルの映像が出ますが、明らかに出席していない解答者がいるのに、画像加工で無人の解答席の解答表示も赤くなります。なんで無理にそんな映像を入れる必要があるんだ。
 正解のときに鳴る音が「ザ・クイズショウ」ですね。青木裕子の解答のボケぶりを見た冨永美樹が「青木さんフジテレビ受けたら受かってたんじゃない?」。

 2回戦の紹介です。FNSクイズ王代表が、「8チャンネルの申し子が6チャンネルもいただきます」と言います。チャンネル番号を言ったら関東でしか使えなくなります。しかもこの人は関西在住だから、自分は6チャンネルで見ないだろ。
 アナウンサークイズもここから早押しビジュアルです。一方で各クイズのリハーサルの映像も使われます。参加者が実際にはない組み合わせで対戦します。13回ウルトラクイズ決勝対決とか。こういうのばかり流せばクイズマニア的にはいいでしょうが、今回の番組はマニアを意識しすぎたワールドクイズクラシックの反省に立っているようですから。この後、自局でそこまでいじられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »