« 16回東北大会(その3) | トップページ | 16回東北大会(その5) »

2012年6月 1日 (金)

16回東北大会(その4)

 今週の「テストの花道」では、ある答えになる問題を作るというのをやっていました。しかし、高校生たちの作る問題は、限定できていないはそもそもその答えを指すものになっていないは、むちゃくちゃです。クイズ問題を作るって、結構難しいんですね。明日、再放送されます。

 それでは16回東北大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 3問目は、以前からいかにも高校生クイズのYES-NOで出そうだと思っていたがあまりにも有名なネタなので出せないんだろうなと考えていた問題である。やはり正解の方が圧倒的に多かった。
 5問目はいわゆる「余計な修飾語問題」だが、この修飾語は引っかけでYESに行かせるためにつけているのではなく、この問題を出すこと自体の言い訳のためについているものなので(この修飾語がなくてもYESだと思うのが自然)YESである。また9問目は問題文のパターンだけだとNOのようだが(特にクイズマニア系がはまりそう)、問題制作者が苦し紛れに作ったら問題会議を通ってしまった問題だということが文章から透けて見えてくるのでYESである。言い換えれば、同じ問題文でも2問目に出るか9問目に出るかで考え方は変わってくるのである。

 隣の会場でペーパークイズが行われる。やはり今年は何のひねりもない、ただのペーパークイズである。そのため、制限時間は昨年までの30分から20分に減っている。一方、最初の会場では敗者復活戦の新企画。吾妻アナウンサーと、新入社員の1人の伊藤アナウンサーの前に箱が置いてある。それぞれの箱にはポケットベルと靴下が1つずつ入っていて、2人が同時にどちらかを選んで取り出す。2人の取り出すものが一致するかしないかを予想して移動するのである。4問ほどやったところで予想通り「ここからはジャンケンだーっ!」。ということで1チーム決まった。

――――(ここまで)――――

 3問目は、イチローのプロ入り初ホームランの相手は野茂であるというもので、先日のホールドオンでも出ていました。当時、問題制作のアルバイトをしていた人によると、こんな有名なネタにもかかわらず、スタッフには「こういうのを求めていた」と言われたらしい。
 9問目は本当にクイズにする理由がないような当たり前のことを聞いていて、クイズマニアなら何か裏があると考えて間違えそうです。

|

« 16回東北大会(その3) | トップページ | 16回東北大会(その5) »

コメント

その9問目ってどんな問題だったんですか?

投稿: KTX | 2012年6月 1日 (金) 21時55分

その9問目ってどんな内容だったんですか?

投稿: KTX | 2012年6月 1日 (金) 21時56分

いないは→いない「わ」では?

投稿: | 2012年6月 2日 (土) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54850175

この記事へのトラックバック一覧です: 16回東北大会(その4):

« 16回東北大会(その3) | トップページ | 16回東北大会(その5) »