« 31回宮城大会(その2) | トップページ | 結婚できなくなった人 »

2012年5月 2日 (水)

結婚できる人やできない人

 昨日のホールドオンを見たら、どこかで見たことがあるような人が出ています。なんか名字と住所にあやしいものを感じます。それで調べたら、多くのクイズ番組で作家をしている人の妻ではないか。私もよく数年前に大阪と名古屋でしか放送されていない番組のことを覚えていたものです。

 そういうクイズ関係者といえば、関西テレビで単発バラエティが次々と放送されていることを書きましたが、先月やっていた「あっぱれ!?ガッカリ!?噂のギャップさん」のビデオを見ました。マサイ族でスマートフォンが大流行というのと、大阪人の特徴のコーナーで、大阪出身者が東京に住むようになると、ボケられてもつっこまなくなるという視点は新しかった。それで、スタッフロールを見たら、この前も関西テレビのローカル番組をやっていると書いたクイズ作家がまたかかわっているではないか。すっかり大阪進出しています。

 ローカルのバラエティといえば、民放だけでなく、NHKの地方局も次々と雑学番組を作るようになっています。「四国なぞ解き行脚」とか「ほっかいどう穴場ハンター」とか。昨日、ラジオで山里亮太が、NHK金沢放送局の「真相回転!どいね寿司」の話題をしていました。たしかこの番組は「ろーかる直送便」で放送されたときに録画しておいたはずです。それで見たら、今話題の二股の人が出ているではないか。今だとちょっと放送しにくい。あと、片山アナウンサーは金沢時代からあの変なキャラだったんですね。

 そういう芸能スキャンダルといえば、昨日の「テベ・コンヒーロ」は「クイズ☆タレント名鑑」そのものでした。予算が明らかに少なくなっているところだけが違いです。有吉弘行が共演したことがないタレントを選ぶというので、有吉が田代まさしとレギュラー番組をやっていたとき、オセロ中島が「あの人、様子おかしい」と言っていたら間もなく事件を起こしたという話をしていました。今思えば中島に言われる筋合いはありません。
 イモトアヤコと共演しているかどうかというので、田村淳が、イモトと会うには「イッテQ!」に出ていないといけないと言います。そして田村自身はイモトに会ったことがないそうです。裏番組の司会だったわけですし。すると田村が思い出したように「…イッテQにやられたんだよ!」。FUJIWARAが「イッテQだけちゃうわ!」。

|

« 31回宮城大会(その2) | トップページ | 結婚できなくなった人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/54613726

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚できる人やできない人:

« 31回宮城大会(その2) | トップページ | 結婚できなくなった人 »