« 32回沖縄大会(その1) | トップページ | 32回沖縄大会(その3) »

2012年6月26日 (火)

32回沖縄大会(その2)

 私は見ていませんが、昨夜の「Mr.サンデー」で、千葉大学に飛び入学で入った1期生が、仕事がなくてトラック運転手をやっているという特集をしていたそうですね。NHKの「時論公論」では世界で活躍している研究者もいるようなことを言っていましたが、全体としては失敗していると言っていいでしょう。そもそもの問題点は、飛び入学できるような人は千葉大を志望しないだろうということです。某クイズ番組も、高校生時点での学業成績だけで日本を救うとか持ち上げるのはやめるべきだと思います。

 それでは沖縄大会です。渡り廊下走り隊7は応援ソングを歌いません。これは史上初です。2人ずつしか来ないと歌いようがないのか。「AKB48の劇場にも遊びに来てください」って、沖縄から行くのか。

 12時半ごろに桝アナの声がします。例によって水上バイクで登場します。「ZIP!」は放送していないので、「嵐にしやがれ!」に出ている人と言います。「奥さんがすげえ冷たいアナウンサー」。先日の「行列のできる法律相談所」でも取り上げられていましたね。「しかし高校生クイズ総合司会としては私はドSです」。ビクトリーを叫んだ後、広報用の写真撮影です。

 今年から沖縄大会も解答者を仕切るロープの代わりに、昨年の通常大会で使われたソーセージ形のバルーンが登場しました。「1回戦、例年とはルールが違います」。例年って、昨年だけが三択で、それ以外の回は全部○×だろ。そして○×のシートが敷いてあるのですから、最初から○×クイズであることはみんなわかっています。おそらく昨年は、サンドウィッチマンが読むために最初の予選の前に全28大会の東北に関する第1問を作らなければならなくて、○×ではとても不可能なので三択になったのでしょう。
 ○×は1問しか出ません。正解なら2回戦進出で、不正解なら失格です。桝アナが西洋ナシを取り出します。ラ・フランスに関する問題です。沖縄とは関係ありません。
 芸能人6人も一緒に答えます。普通に考えたらあちらの答えでしょう。実際、圧倒的にあちらの方が多い。しかし何か臭い。この企画は、昨年までの「1問でも正解できれば」に代わるものとして圧倒的多数が正解できる問題を出すのでしょうか。しかし敗者復活戦でどういう企画をやるのかわからないと、何とも言えません。この後、あの設備も帰ってくる。

|

« 32回沖縄大会(その1) | トップページ | 32回沖縄大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/55053460

この記事へのトラックバック一覧です: 32回沖縄大会(その2):

« 32回沖縄大会(その1) | トップページ | 32回沖縄大会(その3) »