« 32回沖縄大会(その2) | トップページ | 32回沖縄大会(その4) »

2012年6月27日 (水)

32回沖縄大会(その3)

 「リンカーン」に唐沢寿明が出ていました。番組の終わりでちょっと告知するのかと思ったら、出てきていきなり、他の出演者を制して延々と番宣です。リンカーンの視聴者層がこれを見たくなるか?

 それでは沖縄大会です。○×クイズの正解発表です。「正解は、正解は、あ、ちょっと待って」と言って、今年はここで最も多く参加している学校を発表します。昭和薬科大附属に決まっています。
 今度こそ正解発表。なんと圧倒的に少ない方が正解です。これでは全国大会でクイズばかりやっている人を残す目的に合致しません。敗者復活戦はかなり本格的なクイズではないかと想定されます。
 2700とスリムクラブが敗者復活を要求します。敗者復活のためなら何でもやると言うと桝アナが「何でもやっていいんですね」。すると真栄田が「えーよー」。

 ここで出てきたのが、足踏みをした回数がカウントされるスイッチです。この機構は10回近畿の決勝で初めて登場して以来、非常に多用されました。その後、地区大会の決勝はスイッチを入れた回数が一定の値になると解答権というのが定番になりました。番組が変質してこれを使う場面がなくなったので、こんなところで出てきたわけです。
 スタッフのリハーサルでは90秒で399回だったということで、400回以上で敗者復活ということになります。4人は途中で自由に交代できます。結果、残り1秒で400になりました。

 ここで休憩です。この間に渡り廊下走り隊7は帰ります。2人が乗っている車のところに集まる男は20~30人ぐらいでした。この後、それってクイズ雑学王。

|

« 32回沖縄大会(その2) | トップページ | 32回沖縄大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55060665

この記事へのトラックバック一覧です: 32回沖縄大会(その3):

« 32回沖縄大会(その2) | トップページ | 32回沖縄大会(その4) »