« 20回近畿大会(その4) | トップページ | ローカルな話題 »

2012年6月19日 (火)

20回近畿大会(その5)

 NHKで平日の朝に「プレミアムアーカイブス」というのをやっていますが、ここで、過去にBSで放送された番組のリクエストを募集しています。この映像のバックにいろいろな番組のロゴが映るのですが、その中に「クイズメーカー」があります。クイズメーカーをリクエストしたら本当に放送するんだろうな。

 それでは20回近畿大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 残っている面々を見ると、奈良県は東大寺学園ばかりではないか。どこが「ほとんどが第1問で敗れ去った」なんだ。映画村中を歩き回って5つのクイズを見て回ります。それぞれのチームは、自分の成績はわかっても、同じグループの他府県がどうなっているかはわからないわけです。

 最後に全グループは、お白州のセットに集合します。ここで遠山の金さんに扮した三浦アナが出てきて片肌脱ぐと、入れ墨がトップのグループの色になっています。この5チームが決勝進出となります。しかし決勝の相手は、負けた各府県3チームが今度は団体戦でなく個別の対戦で決めることになります。

 時刻がすでに17時を回っています。実は映画村の閉園時間なのです。警備員がやってきて、関係者以外を追い出そうとします。こういうのは珍しい。普通、収録現場に立っていれば、閉園時刻を過ぎても何か言われることはまずありません。16回の中部の明治村で、私が何も言われなかったのに他に見ていた人が追い出されたのを見たことがあるだけです。とにかく、高校生クイズの情報をネットに流す人たちが強制的に出口へ連れて行かれそうになりました。ここで私は「ここにいる一般人に言ったんだろ。オレはスタッフだから」という顔をして、堂々と違う方向に歩いていきました。高校生クイズを見るためにはこういうハッタリが必要です。裏の職員通用口の近くに来たら、問題も聞こえるうえ、警備員も来ません。

――――(ここまで)――――

 その後、こういう追い出しをやったのは、関東大会で20時になると一斉に観客を追い出したくらいです。その翌年は追い出しませんでした。今や時間制限があるような場所で予選をやることもなくなりました。広島だけはわかりませんが。

|

« 20回近畿大会(その4) | トップページ | ローカルな話題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55005801

この記事へのトラックバック一覧です: 20回近畿大会(その5):

« 20回近畿大会(その4) | トップページ | ローカルな話題 »