« 25回東北大会(その10) | トップページ | 2年ぶりの関空旅博(後編) »

2012年5月20日 (日)

2年ぶりの関空旅博(前編)

 私はホールドオンを本放送ではなく、「NEWS WEB24」と続けて再放送で見ています。前回放送された第20回を見たら、挑戦者を決めるまでの問題が異常に簡単です。ジャンルによって難易度に差がありすぎますね。チャンピオンと挑戦者の対戦ではそれを運の要素として利用しているようなところもありますが。あと、市の名前を答える問題で選択肢に現存しない市の名前があったのですが、あれはわざとでしょうか。

 さて、今日は関空旅博に行ってきました。一昨年まで「タビキング」というかなり本格的なクイズ大会が開かれていました。毎年、春分の日前後にやっていましたが、昨年は東日本大震災直後で中止になりました。と思ったら5月にこっそり開催されていたことを後で知りました。そもそもこのイベントは震災の影響はほとんどないはずで、単にほとぼりが冷めるのを待っていただけなのかと思いました。
 今年はそのまま5月です。ちなみに「旅フェア」は昨年は完全中止で、今年はいきなり秋になりました。昨年からクイズ大会が○×だけになりました。2日間とも行われます。初日に見に行くつもりでしたが行けなくなって今日になりました。

 クイズ開始時刻の16時半になってから会場に客を入れます。事前に整理券を300枚配ったようです。第1回タビキングのときは参加者が20~30人しかいなかったのに。
 問題を出すときのアタックが、よくクイズ番組で聞く音です。1問目は、日本人の海外旅行先で最も多いのはハワイであるというものです。子どもが1人だけ間違えます。2問目まではほぼ間違えないようになっています。
 問題はどれも、世界の国で一番○○なのは○○なのであるというパターンです。海外旅行に関係ない、「歴代の外国人力士で最も多いのはモンゴルですが2番目はアメリカである」といったようなのもあります。3問目以降はどんどん落ちていきますが、多少知識があればわかるようなことで、そんなにむちゃくちゃなことを聞いてくる問題はありません。ホールドオンがどんなテーマでも消費量が最も多い都道府県を問題にするのとは違います。この後、よくそれを問題にできるな。

|

« 25回東北大会(その10) | トップページ | 2年ぶりの関空旅博(後編) »

コメント

自分はいったもののクイズは見てないのですが、こういうのは素人が勝つイメージがありますがいかがでした?
旅行はどこがもらえましたか?
300人とはすごいですね。

投稿: けい | 2012年5月20日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54759605

この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりの関空旅博(前編):

« 25回東北大会(その10) | トップページ | 2年ぶりの関空旅博(後編) »