« 16回東北大会(その5) | トップページ | ニュースと関係ない今夜の番組 »

2012年6月 3日 (日)

16回東北大会(その6)

 昨日、日本テレビで「エスケーパー」という番組をやっていました。かつて「ザ!鉄腕!DASH!!」でやっていた企画を、向こうで使えなくなってそのまま持ってきた感じです。舞台の木更津市が鉄腕DASHに関係が深いことは古くからの視聴者にはわかっています。進行役はラルフ・クリフトファー・オースチンという人で、番組の最後までずっと覆面をかぶったままです。声は聞いたことがあるような気がします。次の舞台になる自治体を募集していますが、これは十分レギュラーで通用すると思います。ところで、エンディングでラルフなんとかという人が映ったところで、その上に高校生クイズ出場者募集のテロップが出ます。この人は高校生クイズと何か関係あるのでしょうか。

 それでは16回東北大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 早押しクイズが始まる。どの問題も、ボタンを押すのがやたら早い。最初のうちは正解が続いて「これは相当レベルの高いチームが残っているぞ」と思ったが、だんだんブーが増えてきて、イライラさせられる。一度このペースになると戻らない。12チームも勝たせなければならないので、最初からそんなに阻止が出るようなルールにはしていないが、それなりに阻止もあり、敗者復活チームの通過クイズ挑戦もあって、いい展開になった。

 終わったら即座に六郷に向かう。仙台市の南部で、駅からは結構離れている。今回のクイズの内容からいって、郊外のたんぼに囲まれたところと想像される。
 が、六郷地区についても付近でクイズをやる気配はまったくない。この地区は狭いのでくまなく見ても何も見あたらないし、そもそも観光バスが入れそうな道がない。
 周りの地区のことを六郷と書いたのかもしれないと思ったが、周囲は一面のたんぼが広がっていて、何か収録をやっていれば見えるはずだが何もない。仙台市には山の方に郷六という地名もあるが、それを見間違えるとも思えないし。私が見た美術の資料が、古い企画案に基づいて書かれたものかもしれない。とにかく、何が間違っているのかわからないまま、決勝の会場に行けなかった。

――――(ここまで)――――

 決勝会場が入れない場所である場合を除き、決勝を見られなかったのはこの16回東北が最後だと思います。

|

« 16回東北大会(その5) | トップページ | ニュースと関係ない今夜の番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54867120

この記事へのトラックバック一覧です: 16回東北大会(その6):

« 16回東北大会(その5) | トップページ | ニュースと関係ない今夜の番組 »