« 13回東北大会(前編) | トップページ | 19回北海道のYES-NOクイズ »

2012年5月27日 (日)

13回東北大会(後編)

 今日はTBSで「頓智創造」という番組をやっていました。名言とかなぞなぞの問題が出て、正解でなくてもおもしろい答えには点が入ります。小島慶子が1問目も2問目も何も答えないと思ったら、3問目で1人目に答えていきなりズバリ正解を出して、お笑いタレントたちから大ブーイングを浴びます。堺正章は「バラエティなめてんのか!」。これが局アナ的な予定調和の仕事ができないから辞めるというやつか。それにしてもよくTBSは単発番組にTBSと決裂した小島を起用しようと思うな。同じような番組の「世界は言葉でできている」に出ていたからか。

 それでは13回東北大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

今回の東北大会は、今までにない画期的な企画が行われた。
というのも、決勝の会場は、最初に使ったプロレスのリングの上。
第1会場と同じところで決勝をやるのは実に9年ぶり(もちろん
関東を除く)、第3回の近畿以来である。

この決勝戦の観客として、YES-NOクイズの敗者をずっと
その会場に残していたのだが、敗者に残っていてもらうための
スタッフ側の苦労も大変である。福澤アナサイン入りTシャツなど
スタッフ用グッズをどんどんばらまく抽選会や、勝ち残るチームを
予想して当たった人が旅行券をもらえるなど、品物でつなぎ止める
(全国大会の決勝を公開する場合も必ずこれをやる)。

決勝の「ゼネコンとは何の略?」という問題で、福澤アナが
「ご当地問題!」と叫んでいたのが危なかった。

――――(ここまで)――――

 このときの企画が、運大王をやった17回に流用されているわけです。そして抽選会は現在のすべての予選につながっています。
 「ご当地問題」というのは、この年にゼネコンの贈賄事件で宮城県知事や仙台市長が逮捕されているのです。

|

« 13回東北大会(前編) | トップページ | 19回北海道のYES-NOクイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54813161

この記事へのトラックバック一覧です: 13回東北大会(後編):

« 13回東北大会(前編) | トップページ | 19回北海道のYES-NOクイズ »